グランサガのガチャは被りが多すぎる?被りキャラが出たらどうなる?

グランサガでガチャを引けば、当然被りが発生するものですが、多くのユーザーからガチャで被りが多すぎると言われており、あなたもそう思っていませんか?

ガチャで被りが出た時は、高レアであるほど悲しみを覚えてしまうと思いますが、ガチャで被りが出ることはデメリットばかりではありません。

本記事では、グランサガのガチャで被りが出た時の活用方法と、メリットについて詳しくお伝えしていきます。

\SNSがあれば最短1分で登録完了!/

無料で今すぐダイヤを大量ゲットする!

\登録は無料です!/

【グランサガ】ガチャで被りが多すぎる?ユーザーの声

グランサガのガチャは被りが多いと言われているようです。

低レアはもちろん、高レアに至っても被りを起こしてしまうということも。

以下、そんな被りを起こしてしまったユーザーの声を紹介します。

ガチャ被りでがっかり!?SNS上の声紹介

グランサガのガチャで被りを起こしてしまったユーザーの声です。

これらの声は度々SNS上に掲載されており、多くのユーザーが共感している様子が。

では、そんなグランサガで起こったガチャ被りの声を一部掲載します。

高レアが当たってもすり抜けや被りが起こってしまう、という声もありました。

【グランサガ】ガチャで被りが出たらどうする?

では、グランサガのガチャ被り景品の使い道はあるのでしょうか。

以下、グランサガのガチャで排出された被り景品の使い道について説明します。

被りは極超越に使用する

グランサガのガチャで排出された被り景品は、それぞれの極超越に使用しましょう。

極超越とは、グランウェポンとアーティファクトの強化方法の一つ。

同じ名称のグランウェポンやアーティファクト同士を合成し、能力値の強化と追加効果の付与を行うシステムです。

グランウェポンには追加で新たな能力を得、アーティファクトは重ねるごとにどんどん能力が強くなっていきます。

最大で5まで極超越を行うことができ、最大まで強化すると低レアでも未強化高レアに匹敵するほどの能力を得られるようです。

また、アーティファクトはレベルの上限解放も極超越で行うため、アーティファクトの強化には必要不可欠であると言えるでしょう。

非常に重要な強化システムであるため、ガチャにおける被りは決して悪いことではないと断言することができます。

むしろアーティファクトやグランウェポンを強くするためには被りが必要であることがわかりますね。

被りは還元する

グランサガのガチャで排出された被り景品は、還元することで交換用アイテム「グランジュエル」にすることが可能です。

グランジュエルは交換所でSSRのグランウェポンが獲得出来るボックスなどに変換できるので、いらないグランウェポンやアーティファクトは還元するといいでしょう。

また、「モロの祝福」で還元を行うと、いらないグランウェポンやアーティファクトの還元時にダイヤも獲得可能

モロの祝福は時間がかかってしまうのがネックですが、もしいらない景品が余っているなら積極的に利用しましょう。

ただし、グランサガにおいてはRやSRのグランウェポンやアーティファクトでも、極超越を行えば十分な戦力として活用可能

還元するグランウェポンやアーティファクトは、必ず極超越が全て終わっている7枚目からにしましょう。

しかし、被りに使い道があるとは言え、せっかくガチャを引くなら持っていないキャラが欲しいと思いますよね。

ですが、結局のところガチャで何が当たるかは運次第なので、SSRを当てるには「当たるまでガチャを回す」ことが確実な方法です。

ただ、それには大量のダイヤが必要であり、無課金で集めるのは辛いので、楽にダイヤを入手するには課金するしかありません。

ですが、皆さん「課金はもうキツイ…」そう感じていませんか?

「私も課金には限界があったので」ガチャをもっとお得に回す方法は無いかと調べていたところ>>無料でダイヤをゲットできる方法に出会いました。

この方法を使えば、誰でもカンタンに5,000円以上の課金ポイントを効率良く稼げるので、使わないのは損ですよ!

\SNSがあれば最短1分で登録完了!/

無料で今すぐダイヤを大量ゲットする!

\登録は無料です!/
この方法はいつまで使えるか分からないので、ダイヤの数に困っている人はお早めに!

まとめ

グランサガのガチャでは当然被りの景品が排出されることも十分あり得ます。

ですが、グランサガの被り景品は「極超越」に利用することでそれぞれの能力を強化することができるのです。

特にアーティファクトは極超越でレベル上限も強化することが可能なので、被りが重要であると言えるでしょう。

グランサガは「限界突破ゲー」と言われることもあるほどに極超越などの被りが大事になる作品。

被りだからと言ってがっかりせずに、装備の強化に使えると前向きに考えていってください。