ゲーミングキーボードの軸選びのポイント!軸の違いについて解説・おすすめの軸も紹介!

メカニカルゲーミングキーボードを見ていると、「〇軸」という表記を見かけることってありませんか?

メカニカルキーボードの軸の一般的な種類は「赤軸」「茶軸」「青軸」「銀軸」があります。

それぞれの軸の違いによって、ゲーミングキーボードの使い心地や性能が大きく異なるので、メカニカルゲーミングキーボードを選ぶ際の、この「軸」の違いを理解しておくことはとても重要になります。

それぞれの「軸の違い」についての知識をしっかり理解していないと、「キーの打ち心地が気に入らない」「キーの重さが気に入らない」など、買ってしまった後に不満が出てきてしまうことになってしまいます。

今回の記事では、ゲーミングキーボードの軸の違いをしっかりと解説して、後悔しないゲーミングキーボード選びに役立てることができるので、ぜひゲーミングキーボード選びの参考にしてください!

スポンサーリンク

メカニカルキーボードの軸の違いとは

メカニカルキーボードとは簡単に解説すると、一般的なキーボードとは異なり、キーの内側のキースイッチ(軸)が独立した機構になっており、特殊なスイッチやバネが使用されているキースイッチのキーボードをメカニカルキーボードと言います。

主にこの「キースイッチの違い=軸の違い」ということになります。

特徴としては、全体的な剛性が高く、耐久性に優れているので壊れにくく、キーを入力した時にしっかりとした手ごたえがあるのが特徴です。

また、メカニカルキーボードは構造が複雑なので、高価になりやすいのも特徴の一つです。

では、メカニカルキーボードの軸の違いにはどんなものがあるのか軸ごとに見ていきましょう。

キースイッチの軸の違いとは?

このキースイッチの軸の違いは色で表されることが多いです。

単に軸の色が違うだけではなく、軸によってキー入力時の「キーの軽さ」「クリック感」「打鍵音の大きさ」に大きく違いが現れます。

この記事で解説する軸の違いは「Cherry MX製」のキースイッチです。

Razer製キーボードの軸の違いについて知りたい人はコチラ↓に記事を参考にしてください。
Razer製ゲーミングキーボードのおすすめ・選び方【軸の違い】

赤軸(レッド軸)

画像出典元:https://www.cherrymx.de/en

赤軸の特徴としては

キーが軽い(45g・2mmで反応)
キー入力時のクリック感が無い
打鍵音が小さい

「赤軸」は、キーが軽いので少ない押下でキー入力が反応するので、タイピングをしていて指が疲れにくくサクサクタイピングすることができます。

このキーが軽いため、ゲームをする時にはかなり使いやすいのですが、慣れていないと文字をタイピングする時に、誤って横のキーを触れてしまいタイプミスを起こすことがあるというデメリットもあります。
しかし、慣れてしまえばかなり使いやすいので赤軸はおススメです!

また、キーを押した時にキー入力がオンになる箇所での明確なクリック感が全く無く打鍵音が小さいのが特徴です。

赤軸はマイクが打鍵音を拾うことが少ないので、ボイスチャットをしながらフレンドとゲームをしていても、相手に打鍵音が聞こえないので、お互いに気持ちよくゲームをプレイすることができるでしょう。

赤軸がおすすめな人は

静音のゲーミングキーボードを探している人
キー入力が軽いキーボードを探している人

といった人に赤軸はとてもおすすめです。

青軸(ブルー軸)

画像出典元:https://www.cherrymx.de/en

青軸の特徴としては

キーが重い(50g・2.2mmで反応)
キー入力時のクリック感が強い
打鍵音が大きい

「青軸」は、キーの重さが、がっしりとしていてしっかり押し込むような形でタイピングできることが特徴です。

また、キーを押した時にキー入力がオンになる箇所に明確なクリック感があり「カチッカチッ」という大きな打鍵音がするのが特徴です。

青軸は、赤軸とは違いキーが重いのでタイピング時に横のキーを触れてしまい、タイピングミスを起こすということが少なくなります。

PCゲームでは主に操作をキーボードで行うことが多いので、正確なキー入力が必要になるのでタイプミスを起こさない為にもゲーム用には青軸がかなり適しています

逆に、キーが重いので数千文字単位のタイピングをする時に指が疲れやすいというデメリットもあります。

青軸のキーボードは「カチッカチッ」という癖になるぐらい気持ちの良い打ち心地で、タイピングする楽しさは他の軸に比べて青軸は最高です。

青軸がおすすめな人は

キー入力時にクリック感が欲しい人
「カチッカチッ」というタイピング音が好みの人

といった人に青軸はとてもおすすめです。

しかし、青軸のタイピング音をマイクが拾ってしまうことがあるので、フレンドとボイスチャットをしながらゲームをする場合には、打鍵音がマイクに入らないように設定するなどの配慮が必要です。
意外と他人のタイピング音が不快に感じることがあるので、青軸を使う場合には気をつけましょう!

茶軸(ブラウン軸)

画像出典元:https://www.cherrymx.de/en

茶軸の特徴としては

キーの軽さは赤軸と同じ(45g・2mmで反応)
キー入力時のクリック感がほどよく有る
打鍵音は青軸と赤軸の中間ぐらい

「茶軸」は、 赤軸の良さである、キースイッチの軽さを受け継ぎつつ、青軸のキー入力時のクリック感と打鍵音を少し足したような 、赤軸と青軸の良さを継承した、ハイブリッド型が茶軸の特徴です。

茶軸は、キースイッチが軽く、キー入力時のクリック感があることで、押し間違いも少なくなるのでタイピングにも適していますし、ゲームをするのも全く問題ありません。

個人的には、茶軸キーボードはゲームもするし、数千文字単位のタイピングもするという人や、青軸ほどのクリック感や打鍵音は必要ないけど、赤軸のクリック感の無さや打鍵音は気に入らないという人には、茶軸がおすすめです。

茶軸がおすすめな人は

キー入力が軽くて、クリック感のあるタイピングがしたい人
赤軸と青軸の中間的な軸を探している人
ゲームも数千文字のタイピングもする人

といった人に茶軸はとてもおすすめです。

またそれほど打鍵音が大きくないので、フレンドとボイスチャットをしながらゲームをする時に打鍵音がマイクに入ることが少ないので、安心して使うことができます。

銀軸(Speed軸)

画像出典元:https://www.cherrymx.de/en

銀軸の特徴としては

キーの軽さがどの軸よりも軽い(40g・1.2mmで反応)
キー入力時のクリック感が無い
打鍵音が小さい

「銀軸」別名「Speed軸」は、その名の通りキーストロークが短く、キーの押し込みが1.2mmで反応するというどの軸よりも反応速度が速く高速入力に特化した軸となっています。

また、キー入力時のクリック感は全く無く、打鍵音も小さいのも特徴です。

銀軸はどの軸よりも反応速度が速く、キーが反応する接点までが浅いので少ない押圧で入力することが可能なので、数千文字単位のタイピングや、ゲームを長時間していても指が全然疲れません

私も、この銀軸のキーボードを使っていますが、慣れてしまうと銀軸が快適すぎて、他の軸のキーボードは押し込みが重たくてもう使えません

しかし、「キーの軽さ」と「キーが反応する接点までが浅い」ことが原因で慣れるまでは、意図せずキーを触ってしまいタイピングミスやゲームプレイ時の操作ミスを頻発してしまうというデメリットもあります。

ですが、この銀軸に慣れてしまうとやみつきになって、この先銀軸のキーボード以外は使えません。
また、ゲームをプレイしている時にもキーが入力を検知する接点までが浅いので、反応速度が速くなった気がします。

銀軸がおすすめな人は

高速タイピングがしたい人
とにかく軽いキーボードが欲しい人
反応速度が重要なゲームを普段からプレイしている人

といった人に銀軸はとてもおすすめです。

最後にもう一度言いますが、銀軸は慣れるまで誤爆がマジでヤバイので気を付けてくださいw

Amazonで「最大2.5%」もお得にお買い物する方法!

普段からAmazonを利用していると「もっとお得にお買い物できれば…」と思う人も多いのではないでしょうか?そんな人に朗報です!

実はAmazonでお買い物をする時に、「最大2.5%もお得にお買い物できる方法」があるんです!

その方法は、以下の支払い方法で「Amazonギフトにチャージ」するだけで、最大2.5%のポイントを獲得できます!

  • コンビニ(現金)
  • ATM
  • ネットバンキング

「Amazonギフト券」といっても自分で利用でき、感覚としては「電子マネーにチャージする感じ」です!

もちろん、プライム会員では無い通常会員様もAmazonギフトチャージによる「ポイント還元」を受けることが可能です!

ただし、今ならプライム会員の人に限り、初回のAmazonギフトチャージで「1,000円分のポイント」を獲得できます!

まとめ:キーボードの軸の選び方

軸の違いをまとめると

・「赤軸」…軽いキースイッチと、静かな打鍵音が特徴
・「青軸」…キーが重めで、「カチッカチッ」という気持ちのよい打鍵音が特徴
・「茶軸」…赤軸と青軸の良いところを継承したハイブリッド型
・「銀軸」…とにかくキーが軽く、反応速度が速い高速入力特化型

結局どの軸がおすすめかと言うと、それぞれ好みや使用用途が異なるので解説した軸の特徴を元に考えてもらうのが良いと思いますが、どうしてもどれが良いか分からないという人は無難に「茶軸」を選べば失敗しないと思います。

実際にお店に行って、実物を触ってみるのも一つの手です。

個人的には、「銀軸」が一番おすすめです。

ただ、銀軸はタイピングに自信の無い人が使うと最初はひどいことになるので注意してください。

私も、銀軸を使い始めてから、タイピング時に指のホームポジションなどを意識しだしたので最初はひどいものでしたw

長文になってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。

是非この記事を参考にしてどの軸にするか考えてみてください。

コメント