ゲーミングPCを安い価格に抑えるには自作の方が良い?BTOとの違いは?

ゲーミングPCを探している人の中には「安い価格に抑えるなら自作の方が良い?パソコンの知識が無くても大丈夫?」という人も少なくないのではないでしょうか?

ゲーミングPCは普通のPCやノートパソコンと違いスペックが高く、綺麗なグラフィックや解像度を映し出すためには必須です。

しかし、ゲーミングPCは価格が高いため、安く抑えられると言われる自作にするかBTO(受注生産)にするか悩みますよね。

そこで本記事では、ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作するべきなのか、それぞれのデメリットも踏まえて、自分に最適なゲーミングPCについて、詳しくお伝えしていきます。

ゲーミングPCを安い価格に抑えるには自作した方が良い?

ゲーミングPCを安い価格に抑えるには自作した方が良い?

「ゲーミングPCを安い価格に抑えるには自作した方が良い?」という悩みに対する結論は、以下の通りです。

  • 掛かる金額は自作もBTOもほとんど変わらない
  • 自作PCは一から組み立てる手間がかかる
  • 自作PCの方がパーツの自由度は高い

つまり、ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら「自作一択」ではありません。

それぞれ解説していきます。

掛かる金額は自作もBTOもほとんど変わらない

掛かる金額は自作もBTOもほとんど変わらない

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作ではない理由として、BTOでも自作でも”掛かる金額は大差ない”からです。

むしろ、BTOの方が価格が安い場合も少なくありません

自作する場合はそれぞれのパーツを買う必要があり、パーツによって価格が高騰して、割高で買わないといけなくなる可能性があるからです。

なので、「安い価格に抑える」といく観点から見て、自作の方が安いと言うことはできず、ほとんどの場合「BTOで買うのと金額的な違い」は、ほとんどありません。

上記のことから、ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作ではない理由は、「BTOも自作も最終的にかかる費用に大きな差ない」からです。

自作PCは一から組み立てる手間がかかる

自作PCは一から組み立てる手間がかかる

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作ではない理由の2つ目として、「自作PCは組み立ての手間」があります。

当たり前ではありますが、自作PCの場合はパーツを正しく組み立てる必要があります。

もし、組み立てるパーツを間違えたら起動出来なくなるだけでなく、自分で調べて直す必要があります。

一方で、BTOの場合は、購入すれば届くのを待つだけです。

また、BTOで買う場合は自作PCとは違い、PC初心者でも、ある程度スペックさえ読めればパーツの組み合わせや相性を考える必要もありません。

しかも、万が一起動しないなどの不具合が起きても、保証やサポートを受けられるので簡単に解決できます。

なので、あくまでも、ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら「自作一択ではない」と言えます。

自作PCの方がパーツの自由度は高い

自作PCの方がパーツの自由度は高い

ここまで、ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら「自作一択ではない」と、散々お伝えしてきました。

しかし、自作PCには自由度が高く、個人的にはロマンがあります

例えば、BTOの場合はケースを選ぶことは出来ませんが、自作だと自分好みのカッコ良いケースを選ぶことが出来ます。

それだけでなく、自作PCの方が自分好みの自由なパーツ選びが出来るため、光るパーツを揃えて見た目重視のゲーミングPCにする事も可能です。

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作一択ではありませんが、自作PCは何よりも所有欲が満たされます。

【ゲーミングPC】価格が安い以前に自作は自己責任でハイリスク

【ゲーミングPC】価格が安い以前に自作は自己責任でハイリスク

ゲーミングPCの価格が安い以前に、自作PCがハイリスクな理由は以下の通りです。

  • 自作PCはトラブルが起きても自己責任
  • 初心者の人は組み立てて途中で壊してしまう可能性も

ここでは、ゲーミングPCの中でも安いと言われる「自作」のリスクについてお伝えします。

自作PCはトラブルが起きても自己責任

自作PCはトラブルが起きても自己責任

ゲーミングPCを安い価格に抑えるために自作する以前に、自作は自己責任でハイリスクと言われる理由の1つ目に、「トラブルが起きても自己責任」ということがあります。

自作PCは、故障などのトラブルが起きた際には自分で対処する必要があるため、メーカーによる故障原因の発見、修理などの保証はなく、パーツごとの保証だけになります。

一方、BTOであれば、メーカー保証が付いている場合がほとんどのため、万が一壊れてしまっても、メーカーに郵送するだけで、故障原因を突き止めて修理してくれます。

また、自作PCの場合、故障原因を追究するときも、やってみたら分かりますが、スペアパーツが無いと分からない事が多く、知識の無い人が自作するのはリスキーです。

上記のことから、ゲーミングPCを安い価格に抑えるために自作すること以前に、自作PCはトラブルへの対処が難しいということが挙げられます。

初心者の人は組み立て途中で壊してしまう可能性も

初心者の人は組み立て途中で壊してしまう可能性も

ゲーミングPCを安い価格に抑えるために自作する以前に、自作は自己責任でハイリスクと言われる理由の2つ目に、「組み立て途中で壊してしまう可能性がある」ということがあります。

「そんな訳ないでしょ」という人も少なくないのですが、自作する場合かなり小さなパーツから、手先の器用さが必要なパーツもあります。

特に、CPUのピンは折れやすく、最悪の場合、一度折れたら「数万円が溶けます

心も折れますよね。

CPUのピン折れは、自作PCに慣れている人でも少しのミスで起こることなので、特に初心者の人にはリスクが高いと言えます。

上記のことから、ゲーミングPCを安い価格に抑えるために自作すること以前に、慣れている人でもミスしてしまう組み立ての難しさが挙げられます。

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作とBTOどっちが良い?

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作とBTOどっちが良い?

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作かBTOで悩みますが、結論としては以下の通りです。

  • 安い価格に抑えたい人は「BTO」がおすすめ
  • 自分好みの構成にしたい人は「自作」がおすすめ

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら「BTO」、自分好みにしたいのであれば「自作」

それぞれの理由をお伝えします。

安い価格に抑えたい人は「BTO」がおすすめ

Legion T550i

出典:https://www.lenovo.com/

ゲーミングPCを安い価格に抑えたい人に「BTO」をおすすめする理由は、自作と価格自体はほぼ変わらず、保障やサポートの観点から見ると「BTOの方がむしろ安い」と言えます。

特に、ゲーミングPCを初めて買う「パソコン初心者」に自作のハードルは高く、BTOの方が手軽でハードルも低いからです。

ゲーミングPCを買う目的が「スペックが必要なゲームや仕事をしたい」という人は、特別な理由がない限り「BTOの方がおすすめ」できます。

上記のことから、「ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作とBTOどっちが良いのか」という結論として、「安い価格に抑えるならBTOがおすすめ」です。

値段別のおすすめゲーミングPC

値段別に比較しておすすめなゲーミングPCを知りたい人向けに、

  • 予算10万円で買えるゲーミングPC
  • 予算15万円で買えるゲーミングPC
  • 予算20万円で買えるゲーミングPC
  • 予算30万円で買えるゲーミングPC

上記4つを、「性能の違い・どんな人におすすめか」など、値段による違いを以下の記事で知ることができます。

>>【ゲーミングPC】値段別に性能の目安と予算別おすすめモデルを解説!

自分好みの構成にしたい人は「自作」がおすすめ

自分好みの構成にしたい人は「自作」がおすすめ

ゲーミングPCを自分好みに構成したい人に「自作」をおすすめする理由は、「自由度が無限大にあるから」です。

例えば、BTOでは買えない、ピカピカに光るゲーミングPCにしたいなど、「自分好みの見た目にしたい人」も自作が最適です。

また、見た目にこだわりたい人だけでなく、単純にリスクを承知でも「自作PCを組むのが楽しそう」という物作りが好きな人にも自作がおすすめです。

BTOでは買えない、色鮮やかに光る自作PCは見ているだけでも男心をくすぐりますよね。

上記のことから、「ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作とBTOどっちが良いのか」という結論として、「ゲーミングPCを自分好みに構成したい人は”自作”がおすすめ」です。

ゲーミングPCの自作を考えている人の中でも、特に価格を安く抑えたいと考えている人は、予算10万円で作るゲーミングPCがおすすめです。

予算10万円の自作ゲーミングPCについて詳しくは、≫【ゲーミングPC】自作予算10万円でどのくらい快適にゲームができる?でお伝えしています。

まとめ

本記事では、ゲーミングPCを安く買うなら自作かBTOか、それぞれのメリット・デメリットも踏まえて、おすすめな人の特徴について、詳しくお伝えしてきました。

改めて、内容をまとめると以下の通りです。

ゲーミングPCを安い価格に抑えるなら自作?BTO?

  • 安い価格に抑えたい人は「BTO」
  • 自分好みの構成にしたい人は「自作」

ゲーミングPCはスペックの高さから、ゲームをするだけでなく仕事用として購入する人も少なくありません。

自分の使用用途を考えて、自分が求めている最適なゲーミングPCを選びましょう!