【ゲーミングPC】配信におすすめのモデルは?必要なスペックとは?

動画サイトなどで、多くの実況者がゲーミングPCでゲームのプレイを行うと同時に、ネット配信を行っています。

有名実況者などを見て、「自分もゲーム配信がやりたい」と思った方の中には、「ゲーミングPCで配信したいけどおすすめモデルが分からない」という人もいませんか?

本記事では、ゲーミングPCで配信に最適なおすすめモデルをスペック面やおすすめしないモデルの特徴などを含めて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

配信向けのおすすめモデルの選び方!必要なスペックは?

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルの選び方として必要なスペックはどのぐらいなのか具体的に詳しくお伝えしていきます。

ゲーミングPCからゲームをプレイしながら、プレイ画面を「YouTube、Twitch等」に配信するためには、高いスペックが求められます。

スペックが不足している場合では、配信をしているとゲームがカクカクで快適にプレイ出来ない上に、配信画面の画質が悪く低品質な配信になってしまいます。

では、ゲーミングPCの配信向けにおすすめするモデルとは、一体どんなゲーミングPCなのか必要なスペックは以下の通りです。

  • CPUは「Core i7」以上
  • メモリは「16GB」以上
  • GPUは「GTX1660 SUPER」以上

では、重要なパーツごとに一つずつ詳しくお伝えしていきます。

【ゲーミングPC】配信向けにおすすめの「CPU」

配信向けのおすすめモデルの選び方!必要なスペックは?

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルの選び方として、最も重要視するべきパーツは「CPU」であり、「Core i7」以上が最適です。

CPUの性能が低いものでゲームと配信を同時に行うと、ゲームのフレームレートが低下し、配信でも音ズレやラグなどが発生しやすくなります。

そうなると快適にゲームをプレイできない上に、配信画面の画質が低く、視聴者の人も楽しんで視聴することが出来ません。

もちろん、「Core i5」が搭載されたゲーミングPCでも配信をする事は可能ですが、「Core i7」以上でないと、快適に配信する事は不可能でしょう。

なので、ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルの選び方として「Core i7」以上のCPUが搭載されたモデルが最適です。

【ゲーミングPC】配信向けにおすすめの「メモリ」

配信向けのおすすめモデルの選び方!必要なスペックは?2

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルの選び方として、次に重要なパーツは「メモリ」であり、「16GB」以上が最適です。

メモリは、OSやソフトの動作時に必要な情報を一時的に保存しておくもので、同時に複数の情報処理には容量が多い程、円滑に処理することが可能です。

メモリ容量の消費は、ゲームをプレイするだけでも非常に消費量が多く、同時に配信するとなるとメモリの消費量は更に多くなる為、大容量のメモリが必要です。

ゲームをプレイするだけであれば、メモリ容量は最低「8GB」でも十分ですが、配信とゲームを同時に行うには「16GB」は必須になります。

メモリ容量が多すぎるデメリットは特に無いので、予算があれば16GB以上のメモリを搭載しても何ら問題はありません。

なので、ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルの選び方として「16GB」以上の容量のメモリが搭載されたモデルが最適です。

【ゲーミングPC】配信向けにおすすめの「GPU」

配信向けのおすすめモデルの選び方!必要なスペックは?3

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルの選び方だけではなく、ゲーミングPCに最も重要なパーツは「GPU(グラフィックボード)」です。

GPUは、映像処理の全般を担っており、性能が低いとゲーム内でのカクつきの原因になり、ゲームを快適にプレイ出来ません。

特に、ゲームと同時に配信を行うと、フレームレートが著しく落ちる為、GPUの性能が低いと配信が出来ても自分が快適にゲームがプレイ出来ません。

なので、ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルの選び方として高性能なGPUが必須であり、最低でも「GTX1660 SUPER」以上が最適です。

ただ、予算が許すのであれば、高性能なGPUである程良く、コスパの観点から筆者のおすすめするグラフィックボードは、「RTX2070 SUPER」以上です。

RTX2070 SUPER以上のスペックを持つものであれば、配信やゲームプレイも快適に行え、将来、販売されるゲームでも十分なスペックでしょう。

【ゲーミングPC】配信向けにおすすめしないモデルの特徴

これまで、ゲーミングPCの中でも配信をする為のおすすめモデルの選び方と必要なスペックをお伝えしましたが、逆におすすめしないモデルもあります。

配信とゲームプレイを同時に行うと、ゲーミングPCに負荷がかかりますので、構造的に配信に向いていないゲーミングPCもあります。

ゲーミングPCから配信をする上でおすすめしないモデルの特徴は以下の通りであり、順番に詳しくお伝えしていきます。

  • ローエンドモデルのゲーミングPC
  • ノート型のゲーミングPC
  • スリム型のPC

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

ローエンドモデルのゲーミングPC

ゲーミングPCから配信をするには、おすすめできないモデルの特徴として1つ目は、「低価格のローエンドモデル」のゲーミングPCです。

各BTO専門パソコンショップなどで様々な価格帯やスペックで販売されてる中でも、ローエンドモデルに含まれる10万円以下のゲーミングPCはスペック的にもゲームと配信を同時に行えない可能性があります。

搭載しているパーツなどから考えると、最低でも10万円以上、安定した配信や将来性を考えると、15万円以上のゲーミングPCを選ぶのが良いでしょう。

また、Vtuberのような配信をしながら、ゲームも同時にプレイする際には、20万円以上のゲーミングPCを選択することが最適です。

なので、ゲーミングPCで配信にはおすすめできないモデルの1つ目に「低価格のローエンドモデル」が挙げられます。

ノート型のゲーミングPC

ゲーミングPCで配信するには、おすすめできないモデルの特徴として2つ目は、「ノートパソコン型のゲーミングPC」です。

ノートパソコン型のゲーミングPCは、小型で持ち運びができるのですが、そのぶん排熱が不十分になりやすく、熱からパーツを守る為に性能を落としてしまいます。

デスクトップPCであれば、コストパフォーマンスに優れたパーツを幅広く選択でき、排熱性能も良い為、熱害が少ないので性能を最大限に活かすことが可能です。

ゲームプレイと同時に配信を行うには、高いパフォーマンスを長い時間安定して維持することが、配信の画質や安定性に繋がります。

なので、ゲーミングPCで配信にはおすすめできないモデルの特徴2つ目に「ノート型のゲーミングPC」が挙げられます。

ただ、配信用のPCとしてノート型のパソコンを使用して、ゲーム用には別のゲーミングPCを使用する2PC配信にはノート型が最適です。

スリム型のゲーミングPC

ゲーミングPCで配信をする際におすすめできないモデルの3つ目は、スリムPCのなどの小型デスクトップPCです。

スリムPCのなどの小型デスクトップPCも、前述したノート型と同様に熱の影響を受けやすく、性能低下が起きやすくなります。

また、スリム型の小型ゲーミングPCは、性能の割に価格が高い傾向が強く、価格が同じであればデスクトップ型の方が性能が高く、コスパが高いです。

なので、ゲーミングPCで配信にはおすすめできないモデルの特徴3つ目に「スリム型のゲーミングPC」が挙げられます。

仮に、小型のゲーミングPCを選択したい場合は、最低でもミニタワーやミドルタワー程度のサイズのものを選択するのがおすすめです。

【ゲーミングPC】配信向けにおすすめのモデル!

ここからは、ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめなモデルを価格別にお伝えしていきます。

どのモデルも、ゲームをプレイしながら配信も快適に行うことが可能なスペックを持ったモデルになっています。

簡単にゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめなモデルをお伝えすると、以下の通りです。

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

【ドスパラ】GALLERIA XT

GALLERIA XT

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめなモデルは「GALLERIA XT」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUCore i7-9700
メモリ16GB
GPUGeForce GTX1660 SUPER
容量512GB NVMe SSD+1TB HDD
電源650W 80PLUS BRONZE
価格129,980円(+税)

「GALLERIA XT」は、ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめする必要なスペックを全てクリアしている配信に最適なモデルです。

少し安い価格に抑えつつも、ゲームと配信を同時に行っても快適なゲーミングPCが欲しいと思っている人におすすめです。

しかし、GPUは「GTX1660 SUPER」と他のモデルに比べて若干性能が劣りますが、安い価格に抑える為には仕方がありません。

ただ、他の部分は「Core i7」以上のCPUが搭載されていますし、メモリも「16GB」と大容量なので、配信を行っても性能不足を感じることは無いでしょう。

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめのモデルが欲しいという人で、安い価格に抑えて購入したいと考えている人は非常におすすめです。

\人気ゲームPCランキング2位!/

「GALLERIA XT」の詳細を見る!

\分割払いで「約100円/1日」で購入可能!/

【ドスパラ】GALLERIA XF

GALLERIA XF

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめなモデルは「GALLERIA XF」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUCore i7-9700F
メモリ16GB
GPUGeForce RTX2070 SUPER
容量512GB NVMe SSD+2TB HDD
電源650W 80PLUS BRONZE
価格164,980円(+税)

「GALLERIA XF」は、ドスパラで最も売れている売れ筋モデルであり、ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルとして最適です。

また、配信だけでなく、人気の「フォートナイト、ApexLegends」といったゲームを240fpsで快適にプレイ出来る程、非常に高いゲーム性能があります。

快適にゲームを楽しむのも良いですし、ゲーム配信をして楽しい時間を共有することもできる非常にマルチに使用できるモデルです。

「GALLERIA XF」は、非常にバランス良くまとまっており、ゲームと配信を同時に行っても性能不足による不満を感じることは無いでしょう。

また、今後長い間使い続けることが出来る将来性の高い性能があるので、結果的に他の安いモデルを買うよりも満足度が高いと言えます。

\人気ゲームPCランキング1位/

「GALLERIA XF」の詳細を見る!

\分割払いで「約126円/1日」で購入可能!/

【ドスパラ】GALLERIA ZF

GALLERIA ZF

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめなモデルは「GALLERIA ZF」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUCore i9-9900K
メモリ16GB
GPUGeForce RTX2070 SUPER
容量512GB NVMe SSD+2TB HDD
電源650W 80PLUS BRONZE
価格195,980円(+税)

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめするモデルとして「GALLERIA ZF」は最も最適で、ゲームと配信を非常に快適に行うことが可能です。

また、配信だけでなくゲームを快適にプレイする事はもちろん、「Core i9」CPUを搭載しているので動画編集や書き出しも楽々です。

動画のエンコード処理も、配信同様にCPUの性能に大きく左右されますが、「GALLERIA ZF」は非常に高性能な「Core i9」を搭載しているので余裕です。

かといって、ゲーム性能が下がっている訳ではないので、ゲームと配信、動画編集などマルチに使用できる汎用性の高いモデルです。

ゲーミングPCの中でも配信向けにおすすめのモデルが欲しいという人で、動画編集なども行うという人には「GALLERIA ZF」が非常におすすめです。

\配信向けのおすすめモデルNo.1/

「GALLERIA ZF」の詳細を見る!

\分割払いで「150円/1日」で購入可能!/

まとめ

本記事では、ゲーミングPCで配信をする上でおすすめモデルと、搭載するべきパーツのスペック、おすすめできないモデルの特徴をご紹介しました。

改めて、ゲーミングPCの中でも配信向けのおすすめモデルの特徴をまとめると、以下の通りです。

  • CPUは「Core i7」以上
  • メモリは「16GB」以上
  • GPUは「GTX1660 SUPER」以上

上記は、あくまでも一つの基準であり、更に高いスペックのゲーミングPCであれば、ゲームをプレイしながら快適に配信を行うことが可能です。

ただ、上記よりも低いスペックのゲーミングPCでも配信を行うことは可能ですが、快適に配信を行いながらゲームも快適にプレイする事は難しいでしょう。

コメント