【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能なおすすめモデル2選!

ゲーミングノートPCの安くて高性能なものを探している人の中には「安いゲーミングノートPCは使える?」「安い価格で高性能なモデルの選び方を知りたい」という人も少なくないのではないでしょうか?

ゲーミングノートPCは、外出先や出張先でも快適にプレイでも、本格的なゲームを楽しめます。また、年を重ねるごとに性能は増し、人気ゲームなどもストレスなく快適にプレイできます。

そこで本記事では、ゲーミングノートPCの安い価格でどれくらいの性能が出せるのか、安い価格で高性能なモデルの選び方、安い価格で買う際の注意点について、詳しくお伝えしていきます。

【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能ってどのぐらいの性能?

【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能ってどのぐらいの性能?

ゲーミングノートPCの安い価格で高性能なモデルの性能は、以下の通りです。

  • 人気ゲーム「フォートナイト・Apex」を快適にプレイ可能
  • 設定次第では144fpsで快適にゲームができる
  • 外出先での動作の重い作業も楽々こなせる

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

人気ゲーム「フォートナイト・Apex」を快適にプレイ可能

ゲーミングノートPCは、安い価格でも高性能なモデルが多く、国内で有名かつ人気なゲームを快適にストレスなくプレイできる性能があります。

具体的には、安いゲーミングノートPCでも、「フォートナイト・Apex」などの人気ゲームも快適にプレイできる高性能さがあります。

また、それだけでなく他のFPSやTPS系のオンラインゲームも十分快適にプレイ出来ます。

ゲーム用のパソコンは、価格と性能が比例しており、高いほど高性能で快適にゲームをプレイできますが、一概に安いから使えないという訳ではありません。

しかも、ゲーミングノートPCなら持ち運びが可能なので、「外出先、旅行先」でも快適にPCゲームを楽しむことができます。

上記のことから、ゲーミングノートPCが安い価格で高性能なモデルはどのぐらいの性能があるかというと、「人気ゲーム「フォートナイト・Apex」を快適にプレイできる」高い性能があると言えます。

設定次第では144fpsで快適にゲームができる

ゲーミングノートPCの中でも安い価格で高性能なモデルの性能は、「設定次第では144fpsで快適にゲームができる」高い性能があります。

安いゲーミングノートPCでも高性能なモデルであれば、ただ快適にゲームをプレイできるだけでなく、設定次第では「144fps」といった高フレームレートでのプレイも可能です。

特に、FPS・TPS系のゲームでは、フレームレートが高いほどプレイしやすくなり、有利になるので、ゲームで144fps以上のフレームレートが出ることは快適にプレイする上で重要です。

ただ、「240fps」といった、144fpsよりも更に高いフレームレートでの快適なプレイは、安い価格のモデルでは難しい為、240fpsでプレイしたい人は「価格の安さ」は諦めるしかありません。

上記のことから、ゲーミングノートPCが安い価格で高性能なモデルなら、144fpsでのプレイは可能なので、FPS・TPS系のゲームで高ランク帯を目指すことも可能です。

外出先での動作の重い作業も楽々こなせる

ゲーミングノートPCの中でも安い価格で高性能なモデルの性能は、「外出先での動作の重い作業も楽々こなせる」高い性能があります。

安いゲーミングノートPCでも高性能なモデルなら、ゲームを快適にプレイできるだけでなく、動作の重い「動画編集、3Dモデリング」などの作業を楽々こなせます。

また、ゲーミングノートPCなら持ち運べるので、家のデスクトップパソコンでしか出来なかった作業を、カフェなど家の外に軽々持ち運べるようにもなります。

そのため、ゲームもプレイしたい人だけでなく、「動画編集や3Dモデリング」などの高性能なパソコンを必要とする仕事をしている人にも最適です。

上記のことから、ゲーミングノートPCが安い価格で高性能なモデルなら、ゲーム以外の動作が重い作業も快適で、持ち運び可能なのでいつでも作業できるメリットがあります。

失敗しない!安い価格のおすすめモデル

【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能なモデルの選び方

【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能なモデルの選び方

ゲーミングノートPCの中でも、安い価格で高性能なモデルの選び方のポイントは、以下の通りです。

  • グラフィックボードは「GTX16××系」で選ぶ
  • メモリは16GB以上で選ぶことがおすすめ
  • SSDは512GB以上で選ぶことがおすすめ
  • なるべく144Hz対応ディスプレイ搭載モデルで選ぶ

ゲーミングノートPCの中でも、安くて高性能なモデルの選び方をお伝えしていきます。

グラフィックボードは「GTX16XX系」で選ぶ

ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、1つ目はグラフィックボードを「GTX16xx系」で選ぶことです。

「RTX系」はかなり高性能と言えるモデルばかりですが、その分価格も跳ね上がります。

そのため、安くて高性能なコスパの良いモデルを選ぶには「GTX16xx系」が最適です。

「GTX16xx系」でも、ゲームを144fpsで快適にプレイできるだけなく、動画編集などの負荷がかかる作業も十分快適と言える性能です。

上記のことから、ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、グラフィックボードは「GTX16xx系」で選ぶことが重要です。

メモリは16GB以上で選ぶことがおすすめ

ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、2つ目はメモリは16GB以上」がおすすめです。

基本的に、ゲーミングノートPCには、メモリ容量「16GB」以上無いと、ゲームや動画編集などの作業を快適にできない可能性があります。

特に、ゲームではメモリが不足すると144fps出せるモデルでも、十分に発揮できない可能性があります。

また、動画編集などの重い作業では、ソフトのフリーズや動作が不安定になってしまいます。

上記のことから、ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、ゲームや動画編集などの作業でメモリ不足にならない為に、メモリは「16GB以上」で選ぶことが重要です。

SSDは512GB以上で選ぶことがおすすめ

ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、3つ目はSSDは「512GB以上」がおすすめです。

SSD容量は、なるべく「512GB」以上を搭載していると、ゲームや大容量のデータを保存しておけるので、多い方が良いです。

逆に、HDDだと容量が大きい代わりに、速度が遅く、SSDに比べて耐久性に劣るのであまりおすすめできません。

そのため、容量が足りない場合は「外付けSSD」などを活用する方がおすすめです。

上記のことから、ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、HDDではなく「512GB以上」のSSDが快適かつ主流です。

なるべく144Hz対応ディスプレイ搭載モデルで選ぶ

ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、4つ目は「144Hz対応ディスプレイ」を選びましょう。

ゲーミングノートPCに限りませんが、せっかくゲームやPC側が144fpsに対応していても、ディスプレイが144Hzに対応していなければ全く意味がありません

特に、安いゲーミングノートPCを探す時は、ディスプレイが144Hzに対応しているか、よく確認しましょう。

しかし、144Hz対応の外部モニターを買うつもりなら、どちらでも良いので、自分の使用頻度に合わせて自由に選びましょう。

上記のことから、ゲーミングノートPCの中でも安くて高性能なモデルの選び方として、基本的にディスプレイは「144Hz以上」に対応しているか確認することが重要です。

【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能なモデルの注意点!

【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能なモデルの注意点!

ゲーミングノートPCの安くて高性能なモデルの注意点は、以下の通りです。

  • 安いと言っても最低でも「10万円前後」はする
  • ディスプレイが「144Hz対応」ではない場合がある
  • デスクトップと比べて拡張性が低く排熱性能も劣る

基本的にゲーミングノートPCの価格と性能は比例します。

安くて高性能なモデルを探す際は、注意点を確認しておきましょう。

安いと言っても最低でも「10万円前後」はする

ゲーミングノートPCの安くて高性能なモデルの注意点1つ目は、安いと言っても「10万円前後」はすることが挙げられます。

「10万円は高いよ!」という人もいるかもしれませんが、PCゲームをする上で10万円は最低ラインです。周辺機器を合わせれば15万円程度が「安い」と言われる相場になっています。

また、ゲーミングノートPCで5万円程度などの破格の安さはあり得ません。さらに言うと、5万円程度で売られているパソコンは、高性能とも言えないものがほとんどです。

ゲーミングノートPCの安くて高性能なモデルの注意点1つ目は、安くて高性能な相場は「10万円前後」です。

ディスプレイが「144Hz対応」ではない場合がある

ゲーミングノートPCの安くて高性能なモデルの注意点2つ目は、ディスプレイが144Hzに対応していない場合があります。

安いゲーミングノートPCにの中には、144fps出せるスペックを搭載していても、ディスプレイが144Hzに対応していない場合もあります。そのときは、別途ゲーミングモニターを用意する必要があります。

しかし、24インチなどのゲーミングモニターの方が大きく見やすいので、必ずしも144Hzを選ぶ必要はありません。

ゲーミングノートPCの安くて高性能なモデルの注意点2つ目は、自分の使用方法によって「144Hz」に対応しているか確認しましょう。

デスクトップと比べて拡張性が低く排熱性能も劣る

ゲーミングノートPCの安くて高性能なモデルの注意点3つ目は、拡張性や排熱性能は低いことが挙げられます。

ゲーミングノートPCは、デスクトップPCに比べて拡張性が無く、メモリなどの増設がやりにくいです。

また、排熱性能も悪いため熱によるパーツの劣化が早く、寿命も短いと言われています。

少しでも排熱性能が気になる人は、外部クーラーなどで対策しておきましょう。

ゲーミングノートPCの安くて高性能なモデルの注意点3つ目は、デスクトップPCと比較すると拡張性や排熱性能はお世辞にも良いとは言えません。

【ゲーミングノートPC】安い価格で高性能なおすすめモデル2選!

ここからは、ゲーミングノートPCの中でも安い価格で高性能なおすすめモデルとして、以下の2つを紹介していきます。

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

MSI GF63-10SCSR-1016JP

MSI GF63-10SCSR-1016JP

出典:Amazon

ゲーミングノートPCの中でも安い価格で高性能なおすすめモデルとして、1つ目は「MSI GF63-10SCSR-1016JP」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i5-10300H
メモリ8GB
グラフィックボードGTX 1650 Ti Max-Q
ストレージ容量512GB NVMe SSD
価格98,800円(税込)
  • 税込10万円を切る安い価格で高性能
  • 「薄さ:21.7mm、重量:1.86kg」と薄くて軽いため持ち運びが楽
  • 144Hzディスプレイ搭載で快適にゲームをプレイできる
  • 512GB SSD搭載でストレージ容量も充実
  • メモリが「8GB」と容量が少ない

上記の通り「MSI GF63-10SCSR-1016JP」は、税込10万円を切る安い価格のゲーミングノートPCですが、高性能なのでゲームや動作の重い作業も快適です。

また、薄さが「21.7mm」、重量が「1.86kg」と、本体が薄くて軽いため、非常に持ち運びがしやすく、外出先や旅行先に持っていく時にも楽に持っていけます。

そのため、「ゲームや動作の重い作業を快適にできて、持ち運びが楽」なゲーミングノートPCを安い価格で買いたい人に最適であり、非常におすすめです。

さらに、「144Hzディスプレイ」が搭載されているため、60fps以上のフレームレートを表示でき、144fpsといった高フレームレートで快適にゲームをプレイできます。

ただ、メモリ容量が「8GB」と少ないため、ご自身で増設することをおすすめします。

しかし、増設するには少しパソコン本体を分解する必要があるので、メモリ増設を自分でやる自身が無いという人は、次に紹介する「Dell G3 15 3500」がおすすめです。

\税込10万円以下と安い価格で高性能/

今すぐ「MSI GF63-10SCSR-1016JP」の詳細を見る!

Dell G3 15 3500

Dell G3 15 3500

出典:Amazon

ゲーミングノートPCの中でも安い価格で高性能なおすすめモデルとして、2つ目は「Dell G3 15 3500」で、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i7-10750H
メモリ16GB
グラフィックボードGTX 1660 Ti
ストレージ容量512GB NVMe SSD
価格109,800円(税込)
  • 税込10万円前後の安い価格で高性能
  • Core i7+GTX1660 Ti搭載で10万円前後は脅威のコスパ
  • 144Hzディスプレイ搭載で快適にゲームをプレイできる
  • 512GB SSD搭載でストレージ容量も充実
  • 税込10万円以下で探している人には向かない
  • 「2.34kg」と少し重い

上記の通り「Dell G3 15 3500」は、税込10万円前後という安い価格で、「Core i7+GTX1660 Ti」を搭載した高性能モデルであり、驚異のコスパを誇ります。

通常、他社のゲーミングノートPCで「Core i7+GTX1660 Ti」搭載となると、「税込13万円」ほどが普通なので、「Dell G3 15 3500」は2万円ほど安く購入できます。

また、メモリも「16GB」と前述したモデルよりも容量が多いため、ゲームで高いフレームレートが出ることはもちろん、動画編集などの途中でメモリ不足になることは無いでしょう。

さらに、「144Hzディスプレイ」が搭載されているため、60fps以上のフレームレートを表示でき、144fpsといった高フレームレートで快適にゲームをプレイできます。

上記のことから、ゲーミングノートPCの中でも安い価格で高性能なおすすめモデルとして、「Dell G3 15 3500」がおすすめです。

\価格以上に性能が良くコスパが高い/

今すぐ「Dell G3 15 3500」の詳細を見る!

まとめ

本記事では、ゲーミングノートPCの安くて後世のモデルの性能から、選び方や注意点、おすすめについて詳しくお伝えしてきました。

改めて、内容をまとめると以下の通りです。

  • グラフィックボードは「GTX16xx系」
  • メモリは「16GB以上」
  • SSDは「512GB以上」
  • ディスプレイは「144Hz対応」
  • 安くても「10万円前後」
  • 「拡張性」や「排熱性能」は低い

ゲーミングノートPCは、ゲームや重い作業を出先に持ち運べる利便性の良さが売りです。ある程度の妥協点は必要ですが、自分に合ったモデルを選び、快適なゲーム環境を作りましょう!