【ゲーミングPC】安い価格でApexがプレイできるおすすめモデルは?

【ゲーミングPC】安い価格でApexがプレイできるおすすめモデルは?ゲーミングPC

ゲーミングPCは値段が高いイメージがあり、「ゲーミングPCで安い価格に抑えてApexをプレイしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

特に、PS4からPCに移行してプレイしたいという人は、学生さんなど若い人が多いので、なるべく安い価格に抑えたいという人が多いと思います。

そこで本記事では、ゲーミングPCを安い価格に抑えてApexがプレイできるおすすめのモデルを選び方のポイントなどを含めて詳しくお伝えしていきます。

ゲーミングPCの中でも安い価格でApexがプレイできるおすすめモデル早見表

おすすめゲーミングPC価格
Legion T550i(GTX1650 SUPER)160,380→88,209円(税込)
Lightning AT589,980円(+税)
Legion T550i(RTX2060搭載モデル)240,680→139,594円(税込)
スポンサーリンク

【ゲーミングPC】Apexの必要・推奨スペックは?

ゲーミングPCを安い価格でApexをプレイしたい場合、まずはApexの公式が発表している必要・推奨スペックを元にゲーミングPCを検討するのが得策です。

今回はCPUやGPUの性能比較としてドスパラの性能比較を参考にさせていただきます。

(スコア出典元)
インテルCPU性能比較(ドスパラ公式通販サイト)
AMD CPU性能比較(ドスパラ公式通販サイト)
GPU性能比較(ドスパラ公式通販サイト)

Apexの必要スペック

Apexでは最低限プレイするために必要なゲーミングPCのスペックを公式が発表しており、以下の通りです。

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
  • RAM: 6GB
  • GPU:  NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
  • GPU RAM:  1GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

Apex Legends公式サイトより

現在、発表されている必要スペックを元に、Apexをプレイするために必要な性能を解説していきます。

Apexのプレイに最低限必要なCPU

Apexをプレイする為に最低限必要なCPUは『Intel Core i3-6300 3.8GHz』や『AMD FX-4350 4.2GHz』となっており、スコアを確認すると490~520くらいの性能になります。

一般的な安い価格帯である10万円以下のゲーミングPCであってもスコアは2000前後のCPUが多く、CPUはそれほど高い性能は求められていません

Apexのプレイに最低限必要なCPUは4世代前のローエンドモデルということになります。

Apexのプレイに最低限必要なRAM

Apexをプレイする為に最低限必要なメモリは「6GB」となっており、最近のゲーミングPCであれば最低限8GBは搭載されています。

現在では16GBを搭載したゲーミングPCが主流になりつつあるので、必要スペックの条件をクリアすることは難しくありません。

Apexのプレイに最低限必要GPU

Apexをプレイする為に最低限必要なGPUが『NVIDIA GeForce GT 640』や『Radeon HD 7730』となっており、スコアを確認すると50~60くらいの性能です。

このGPUは、ほとんど映像出力させる為だけに使われることが多く、ゲーム用のGPUとは程遠い性能です。

前時代で比較的安価であったGTX1050の方が性能が高いくらいですので、GPUの要求スペックも高いわけでは無いです。

Apexの推奨スペック

Apexを快適にプレイするために推奨されるゲーミングPCのスペックは以下の通りです。

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
  • メモリ: 8GB
  • GPU:  Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
  • GPU RAM:  8GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

Apex Legends公式サイトより

前述した、必要スペックを満たしたゲーミングPCでもプレイすることは可能ですが、安定して60FPS以上出すことは難しく、ストレスなく遊ぶことはできません

ですので、基本的には推奨スペックの条件を満たしているゲーミングPCであることが望ましいです。

現在、発表されている推奨スペックを元に、Apexを快適にプレイするために必要な性能を解説していきます。

Apexのプレイに推奨のCPU

Apexのプレイに推奨されるCPUが『Intel i5 3570T』かそれと同等の性能となっており、スコアを確認すると560~580くらいの性能になります。

必要スペックの時と同様に、現在の安い価格のゲーミングPCに搭載されやすいCPUのスコアと比較すると、CPUの性能を深く考える必要はありません

Apexのプレイに推奨のRAM

Apexのプレイに推奨されるメモリが8GBなので、8GBのメモリを搭載すれば問題はありません。

しかし、メモリはシステムを起動しているだけでも2GBほど使っている為、Apexにフルでメモリを8GB割り当てることは難しいです。

Apexに必要なメモリリソースを100%割り当てる為には、余裕をもって16GBメモリが搭載されたゲーミングPCを選ぶことがおすすめです。

Apexのプレイに推奨のGPU

Apexのプレイに推奨されるGPUが『Nvidia GeForce GTX 970』や『AMD Radeon R9 290』となっており、スコアを確認すると350前後の性能になります。

前時代のゲーミングPCで主流だったGTX1060 3GBのモデルと同じくらいの性能を要求されます。

ただ、基本的には最新のグラフィックボードが搭載された新品のゲーミングPCであれば、GPUも推奨スペックをクリアすることは容易いことです。

【ゲーミングPC】安いモデルでApexはプレイできる?

まず結論からお伝えすると、ゲーミングPCが安い価格のモデルでもApex Legendsを快適にプレイすることは十分に可能です。

前述した通り、Apexをプレイする為に必要なPCスペックは低く、ゲーミングPCを安い価格に抑えつつApexを十分快適にプレイ可能です。

ただ、前提として最新の新品で「8万円前後」の安いゲーミングPCの中での事なので、5万円以下といった超低価格ではありません。

では、ゲーミングPCの中でも価格の安いモデルで、Apexをどのぐらい快適にプレイできるのか詳しくお伝えしていきます。

安いモデルでもApexを60FPSでプレイ可能

前述した推奨スペックギリギリのゲーミングPCでも、安定して60fpsのフレームレートを出すことが可能なので快適にプレイ可能です。

Apexの推奨スペックを満たすゲーミングPCであれば、価格の安い10万円以下で購入することは可能で、場合によっては5万円強ぐらいで購入できます。

ただし、推奨スペックギリギリだと、極端に重たい場面に遭遇した場合、一時的に60FPSを大幅に下回ってしまう可能性があります。

なので、推奨スペックギリギリの安いゲーミングPCでもプレイできますが、最低限プレイできる程度と考えてください。

安いモデルでもApexで144fpsも可能

ゲーミングPCの中でも価格の安いモデルであってもApexで144FPSを出すことは可能です。

推奨スペックギリギリでは不可能ですが、メーカーが販売している最新の予算10万円前後の安いモデルでも144fpsを十分に出すことが可能です。

しかし、144fpsを出すためには144Hzゲーミングモニターも必要になることから、周辺機器にお金がかかってしまうデメリットがあります。

なので、価格の安いモデルでも快適にApexをプレイしたいとなると、10万円弱の予算は必要になるということですね。

ただ、本体の価格だけで見れば、ゲーミングPCが安い価格でもApexで144fpsで快適にプレイすることが出来る性能があります。

安いモデルではApexのゲーム配信は困難

ゲーミングPCが安い価格では、Apexをプレイしながらのゲーム配信は難しく、カクつきを感じて快適なプレイが出来ない可能性が高いです。

あくまでも、Apexをプレイするためのスペックになるため、配信をしながらゲームをプレイすることは難しくなってしまいます。

配信などもしたいと考えている方は、安い価格のゲーミングPCに妥協せずに、予算15万ほどのゲーミングPCを購入することをおすすめします。

【ゲーミングPC】安い価格でApexがプレイできるモデルの選び方

ゲーミングPCが安い価格でもApexを十分にプレイすることはできますが、実際に購入するとなるとどのモデルを選んでいいか迷いますよね。

ここからは、ゲーミングPCの中でも価格の安いApexを快適にプレイできるモデルの選び方を詳しくお伝えしていきます。

新品で10万円前後のゲーミングPCを目安に

ゲーミングPCの中でも価格が安いApexを快適にプレイできるモデルの選び方として「新品で10万円前後のゲーミングPC」を目安にすると良いです。

推奨スペックをギリギリ満たしたゲーミングPCは、価格は安いですし、Apexを普通にプレイすることは可能です。

しかし、その場合の多くは中古品で、保証が無かったり、いつ壊れるか分からないリスクが大きいのでおすすめ出来ません。

ですが、最新で価格の安い10万円前後のゲーミングPCであれば、設定次第でApexを144FPSで快適にプレイできるだけの性能もある上、万が一壊れた時も保証がしっかりしています。

10万円前後の価格帯で選ぶ場合は以下の構成が相場であり、これらのパーツが搭載されているかも判断基準の一つになります。

GPU: GTX 1660系列

『GTX1650SUPER、GTX1660SUPER』といった系列のGPUが10万円前後の価格の安いゲーミングPCに搭載されていることが多いです。

とくに近年発売された『GTX 1660 Super』は価格も抑えられながら『GTX1660 Ti』とほぼ同程度の性能を持っていますので、おすすめのGPUになります。

RAM: 16GB

メモリは16GBを搭載したゲーミングPCを選ぶようにしましょう。

7万~8万円のゲーミングPCでは、GPUはGTX1660系列を積んでいたとしても、メモリが8GBに抑えられている場合が多いです。

快適にプレイする上でメモリの容量はかなり重要になりますので、より安い価格で購入するとしても、妥協せずに16GBのメモリのものを購入することをおすすめします。

5万円くらいからプレイ可能

推奨スペックを参考にゲーミングPCの構成を考えると、おおよそ5万円から7万円で組み立てることが可能です。

ただし、全体的に世代の古いパーツ構成になることに加えて、パーツも中古のものを使わざるを得なくなり、故障や将来性に欠けるといったリスクも伴います。

また、大手販売メーカーでは既に販売を終えているパーツを使用する関係から、自分でパーツを買い自分で組み立てを行う必要があり、相応の知識が必要となります。

なので、これからお伝えする、最新で価格の安い10万円前後のゲーミングPCであればApexを快適にプレイでき、保証もしっかりしている為おすすめです。

ただ、「中古でも良いからどうしても安い価格に抑えてApexをプレイしたい」という人は、絶対に個人売買のPCの購入は避けましょう。

なぜなら、いつ壊れるか分からない上に保証も無いので、中古で安い価格に抑えたいという人は大手BTOメーカーが販売している中古品を選びましょう。

【ゲーミングPC】安い価格でApexをプレイできるおすすめモデル3選!

ここからは、ゲーミングPCの中でも安い価格でApexを快適にプレイできるおすすめモデルをお伝えしていきます。

フレームレートの数値に関しては「gpucheck」を参考にしています。

【レノボ】Legion T550i(GTX1650 SUPER)

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトにおすすめのモデル「Legion T550i」

ゲーミングPCの中でも安い価格でApexを快適にプレイできるおすすめモデルの1つ目は「Legion T550i」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i5-10400
メモリ8GB
GPUGTX1650 SUPER
ストレージ1TB HDD+256GB SSD
価格160,380税込88,209円Eクーポン適用後
  • 税込10万円を下回る低価格
  • i5+GTX1650 SUPERで高性能
  • 1TB HDD+256GB SSDでストレージも充実
  • メモリが「8GB」と少し容量が少ない

「Legion T550i」は、税込10万円を切る安い価格のゲーミングPCでありながら、非常に高性能なコストパフォーマンスが最高なモデルです。

その為、ゲーミングPCを安い価格に抑えつつ、Apexをはじめとする「フォートナイトや、VALORANT」といった話題の人気ゲームを快適にプレイ出来ます。

また、ストレージには1TBの大容量HDDと、256GBのSSDも搭載しているので、全ての動作がスムーズでストレスなく快適に使用できます。

ただ、メモリ容量が8GBと少ない為、余裕がある人は16GBに増設することがおすすめです。

\一番安く買いたい人向け/

今すぐ「Legion T550i」を購入!

\分割で月々1,000円~購入可能!/

【ドスパラ】Lightning AT5

【ドスパラ】Lightning-AT5

ゲーミングPCの中でも安い価格でApexを快適にプレイできるおすすめモデルの2つ目は「Lightning AT5」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPURyzen 5 3500
メモリ16GB
GPUGTX1660 SUPER
容量500GB NVMe SSD
価格89,980円(+税)
  • 税込10万円を下回る低価格
  • Ryzen5+GTX1660 SUPERで高性能
  • 高速なNVMe接続のSSDが搭載
  • HDDが搭載されておらず、ストレージに余裕が無い
  • 「Legion T550i」に比べてコスパは劣る

「Lightning AT5」は、Apexの推奨スペックを遥かに超えた性能を持ち、予算10万円以下で購入できるモデルの中で最も高性能です。

CPUには最新の「Ryzen 5 3500」を搭載しており、GPUには「GTX1660 SUPER」を搭載しているので、安い価格でもApexを144fpsで快適にプレイできます。

さらに、メモリも16GBを搭載しており、GPUも前述した「Legion T550i」よりも高性能なものが搭載されているので、より快適にApexをプレイ出来ます。

また、Apexだけに留まらず、他にも「フォートナイト」や「VALORANT」といった人気ゲームも快適にプレイ出来ます。

ゲーミングPCの中でも価格の安いモデルでApexを快適にプレイしたいという人に「Lightning AT5」は非常におすすめです。

ただ、HDDが搭載されていない為、必要な人はHDDを追加でカスタマイズすることがおすすめです。

\144fpsでApexをプレイ可能/

今すぐ「Lightning AT5」を購入!

\分割で月々3,400円(1日約113円)で購入可能/

【レノボ】Legion T550i(RTX2060 SUPER)

【ゲーミングPC】安い価格でフォートナイトにおすすめのモデル「Legion T550i」

ゲーミングPCの中でも安い価格でApexを快適にプレイできるおすすめモデルの3つ目は「Legion T550i(RTX2060搭載モデル)」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i7-10700
メモリ16GB
GPURTX2060 SUPER
容量2TB HDD+256GB SSD
価格240,680139,594円Eクーポン適用後
  • 他社の同スペックモデルより3万円以上安い
  • 最新Core i7+RTX2060 SUPERで高性能
  • 2TB HDD+256GB SSDでストレージが充実
  • 残念ながら予算10万円以下で探している人には向かない

「Legion T550i」は、価格だけを見ると決して安い価格とは言えませんが、Apexを240fpsで快適にプレイできる最安値のモデルです。

通常、他社のゲーミングPCで「i7+RTX2060 SUPER」という構成になると「税込17万円以上」が普通です。

しかし、「Legion T550i」は「i7+RTX2060 SUPER」という非常に高性能でありながら、「税込14万円」と他社の同スペックモデルよりも約3万円以上安い破格のモデルであり、他社を凌駕しています。

なので、ゲーミングPCの中でも安い価格でApexをプレイしたい人に最もおすすめであり、今回紹介したゲーミングPCの中で最もコスパが高いです。

ただ、予算10万円以下でゲーミングPCの購入を考えている人には、少し予算オーバーになってしまいます。

\安い価格でApexをプレイできる最強モデル/

今すぐ「Legion T550i」を購入!

\分割で月々1,000円から購入可能/
Amazonで「最大2.5%」もお得にお買い物する方法!

普段からAmazonを利用していると「もっとお得にお買い物できれば…」と思う人も多いのではないでしょうか?そんな人に朗報です!

実はAmazonでお買い物をする時に、「最大2.5%もお得にお買い物できる方法」があるんです!

その方法は、以下の支払い方法で「Amazonギフトにチャージ」するだけで、最大2.5%のポイントを獲得できます!

  • コンビニ(現金)
  • ATM
  • ネットバンキング

「Amazonギフト券」といっても自分で利用でき、感覚としては「電子マネーにチャージする感じ」です!

もちろん、プライム会員では無い通常会員様もAmazonギフトチャージによる「ポイント還元」を受けることが可能です!

ただし、今ならプライム会員の人に限り、初回のAmazonギフトチャージで「1,000円分のポイント」を獲得できます!

まとめ

いかがだったでしょうか。

Apexの場合は比較的要求されるスペックが低い分、安い価格でApexをプレイすることが可能です。

しかし、より快適にプレイするためにはそれ相応の性能が必要となってきますので、自分がどの程度の性能を必要とするのかを見極めてから購入するようにしましょう。

コメント