【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトがプレイできるおすすめモデルは?

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトがプレイできるおすすめモデルは?ゲーミングPC

PCでフォートナイトをプレイしたいという人の多くが、「ゲーミングPCを安い価格に抑えてフォートナイトをプレイしたい」と思っているのではないでしょうか?

フォートナイトは特に若い世代に人気がありますが、ゲーミングPCはPS4やSwitchに比べて値段が高い為、手が出しづらいと感じていますよね。

そこで本記事では、ゲーミングPCを安い価格に抑えてフォートナイトをプレイできるおすすめのモデルを、選び方のポイントなども含めて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

【ゲーミングPC】安いモデルでフォートナイトはプレイ可能?

【ゲーミングPC】安いモデルでフォートナイトはプレイ可能?

ゲーミングPCが安いモデルでもフォートナイトはプレイ可能なのか、結論からお伝えすると安いゲーミングPCでも十分快適にフォートナイトをプレイ出来ます

最近のゲーミングPCは安い価格のモデルでも、60fpsなら余裕でプレイが可能であり、設定次第ではフォートナイトを144fpsでプレイ可能です。

ただ、「ゲームをプレイしながらYouTubeやTwitchなどで同時に配信したい」という人には、おすすめできません。

では、具体的に詳細をお伝えしていきます。

安いモデルでもフォートナイトを余裕でプレイ可能

【ゲーミングPC】安いモデルでもフォートナイトを余裕でプレイ可能

ゲーミングPCが安い価格のモデルであっても、フォートナイトをPS4やSwitchと変わらない「60fpsでのプレイなら余裕で可能」です。

フォートナイトは比較的他のPCゲームに比べて動作が軽いゲームなので、ゲーミングPCが安いモデルでも60fpsで普通にプレイする分には余裕です。

その為、フォートナイトをプレイする為に高い価格帯のハイスペックなゲーミングPCが必要ということではないのです。

更に、ゲーム内の画質設定をより綺麗なグラフィック設定にしたとしても、4Kといった高解像度でなければ、PS4やSwitchと変わらず60fpsで快適にプレイ可能です。

よって、ゲーミングPCが安い価格のモデルであっても、フォートナイトは十分快適にプレイすることが可能です。

ただ、安い価格と言ってもここでは「新品で8万円前後」の価格帯を指し、新品5万円以下といった超低価格はそもそもあり得ないので注意してください。

安いモデルでもフォートナイトを144fpsでプレイ可能(設定次第)

ゲーミングPCが安い価格帯のモデルであっても、設定次第ではフォートナイトを144fpsという高フレームレートで快適にプレイ可能です。

前述の通り、フォートナイトは比較的に動作が軽いゲームであり、推奨スペックを見ても、最新の新品で8万円前後と安い価格帯のゲーミングPCの方が遥かに性能が高いです。

しかし、144fpsでフォートナイトをプレイするには144Hzゲーミングモニターも必要になる為、周辺機器にお金が掛かるというデメリットがあります。

なので、安い価格帯のゲーミングPCでもフォートナイトを144fpsという非常に快適な環境でプレイできるものの、結果的には10万円以上の予算が必要です。

また、設定次第となる為、グラフィック設定を最高という非常に綺麗な画質でプレイするとなると、144fpsを安定して出す事は安い価格のゲーミングPCでは不可能です。

144fps出す為の具体的なゲーム内設定

ゲーミングPCが安い価格帯のモデルでも、フォートナイトで144fps出す為のグラフィック設定について詳しくお伝えします。

ウインドウモード

フルスクリーンを設定するのを推奨します。

ウィンドウモードは小さいのでみにくく敵を発見しづらいばかりか、同じ解像度でプレイしているとフルスクリーンモードより動作が重くなります。

画面解像度

画面に映像を出す大きさを設定する項目になり、「1920×1080」はフルHDという規格になります。

モニターによっては1920×1080以下の解像度しか選べませんので、お使いのモニターに合わせた解像度にしましょう。

最大フレームレート

この項目はゲーム内のフレームレートを上限を決定する項目になります。

ゲーミングPCのスペックがプレイできたとしてもモニターのフレームレートが144fps以上に対応できてないとできません。

そこは対応のゲーミングモニターをご用意してください。

3D解像度

立体的な表現の解像度を設定する項目になります。基本100%推奨になりますが、購入しようとしているゲーミングPCの性能と相談して決めましょう。

描画距離

エピックというのは最高設定となり、遠くの敵がみえたりするのですがそこまでメリットを見出すことができないようです。ここは低に設定してもいいです。

影はOFFにします。プレイヤーが建てた建物に影が出るため建物の裏や下にいる敵が見にくい欠点があります。ここは特に推奨する設定になります。

アンチエイリアス

高設定にするとエッジ部分のギザギザのような表現が滑らかな描写になります。こだわりがなくギザギザになっても良い方は低設定にしてもかまいません。

テクスチャ

高設定にすると建築物や武器などの表現がとても綺麗になります。特にそこまで気にならない方なら低に設定しても問題ありません。

エフェクト

銃を撃った時の光や武器の挙動などに影響を及ぼす設定です。ある種の武器の軌道が低にしたとき見えなくなる模様です。中設定にするとよいですが、軽くしたいのであればここも低設定を選んでもいいです。

ポストプロセス

ゲームの明暗を調整することができます。動作を軽くするなら低設定にします。

モーションブラー

これはモーションの残像の具合の設定項目になります。戦闘中は激しく動き残像が激しくでてしまうのでゲームがプレイしづらくなります。負担が大きいのでここはOFFにしましょう。

安いモデルではゲーム配信しながらのプレイは困難

【ゲーミングPC】安いモデルではゲーム配信しながらのプレイは困難

ゲーミングPCが安い価格帯のモデルでも、60fpsでのプレイは余裕であり、設定次第では144fpsでのプレイが可能と前述しました。

しかし、安い価格のゲーミングPCでは、フォートナイトをプレイしながらのゲーム配信難しく、フレームレートが落ちて快適なプレイが出来ない可能性が高いです。

もちろん、スペック不足で配信が出来ないという訳ではありませんが、フレーム落ちや、処理落ちといったスペック不足による不具合が出る場合が多いです。

なので、ゲーム配信などの活動がしたいと考えている人は、新品で8万円前後の安いゲーミングPCに妥協せず、予算15万円ほどのゲーミングPCがおすすめです。

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトがプレイできるモデルの選び方

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトがプレイできるモデルの選び方

続いて、ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトがプレイできるモデルの選び方を具体的に以下の通りにお伝えしていきます。

  • 10万円前後の価格帯のゲーミングPCを目安に選ぶ
  • 安い価格でも中古の購入は避ける

では、なぜ上記の2点が重要なのかをお伝えしていきます。

価格が8万円~10万円前後のゲーミングPCを目安に

【ゲーミングPC】価格が8万円~10万円前後のゲーミングPCを目安に

ゲーミングPCの中でも安い価格帯でフォートナイトを快適にプレイ出来るモデルの選び方として1つ目は「8~10万円前後のゲーミングPC」を目安にすると良いです。

最新の8~10万円前後のゲーミングPCであれば安い価格帯の割に性能が高く、設定次第ではフォートナイトを144fpsでプレイできます。

また、フォートナイト以外にも「Apex Legends、VALORANT」などの人気ゲームも144fpsで快適にプレイすることが可能です。

一方、8万円を下回る安いゲーミングPCは、フォートナイトがプレイできない訳ではありませんが、将来性や他のゲームをプレイする時を考えるとおすすめできません。

では、ゲーミングPCを8~10万円と安い価格帯で選ぶ場合は、以下の構成が相場であり、これらのパーツが搭載されているかも判断の基準になります。

GPU(グラフィックボード):GTX1660系列

ゲーミングPCが安い価格帯(8~10万円前後)のモデルに搭載されていることが多いグラフィックボードは「GTX1660、GTX1660SUPER」が多いです。

グラフィックボードは、ゲームをプレイする上で最も重要であり、グラフィックボードの性能=ゲームでの快適性です。

近年、発売された「GTX1660SUPER」は8~10万円のローエンドモデルに多く搭載され、価格が安い上に高性能という非常に優秀なGPUです。

CPU:Core i5、Ryzen5

ゲーミングPCが安い価格帯(8~10万円前後)のモデルに搭載されていることが多いCPUは「Intel Core i5、AMD Ryzen5」のミドルレンジモデルが多いです。

CPUは、グラフィックボードが処理した映像データをモニターに映す処理をしている為、ゲームの快適なプレイにはCPUの性能も欠かせません。

「i5、Ryzen5」は、ゲーム性能としては非常に高く、上位の「i7、Ryzen7」と比べてもゲーム性能はそこまで大きな差はありません。

しかし、ゲーム配信といったマルチタスクな処理には向いていない為、ゲームをプレイしながらの配信は困難です。

メモリ(RAM):16GB

ゲーミングPCが安い価格帯(8~10万円前後)のモデルでは、メモリ容量が多くの場合「8GB」に抑えられている場合が多いです。

今までは、メモリ容量は「8GB」あれば十分と言われてきましたが、最近のゲームは多くのメモリを消費する為、妥協せず「16GB」を選ぶことがおすすめです。

もし、購入を考えているモデルが「メモリ容量8GB」であれば、数千円プラスして「16GB」にカスタマイズしておきましょう。

安い価格でも中古での購入は避ける

ゲーミングPCの中でも安い価格帯でフォートナイトを快適にプレイ出来るモデルの選び方として2つ目は、「安い価格でも中古での購入は避ける」ことが重要です。

確かに、中古でゲーミングPCを購入すれば、価格を安く抑えることが可能なので、中古でも良いという人もいるでしょう。

しかし、実際に中古で購入すると様々な問題があり、具体的には「保証が無い上にいつ壊れるか分からない」ことです。

特に、個人売買では初期不良でも返品することが出来ず、実際に購入後、半年も経たずに壊れてしまい後悔したという人が大勢います

なので、ゲーミングPCを中古での購入は避けるべきであり、BTOでしっかり保証のある新品ゲーミングPCを買う方が断然良いです。

上記のことから、ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトがプレイできるモデルの選び方として「中古での購入を避ける」ことが重要です。

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトにおすすめのモデル3選!

ここからは、ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトを快適にプレイできるおすすめモデルを3つ厳選してお伝えしていきます。

結論からお伝えすると、以下の3つのモデルです。

おすすめゲーミングPC価格
Legion T550i(GTX1650 SUPER)160,380→88,209円(税込)
Lightning AT589,980円(+税)
Legion T550i(RTX2060搭載モデル)240,680→139,594円(税込)

フレームレートの数値に関しては「gpucheck」を参考にしています。

【レノボ】Legion T550i(GTX1650 SUPER)

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトにおすすめのモデル「Legion T550i」

ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトを快適にプレイできるおすすめモデルは「Legion T550i」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i5-10400
メモリ8GB
GPUGTX1650 SUPER
ストレージ1TB HDD+256GB SSD
価格160,38088,209円Eクーポン適用後
  • 税込10万円を下回る低価格
  • i5+GTX1650で高性能
  • 1TB HDD+256GB SSDでストレージも充実
  • メモリが「8GB」と少し容量が少ない

「Legion T550i」は、税込10万円を切る安い価格のゲーミングPCでありながら、設定次第ではフォートナイトを144fpsでプレイできるほど高性能です。

その為、ゲーミングPCを安い価格に抑えつつ、フォートナイトを快適にプレイしたいと言う人に非常におすすめです。

また、ストレージには1TBの大容量HDDと、256GBのSSDも搭載しているので、全ての動作がスムーズでストレスなく快適に使用できます。

ただ、メモリ容量が8GBと少ない為、余裕がある人は16GBに増設することがおすすめです。

\一番安い価格で快適プレイ!/

今すぐ「Legion T550i」を購入!

\分割で月々1,000円~購入可能!/

【ドスパラ】Lightning AT5

【ドスパラ】Lightning-AT5

ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトを快適にプレイできるおすすめモデルは「Lightning AT5」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPURyzen 5 3500
メモリ16GB
GPUGTX1660 SUPER
容量500GB NVMe SSD
価格89,980円(+税)
  • 税込10万円を下回る低価格
  • Ryzen5+GTX1660 SUPERで高性能
  • 高速なNVMe接続のSSDが搭載
  • HDDが搭載されておらず、ストレージに余裕が無い
  • 「Legion T550i」に比べてコスパは劣る

「Lightning AT5」は、前述した「Legion T550i」よりも少し価格が高いですが、予算10万円以下で購入できるモデルの中で最も高性能です。

さらに、メモリも16GBを搭載しており、GPUも前述した「Legion T550i」よりも高性能なものが搭載されています。

また、フォートナイトだけではなく、他にも「Apex Legends」や「VALORANT」といった人気ゲームも快適にプレイ出来ます。

上記のことから、ゲーミングPCの中でも価格の安いモデルでフォートナイトを快適にプレイしたいという人に「Lightning AT5」が非常におすすめです。

ただ、HDDが搭載されていない為、必要な人はHDDを追加でカスタマイズすることがおすすめです。

\144fpsでApexをプレイ可能/

今すぐ「Lightning AT5」を購入する!

\分割で月々3,400円(1日約113円)で購入可能/

【レノボ】Legion T550i(RTX2060 SUPER)

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトにおすすめのモデル「Legion T550i」

ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトを快適にプレイできるおすすめモデルは「Legion T550i(RTX2060搭載モデル)」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i7-10700
メモリ16GB
GPURTX2060 SUPER
容量2TB HDD+256GB SSD
価格240,680139,594円Eクーポン適用後
  • 他社の同スペックモデルより3万円以上安い
  • 最新Core i7+RTX2060 SUPERで高性能
  • 2TB HDD+256GB SSDでストレージが充実
  • 残念ながら予算10万円以下で探している人には向かない

「Legion T550i」は、決して安い価格とは言えませんが、フォートナイトを240fpsで非常に快適にプレイできる最安値のモデルです。

その為、決して安い価格とは言えませんが、フォートナイトを240fpsで安定して快適にプレイしたい人や、ゲーム配信・動画編集なども行いたい人にはベストです。

また、他社のゲーミングPCで「i7+RTX2060 SUPER」という構成になると「税込16万円以上」する事が普通なので、この「Legion T550i」は非常に安い価格と言えます。

ただ、予算10万円以下でゲーミングPCの購入を考えている人には、少し予算オーバーになってしまいます。

上記のことから、ゲーミングPCの中でも価格の安いモデルでフォートナイトを快適にプレイしたいという人に「Legion T550i」は非常におすすめです。

\240fpsでフォートナイトをプレイ可能/

今すぐ「Legion T550i」を購入する!

\分割で月々1,000円から購入可能/
Amazonで「最大2.5%」もお得にお買い物する方法!

普段からAmazonを利用していると「もっとお得にお買い物できれば…」と思う人も多いのではないでしょうか?そんな人に朗報です!

実はAmazonでお買い物をする時に、「最大2.5%もお得にお買い物できる方法」があるんです!

その方法は、以下の支払い方法で「Amazonギフトにチャージ」するだけで、最大2.5%のポイントを獲得できます!

  • コンビニ(現金)
  • ATM
  • ネットバンキング

「Amazonギフト券」といっても自分で利用でき、感覚としては「電子マネーにチャージする感じ」です!

もちろん、プライム会員では無い通常会員様もAmazonギフトチャージによる「ポイント還元」を受けることが可能です!

ただし、今ならプライム会員の人に限り、初回のAmazonギフトチャージで「1,000円分のポイント」を獲得できます!

まとめ

本記事では、ゲーミングPCを安い価格に抑えてフォートナイトをプレイできるおすすめのモデルを、選び方のポイントなども含めて詳しくお伝えしてきました。

改めてまとめると、ゲーミングPCが安い価格帯のモデルでも、

  • 60fpsなら余裕でプレイ可能
  • 設定次第で144fpsでプレイ可能

といった快適さで、フォートナイトをプレイ可能です。

具体的に、ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトがプレイできるモデルの選び方をまとめると以下の3つの通りです。

  • 10万円前後の価格帯のゲーミングPCを目安に選ぶ
  • 安い価格でも中古の購入は避ける

そして、ゲーミングPCの中でも安い価格でフォートナイトが快適にプレイ出来るおすすめモデルは以下の3つのモデルです。

コメント