ゲーミングPCの初心者が自作は無理?【結論:初心者でも自作は可能】

ゲーミングPCの初心者が自作は無理?【結論:初心者でも自作は可能】ゲーミングPC

ゲーミングPCを初めて買うという初心者の人の中には、「初めてだけど自作してみたい」と考えている人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、巷では「初心者が自作はやめとけ」といった意見がある為、「ゲーミングPCの初心者に自作は無理なの?」と不安に思っている人も多いですよね。

そこで本記事では、「ゲーミングPCの初心者が自作するのは無理なのか」を自作のリスクから考え、「結局、自作とBTOどちらで買うのが良いのか」について詳しくお伝えしていきます。

ゲーミングPCが無くてもPCゲームができる話

ゲーミングPCは高いですよね。なので、ゲーミングPCを買わなくても、「普通のPC・スマホ・タブレット」など、デバイスを問わずPCゲームを遊べるクラウドゲームの方が手軽かもです。
しかも、ソフトバンクが運営する「GeForce NOW」なら31日間無料でお試しできます。
この機に、無料でPCゲームを遊んでみてゲーミングPCを検討するのも良いですね!

≫ 無料で「GeForce NOW」を31日間お試しする!

【ゲーミングPC】初心者が自作は無理?

【ゲーミングPC】初心者が自作は無理?

ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理なのでしょうか?

結論としては、ゲーミングPC初心者の人であっても自作することは可能であり、そう言える理由として以下の2つが挙げられます。

  • 初心者でも自作は無理じゃない
  • ある程度の知識はYouTubeを見れば分かる

上記の通り、自作PCは正しい知識を身につければ、ほとんどの人が自作できます。

ここからは、ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではない理由について、より詳しくお伝えしていきます。

初心者でも自作は無理じゃない

ゲーミングPCは、初心者の人でも自作することは無理ではなく知識さえあれば可能だと言えます。

「ゲーミングPCを初心者の人が自作する」というのは、自作PCを組んだことのある経験者であっても、誰でも最初は初心者なので、「初心者だから自作できない」ということはありません。

しかし、事前知識もなく自作するのは難しく、パーツの互換性や組み立て方などの基礎的な知識は調べておきましょう。

逆に言えば、下調べさえ怠らなければ、基本的に失敗することは少ないと言えます。

やりたいと思っているのであれば、とりあえずやってみないと進みませんし、「とりあえずやってみる」という姿勢が大切です。

上記のことから、ゲーミングPCを初心者の人が自作することは無理ではなく、誰でも最初は初心者なので「とりあえずやってみる」ことが大切です。

ある程度の知識はYouTubeを見れば分かる

ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではない理由として、「ある程度の知識はYouTubeを見れば分かる」ことが挙げられます。

自作PCの組み立て方やパーツの選び方などの事前知識は、YouTubeで多くの人が解説しており、YouTubeで沢山の動画を見れば自然と知識がついてくることでしょう。

さらに言うと、「自作したいけどスペックに大きな拘りが無い人」はYouTubeで解説している人と全く同じ通りに進めれば失敗はしません。

ただし、注意点としては、パーツの相場や性能の変化は早いため、最新の情報を見るようにしましょう。

特に、価格は頻繁に変動しやすく、買うときには動画より良い選択がある場合もあります。

上記のことから、ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではない理由として、「YouTubeやGoogleで調べれば十分理解できる」からです。

【ゲーミングPC】初心者の自作は無理じゃないがリスクもある

【ゲーミングPC】初心者の自作は無理じゃないがリスクもある

ここまでお伝えしたように、ゲーミングPCを初心者の人が自作するのは無理ではありませんが、リスクがあることは事実です。

具体的に、自作することでどういったリスクがあるのか、まとめると以下の3つが挙げられます。

  • 正常に動かなかったとしても自己責任
  • トラブルが起きても自分で対処しなくてはいけない
  • 少しでも不安があれば「BTO」が手軽でおすすめ

正しい知識を覚えておけば、ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありません。

しかし、メリットの裏にはデメリットも存在します。

正常に動かなかったとしても自己責任

ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、「正常に動かなかったとしても自己責任」です。

例えば、「組み立てている途中でパーツが破損した」、「パーツの相性が悪く正常に動かなかった」といったことも自己責任になります。

もちろん、買い替える必要が出てくると、余計な出費が掛かります

ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、パーツの破損や組み違いは自己責任であり、余計な出費が増えるリスクも大いにあることも事実です。

トラブルが起きても自分で対処しなくてはいけない

ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、リスクもあることを示しているのが「トラブルが起きても自分で対処しなくてはいけないこと」です。

自作PCの組み立て自体は難しくありませんが、自作する上で最も大きな難関となるのが「トラブルへの対処」です。

故障などによって起動しなくなっても、自分で故障原因を見つけて正しく修理する必要があります。

また、原因を推測して新品パーツを買って交換しても、故障原因とは全く関係なく「無駄にお金が掛かる」こともあるため、トラブルが起きた時にはスペアパーツが無いと原因を見つけるのも一苦労です。

上記のことからゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、トラブルへの対処が難しく、なかなか初心者では対応できないことがあることも事実です。

少しでも不安があれば「BTO」が手軽でおすすめ

ここまで一貫して、ゲーミングPCを初心者の人が自作するのは無理ではないとお伝えしてきましたが、少しでも不安がある人は「BTO」で選びましょう

BTOは、完成したパソコンではなく、一人一人の注文を受けてから生産するパソコンです。

自作PCもBTOも、掛かる金額にそこまで大きな違いは無いので、少しでも不安で手軽さを求める人は「BTO」で購入する方がおすすめです。

また、BTOでも、自作PCのようにパーツを選んで「半自作PC」のような感覚で買えるBTOメーカーもあり、自分好みのパーツ構成にすることが可能ですが、組み立てはすべてプロが行ってくれるので安心です。

さらに、BTOメーカーによる「半自作PC」なら、相性問題が起きる心配も、万が一の故障の際にもしっかり対応して貰えるので、初心者の人も安心して購入できます。

上記のことから、ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、「失敗したくない」「トラブルの対処が面倒」という人は、半自作が可能な「BTOメーカー」がおすすめです。

【ゲーミングPC】初心者は自作とBTOどっちが良い?

【ゲーミングPC】初心者は自作とBTOどっちが良い?

「結局、ゲーミングPCを初心者が自作するのとBTOどっちが良いの?」に対する結論としては、以下の通りです。

  • 自作に挑戦したい人は「自作」がおすすめ
  • 自作に不安がある人は「半自作」のBTOメーカーがおすすめ

自作もBTOも、メリット・デメリットはあります。

ゲーミングPCは初心者でも自作するのは無理ではありませんが、「自作」か「BTO」どちらが適しているか解説します。

自作に挑戦したい人は「自作」がおすすめ

ゲーミングPC初心者だけど、どうしても自作に挑戦したい人は「自作」してみることがおすすめです。

例え、初心者の人であっても自作PCを組み立てること自体は難しくないので、下調べをしつつ落ち着いてやれば出来ます。

また、分からないことがあっても、YouTubeやGoogleで調べれば、ある程度のことは解決できますし、最悪、近くにBTOショップがあれば店員さんに聞けば解決できます。

なので、「ゲーミングPCを初心者だけど自作に挑戦したい!」という人は、知識を学びながら思い切ってやってみましょう。

ゲーミングPC初心者の人で、自作に挑戦したいと考えていて予算的に安い価格に抑えたいと考えている人は、予算10万円ほどが最適です。

予算10万円で自作ゲーミングPCを作る場合のおすすめ構成については、≫【ゲーミングPC】自作予算10万円でどのくらい快適にゲームができる?で詳しくお伝えしています。

一方、予算はあまり気にせず144fpsで快適にゲームをプレイしたい人は、予算15万円ほどでゲーミングPCを自作するのが最適です。

自作に不安がある人は「半自作」のBTOメーカーがおすすめ

ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、「やっぱりトラブルが不安」という人は、半自作のBTOメーカーで買うのがおすすめです。

少し自作に不安を感じている人も、「半自作」が可能なBTOメーカーで購入すれば、自分好みのパーツ構成にしたり、見た目のカッコ良いケースのゲーミングPCを自分で組み立てなくても購入できます。

また、「半自作」なので、豊富なパーツの種類から好みのパーツを選んでオーダーできるので、他のBTOメーカーで買うよりも自作PCの雰囲気があり、非常に満足できることでしょう。

そのため、ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、トラブルや組み立てが面倒という人は「半自作」のBTOメーカーがおすすめです。

ゲーミングPCが無くてもPCゲームができる話

ゲーミングPCは高いですよね。なので、ゲーミングPCを買わなくても、「普通のPC・スマホ・タブレット」など、デバイスを問わずPCゲームを遊べるクラウドゲームの方が手軽かもです。
しかも、ソフトバンクが運営する「GeForce NOW」なら31日間無料でお試しできます。
この機に、無料でPCゲームを遊んでみてゲーミングPCを検討するのも良いですね!

≫ 無料で「GeForce NOW」を31日間お試しする!

【ゲーミングPC】初心者で自作が不安な人におすすめなメーカー

ここからは、ゲーミングPCの初心者で自作が不安な人に「半自作」が可能なおすすめメーカーとして、以下の2つを紹介していきます。

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

パソコンショップSEVEN

パソコンショップSEVEN

出典:パソコンショップSEVEN

ゲーミングPCの初心者で自作が不安な人に「半自作」が可能なおすすめメーカーとして、1つ目は「パソコンショップSEVEN」であり、主な特徴は以下の通りです。

  • プロの手によって1台ずつ丁寧に組み立てられている
  • 事前にチェックされており、相性問題の心配は一切なし
  • 安心の国内生産、国内サポート

上記の通り「パソコンショップSEVEN」は、10年以上の経験を持つプロの手によって1台ずつ丁寧に組み上げられており、非常に高品質な理想のゲーミングPCを購入できます

また、事前に相性問題によって正常に動作しないことをチェックし、相性に問題がないパーツ構成しか選択できないように設定されている為、相性問題の心配は一切ありません。

さらに、全てのPCを東京・秋葉原にて1台1台、丁寧に生産されており、国内サポートも充実しているため、初めてゲーミングPCを買う初心者の人も安心できます。

そして、豊富なパーツの種類からカスタマイズできるので、自作PCのパーツを選ぶ感覚でゲーミングPCをオーダーでき、見た目のカッコ良いケースもカスタマイズ可能です。

上記のことから、ゲーミングPCの初心者で自作が不安な人に「半自作」が可能なおすすめメーカーとして「パソコンショップSEVEN」が挙げられます。

今すぐ「パソコンショップSEVEN」で半自作PCを買う!

サイコム(@Sycom)

サイコム

出典:サイコム

ゲーミングPCの初心者で自作が不安な人に「半自作」が可能なおすすめメーカーとして、2つ目は「サイコム(@Sycom)」であり、主な特徴は以下の通りです。

  • 選べるパーツの数が豊富で自作PCと変わらない
  • 個々のパーツで詳細を確認できるので知識が少なくても安心
  • 相性問題を心配することなく好みのパーツ構成にできる
  • 1人1台の担当制で細部までこだわって組み立てられている

上記の通り「サイコム(@Sycom)」は、選べるパーツの種類が豊富にあり、一人ひとりのニーズに応えられるので、自作でしか実現できないパーツ構成でもサイコムなら実現可能です。

また、カスタマイズページには個々のパーツで詳細を確認できるようになっており、パーツごとの知識が少ない初心者の人でも理解しやすく、安心して購入できます。

相性問題についても、事前に相性に問題が無いかチェックされている為、相性問題を心配することなく好みのパーツ構成で購入できます。

さらに、1人1台の担当制で組み立てられていて、特に美しいケーブルの配線や、ユーザーが増設する際のことが考えられた「再利用可能なケーブルタイ」など、細部へのこだわりと高い品質が溢れています

上記のことから、ゲーミングPCの初心者で自作が不安な人に「半自作」が可能なおすすめメーカーとして「サイコム(@Sycom)」が挙げられます。

今すぐ「サイコム(@Sycom)」で半自作PCを買う!

まとめ

本記事では、「ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理?」という悩みに対して、初心者が自作するのは無理ではない理由やリスクから、自作とBTOどちらが良いのか、自作が不安な人におすすめのメーカーについて、詳しくお伝えしてきました。

改めて、内容をまとめると以下の通りです。

  • 自作に挑戦したい人は「自作」
  • 自作に不安がある人は「BTO」

ゲーミングPCを初心者が自作するのは無理ではありませんが、自分に適したパソコンを作る楽しさがあることも事実です。

自分がパソコンを購入する目的に合った方を選びましょう!