【ゲーミングノートPC】安い価格でApexができるおすすめモデル!

「ゲーミングノートPCの安いモデルは使える?」「Apexをプレイできる?」という人の中には、そもそもデスクトップとノートPCどっちが良いのか悩んでいる人も少なくないのではないでしょか?

もちろん、性能の幅広さで言えばデスクトップに軍配が上がります。しかし、ゲーミングノートPCは、どこにでも持ち運べる取り回しの良さが一番のメリットです。

そこで本記事では、ゲーミングノートPCの安いモデルでも人気ゲーム「Apex」をプレイできる選び方や、デスクトップとどっちが良いのか適切な人の特徴について、詳しくお伝えしていきます。

【ゲーミングノートPC】安いモデルでもApexはプレイできる?

ゲーミングノートPCでApexはプレイできる?

結論からお伝えすると、ゲーミングノートPCの安いモデルでもApexは快適にプレイできます

また、設定次第では120fpsといった、安いデスクトップと遜色ない性能を発揮することが出来ます

ゲーミングノートPCの安いモデルでもApexを快適にプレイできる理由について、お伝えしていきます。

安いモデルでもApexを快適にプレイできる

ゲーミングノートPCが安いモデルでも、Apexを「60fps」で快適にプレイ可能です。

具体的には、グラフィック設定を高くして綺麗な映像にしても「60fps」で快適にプレイできる高い性能があります。

しかし、4K・高画質に設定すると、快適にプレイするのは難しくなります

とは言え、デスクトップであっても高解像度と高フレームレートを保つこと自体が難しいため、ゲーミングノートPCだから無理ということではありません

また、Apexに限らず、人気の「フォートナイト、VALORANT」なども快適にプレイすることが可能です。

なので、ゲーミングノートPCが安いモデルでもApexをプレイすることは可能であり、「性能不足でプレイできない」という心配は無用です。

安いモデルでも設定次第ではApexを120fpsでプレイできる

ゲーミングノートPCの安いモデルでも、60fpsでプレイできるだけでなく、設定次第ではApexを「120fps」を超えるフレームレートでプレイできます

120fpsであれば、映像の滑らかさが明らかに変わるため、動きの速い敵を視認しやすくなりプレイの快適さも一気に上がります。

しかし、高画質設定で120fpsなどの高いフレームレートを出すことは難しいです。

また、Apexで120fpsを出すことが出来ても、ディスプレイが120Hzや144Hzに対応していないと意味が無いので注意が必要です。

なので、ゲーミングノートPCが安い価格でも、Apexで「120fps」くらいは出せる性能があるので、そこまで性能不足を心配する必要はありません

ただ、グラフィック設定を上げて「120fps・144fps」といった高いフレームレートでプレイしたい人には、安い価格のモデルは最適ではありません。

失敗しない!安い価格のおすすめモデル

【ゲーミングノートPC】安い価格でApexに最適なモデルの選び方

【ゲーミングノートPC】安い価格でApexに最適なモデルの選び方

ゲーミングノートPCの中でも安い価格でApexに最適なモデルの選び方は、以下の通りです。

  • 価格は新品「10万円」前後
  • CPUは「Core i5・Ryzen5」
  • グラフィックボードは「GTX16XX系」

ゲーミングノートPCは安い価格でも、パーツの組み合わせ方によって性能が大きく変わります。

ここからは、Apexを快適にプレイできる最適なモデルの選び方を詳しくお伝えします。

価格は新品「10万円」前後を目安に

ゲーミングノートPCを安い価格でApexに最適なモデルの選び方として、価格は新品で「10万円」前後を目安とし、グラフィックボードが搭載されている必要があります。

ゲーミングノートPCが安い価格でApexがプレイできるといっても、新品かつ最低でも「10万円」前後が相場です。

「10万円前後」なら、安い価格に抑えつつ、Apexを快適にプレイできる高い性能があります。

逆に、新品で「5万円以下」といった超低価格は基本的にありえませんし、販売されていたとしても、「ゲーミング」と付いた、ただのノートPCという場合があるため注意が必要です。

ノートPCであれば何でも良い訳ではなく、「グラフィックボード」が搭載されたモデルを選ぶ必要があるからです。

上記のことから、ゲーミングノートPCを安い価格でApexに最適なモデルを選ぶ際のポイントとして、価格は最低でも「10万円前後」かつ、グラフィックボードが搭載されたモデルに限ります。

CPUは「Core i5・Ruzen5」で選ぶ

ゲーミングノートPCを安い価格でApexに最適なモデルの選び方として、2つ目は「CPUは『Core i5・Ryzen5』で選ぶ」ことが重要です。

Apexに限らず、ゲームをプレイするのであれば、それなりに高い性能を持ったCPUが必要です。

そこで、それなりに「高い性能かつ価格も安い」コスパの良いCPUは「Core i5・Ryzen5」です。

「Core i3やRyzen3」だと、普通のノートPCとしての使い方であれば十分ですが、ゲーム用としては性能不足で、不満に感じることがあるかもしれません。

一方、「Core i7やRyzen7」なら性能は十分ではありますが、価格が高くなるので「安い価格に抑える」ことができません。

なので、「Core i5・Ryzen5」であれば、価格を安く抑えつつ、快適にゲームをプレイできる環境を手に入れられます。

上記のことから、ゲーミングノートPCを安い価格でApexに最適なモデルを選ぶ際のポイントとして、CPUは「Core i5・Ryzen5」で選ぶことが重要です。

グラフィックボードは「GTX16XX系」で選ぶ

ゲーミングノートPCを安い価格でApexに最適なモデルの選び方として、3つ目は「グラフィックボードは『GTX16XX系』で選ぶ」ことが重要です。

グラフィックボードは、ゲーム性能を決める最も重要な部分で、「GTX16XX系」であれば安い価格に抑えることができます

ただし、安い価格だからといって極端に性能が低い訳ではなく、設定次第ではApexを120fpsでプレイすることも可能なほど、高い性能があります

なので、ゲーミングノートPCを安い価格でApexに最適なモデルを選ぶ際のポイントとして、グラフィックボードは「GTX16XX系」が最適です。

ApexにはゲーミングノートPCとデスクトップどっちが良い?

ApexにはゲーミングノートPCとデスクトップどっちが良い?

ここまでは、ゲーミングノートPCを安い価格でApexもプレイできるモデルについて解説してきました。

しかし、ここまで聞いた人の中には「ぶっちゃけ10万円は高くない?」「どうせならデスクトップにしようかな」と悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

そこで、Apexをプレイするために、デスクトップとゲーミングノートPCどっちが良いのか、適切な人の特徴について紹介します。

性能と価格から見てコスパ的には「デスクトップ」の方が良い

ゲーミングノートPCとデスクトップを比較して、性能と価格を見た場合のコストパフォーマンスは「デスクトップ」の方が優れています

実際、ゲーミングノートPCは性能に対して価格が高いため、コスパが悪いと言えます。

同じ価格で購入を検討している場合は、ゲーミングノートPCよりもデスクトップPCの方が性能も良くなります。

また、最高のPCゲーム環境にしたい人は「デスクトップ」で選ぶ方が、購入後の拡張性や性能的にも最適です。

それでも、「デスクトップを置くスペースが無い人」や「外でゲームをしたいから持ち運びたい人」は、ゲーミングノートPCが最適です。

省スペースで持ち運びできる点では「ノート」の方が良い

ゲーミングノートPCとデスクトップを比較して、デスクトップのように置く場所を取らず、持ち運びも出来る便利さは、「ゲーミングノートPC」の方が優秀です。

家でも外出先でも場所を選ばず、ゲームをはじめとする動画編集などの動作の重い作業をする人におすすめです。

しかし、前述した通り性能は「デスクトップ」の方が上なので、基本的に特別な理由が無い限りは「デスクトップ」の方が良い場合がほとんどです。

ただ、デスクトップのゲーミングPCを持っていて、サブ機として欲しい人にはゲーミングノートPCは最適です。

【ゲーミングノートPC】安い価格でApexにおすすめなモデル3選!

ここからは、ゲーミングノートPCの中でも安い価格でApexにおすすめなモデルとして、以下の3つを紹介していきます。

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

最も安い価格でApexを快適にできる「Acer Nitro5 AN515-55-A58U5A」

Acer Nitro5 AN515-55-A58U5A

出典:Amazon

ゲーミングノートPCの中でも安い価格でApexにおすすめなモデルとして、1つ目は「Acer Nitro5 AN515-55-A58U5A」であり、具体的なスペックは以下の通りです。

CPUCore i5-10300H
メモリ8GB
グラフィックボードGTX1650
ストレージ容量256GB SSD
ディスプレイサイズ15.6インチ/144Hz
重量約2.3kg
価格94,555円(税込)
  • 税込10万円以下でApexを快適にプレイできる
  • ディスプレイも「144Hz」対応
  • 冷却性能も高くノートPCの熱問題を改善
  • 約2.3㎏と持ち運ぶには少し重い
  • メモリ容量が「8GB」と少ない
  • ゲームによっては144fpsでプレイできない

上記の通り「Acer Nitro5 AN515-55-A58U5A」は、税込10万円を下回る低価格なので、安い価格に抑えてApexを快適にプレイできる環境が手に入れられます。

また、ディスプレイは「144Hz対応」なので、ゲーム内の「144fps」という高いフレームレートを表示でき、PS4などのゲーム機よりも快適にゲームをプレイできます

さらに、ゲーミングノートPCの大きな問題である「熱問題」も、

  • デュアルファンシステム
  • CoolBoostテクノロジー

によって改善されており、熱問題で性能が下がって快適にゲームをプレイできなくなることを防ぐことができます。

ただ、デメリットとしては、グラフィックボードが「GTX1650」であることと、メモリが「8GB」では、少し性能不足でゲームによっては144fpsでプレイできないこともあります。

その為、自分でメモリ増設ができない人や、より144fps安定で快適にプレイしたい人は、次に紹介するモデルがおすすめです。

最も安い価格でApexができる

今すぐ「Acer Nitro5 AN515-55-A58U5A」の詳細を見る!

無料配送!

144fps安定でよりApexを快適にできる「Dell G3 15 3500」

Dell G3 15 3500

出典:Amazon

ゲーミングノートPCの中でも安い価格でApexにおすすめなモデルとして、2つ目は「Dell G3 15 3500」であり、具体的なスペックは以下の通りです。

CPUCore i7-10750H
メモリ16GB
グラフィックボードGTX1660Ti
ストレージ容量512GB SSD
ディスプレイサイズ15.6インチ/144Hz
重量約2.3kg
価格109,800円(税込)
  • 144fps安定でよりApexを快適にプレイできる
  • 性能に対して価格が「10万円弱」は破格の安さ
  • 「512GB NVMe SSD」と大容量かつ高速
  • 144Hz対応ディスプレイが搭載されている
  • 約2.3㎏と持ち運ぶには少し重い
  • 10万円以下で探している人には向かない

上記の通り「Dell G3 15 3500」は、前述した「Acer Nitro5」よりも、144fps安定でApexをより快適にプレイできる高い性能がありながら、価格は10万円弱と脅威のコスパを誇ります。

通常、同じようなスペックで他社のゲーミングノートPCを買うと「税込15万円前後」がほとんどなので、最も「安い価格で高性能」と言う言葉が最適なモデルです。

具体的に他社と比較すると、マウスコンピューターの「DAIV 5D-R7」は、ほぼ同じスペックで「税込153,780円」なので、「Dell G3 15 3500」は5万円近く安く買えます

また、ストレージには「超速いNVMe接続のSSD」が搭載されているので、PCの起動・ゲームの起動など全ての動作が高速で「もっさりして遅い」というストレスから解放されます

ただ、デメリットとしては、「約2.3kg」と持ち運ぶには少し重いことがあります。

144fps安定でApexができる

今すぐ「Dell G3 15 3500」の詳細を見る!

無料配送!

設定次第では240fpsでのプレイも可能「MSI GF65-10UE-063JP」

MSI GF65-10UE-063JP

出典:Amazon

ゲーミングノートPCの中でも安い価格でApexにおすすめなモデルとして、3つ目は「MSI GF65-10UE-063JP」であり、具体的なスペックは以下の通りです。

CPUCore i5-10200H
メモリ16GB
グラフィックボードRTX3060
ストレージ容量512GB SSD
ディスプレイサイズ15.6インチ/144Hz
重量約1.8kg
価格129,800円(税込)
  • 設定次第では240fpsでApexをプレイできる
  • 4K・高画質でのゲームプレイも可能な高い性能
  • 1.8㎏とかなり軽量で持ち運びにも最適
  • 冷却性能も高く熱問題が改善される
  • そこまで「安い」と言える価格ではない
  • 240fpsでプレイするには240Hzモニターが必要

上記の通り「MSI GF65-10UE-063JP」なら、設定次第ではApexを「240fps」という超高いフレームレートで快適にプレイできる、最高のゲーム環境が手に入れられます。

さらに、240fpsでプレイできるだけでなく、4K・高画質といった綺麗なグラフィックでゲームを楽しむことも可能です。

また、「1.8kg」と本体重量が軽量なので、持ち運びにも最適なので、外出先でゲームや、動画編集といった動作の重い作業をする人におすすめです。

ただ、デメリットとしては、そこまで「安い」と言える価格ではなく、どちらかというと少し高めの価格設定なので、10万円前後と安い価格で探している人向きではありません。

それに、240fpsでゲームができるといっても、ディスプレイは144Hzまでしか対応していないので、240fpsでゲームをプレイするには外部の240Hzモニターが必要です。

とはいえ、Apexをはじめとするゲームを快適にプレイできて、本体重量も軽いので、予算的に大丈夫な人は「MSI GF65-10UE-063JP」一択です。

設定次第では240fpsでApexができる

今すぐ「MSI GF65-10UE-063JP」の詳細を見る!

無料配送

まとめ

本記事では、ゲーミングノートPCの中でも安い価格でApexをプレイする為に必要な選び方やおすすめから、デスクトップとノートPCどっちが良いのかについて、お伝えしてきました。

改めて、内容をまとめると以下の通りです。

ゲーミングノートPCの安い価格でApexに最適なモデルの選び方

  • 価格は新品「10万円」前後
  • CPUは「Core i5・Ryzen5」
  • グラフィックボードは「GTX16××系」

基本的に、ゲーミングノートPCはデスクトップのサブ機として使用することをおすすめします。しかし、ゲーミングノートPCは、デスクトップには無い圧倒的な取り回しの良さがあるため、自分の使用シーンを考えて最適なモデルを選びましょう!