【ゲーミングPC】初心者向け!安い価格で買う方法とデメリットは?

【ゲーミングPC】初心者向け!安い価格で買う方法とデメリットは?ゲーミングPC

ゲーミングPCの購入を考えている初心者の人の中には、

  • とにかく安い価格で購入したい!
  • 安く買いたいけど、安すぎると不安

といった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

ゲーミングPCは、通常の据え置きゲーム機に比べて価格が高いため、なるべく安い価格に抑えて購入したいですよね。

そこで本記事では、ゲーミングPCの購入を考えている初心者の人向けに安い価格に抑えて買う方法と、安い価格で買うデメリットを詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

【ゲーミングPC】初心者向け!安い価格に抑えて買う方法

ゲーミングPC 中古 デメリット

ゲーミングPCの初心者向けに安い価格に抑えて購入する方法として、以下の3つが挙げられます。

  • 中古ゲーミングPCを購入する
  • ゲーミングPCを自作する
  • BTOメーカーで一番安いゲーミングPCを買う

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

中古ゲーミングPCを購入して安い価格に抑える

ゲーミングPC初心者の人が安い価格に抑えて購入する方法として、「中古ゲーミングPCを買う」という選択肢もあります。

ただ、結論からお伝えすると、初心者の人が安い価格に抑えようと中古のゲーミングPCのを購入することはおすすめしません。

理由は非常に簡単で「いつ壊れるか分からない」からです。

もちろん、ゲーミングPC初心者の人が安い価格に抑える方法として中古も一つの手ですが、デメリットだらけです。

では、実際に筆者が中古ゲーミングPCを購入して失敗した体験談をお伝えしていきます。

中古ゲーミングPCを購入して失敗した話

これは筆者が経験した失敗談ですが、とある中古ショップでゲーミングPCをモニター込みで3万3000円という破格で購入したことがありました。

ですが、これが大失敗で、2週間経過すると以下のような不具合が発生しました。

  • フリーズが頻繁に起きてしまう
  • ゲームの動作が重く、カクカクになってしまう
  • 最終的には電源は入るのにモニターに映像が映らない

結果的に部品交換を行っても不具合は改善はされず、最終的に新品のゲーミングPCと変わりない金額を出してしまう事になりました。

中古を買う場合のリスクを把握する

全ての中古ゲーミングPCが、すぐ壊れてしまうわけではないですが、故障のリスクは新品よりも遥かに高くなります。

中古品やワケあり商品、ジャンク品を購入する方は、経験豊富で専門知識もありリスクを承知、納得して購入する方が殆どです。

店舗によっては返品不可のところもあるので、ゲーミングPC初心者さんの場合は安い価格に抑える為とは言え、絶対におすすめ出来ません。

ゲーミングPCを自作して安い価格に抑える

ゲーミングPC初心者の人が安い価格に抑えて購入する方法として、「ゲーミングPCを自作する」という選択肢もあります。

実はゲーミングPCを自作すること自体はそこまで難しくはありませんし、YouTubeなどで詳しい解説動画を参考にすれば簡単に組み立てられます。

しかし、問題は「故障した時に知識がないと修理ができない」ということです。

自作したゲーミングPCが壊れた場合には、自分で故障原因を調べ、故障個所のパーツを交換するなど対処をして修理しなければいけません。

なので、ゲーミングPC初心者の人にとって、安い価格に抑えられるとは言え、ゲーミングPCを自作することは少しハードルが高いです。

また、ゲーミングPCを自作しても価格を抑えられても1・2万円なので、ゲーミングPC初心者の人は保証やサポートがあるメーカー製がおすすめです。

結論:ショップで一番安いゲーミングPCを買う

ゲーミングPC初心者の人で安い価格で購入したい場合は、「ショップで一番最安のゲーミングPC」を買うことが一番安心でおすすめです。

メーカー製であれば、保証やサポートなどもしっかりしていて、初めてゲーミングPCを買う初心者にとっては最適と言えます。

中古ゲーミングPCよりも中の部品の品質もしっかりしていますし、最新パーツで構成されている為、最安モデルでも十分な性能があります。

メーカーといっても、特にゲーミングPCを専門的に取り扱っている以下のようなゲーミングPCメーカーがおすすめです。

ゲーミングPCに強いメーカー以外での購入はおすすめ出来ない

ゲーミングPC初心者の人は、安い価格に抑えるにはショップで一番安いモデルがおすすめですが、以下のようなショップでの購入はおすすめ出来ません。

  • Amazon、楽天市場
  • 大手家電量販店
  • 一般PCメーカー

家電量販店は、パソコンの専門店ではなく金額的にも10万円以上するパソコンを取り扱っていますが、ゲームが出来る性能はありません。

また、ゲーミングPCに関して知識のある店員さんが少なく、質問をしても「メーカーに問い合わせないとわからない」と返答されることもありました。

さらに、Amazonや楽天市場などでも購入することも出来るのですが、やはり中古も多く非常にリスクもあります。

なので、ゲーミングPC初心者の人は前述したようなメーカーで購入されることをおすすめします。

【ゲーミングPC】初心者向け!安いモデルのデメリットは?

ゲーミングPC初心者 中古デメリット

ゲーミングPC初心者の人が安い価格に抑えて購入したい気持ちも分かりますが、購入の前にデメリットも把握しておく必要があります。

安いゲーミングPCのデメリットとしては、以下のことが挙げられます。

  • 144FPSでのプレイは難しい
  • 将来性が低く、すぐに性能不足を感じるかも

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

安いゲーミングPCで144FPSでのプレイは難しい

ゲーミングPC初心者の人で、安い価格に抑えて購入するデメリットとして、「144FPSでのプレイは難しい」ことが挙げられます。

ゲーミングPC初心者に人の中で、144FPSでゲームを快適にプレイしたいと考えている人は、安い価格に抑えることは諦めてください。

理由は簡単で、144FPSでの快適なプレイ環境を求める場合、性能の高いゲーミングPCが必要になり、性能が高くなると価格も高くなるからです。

なので、ゲーミングPC初心者の人で、安い価格に抑えて144FPSでのゲーム環境を求めている人は難しいということを把握しておきましょう。

ただ、安いゲーミングPCでも60FPS以上は安定して出せるので、快適にゲームをプレイすることは可能です。

ゲーミングPCに求められるFPSの数値

ゲーミングPCになると以下の数字が主流になります。

  • 60FPS・・・PS4と同じで最低限レベル
  • 144FPS・・・滑らかな映像で快適にゲームが出来る。
  • 240FPS・・・現状最強のゲーム環境でプロ選手達と同等レベル

上記のFPSはフレームレートの数値であり、この数値が高いほど滑らかな映像になる為非常に快適にゲームをプレイすることが出来ます。

特に、動きの激しいシューティングゲームや、バトロワゲームでは、FPSの数値が高いほど有利になります。

プロゲーマーの方は特にFPSを意識しており、FPSの違いが勝率に大きく影響するとも言われている為、非常に大切な要素です。

安いゲーミングPCは将来性が低く、すぐに性能不足を感じるかも

ゲーミングPC初心者の人で、安い価格に抑えて購入するデメリットとして、「将来性が低く、すぐに性能不足を感じる」可能性が高いことが挙げられます。

パソコン関連の業界は進歩が速い為、現状最高性能であっても、2年後の最新モデルと比較すると2分の1の性能しかないという現象が起きます。

なので、最新モデルが出る度に性能が向上していき、最新モデルの性能に合わせてゲームも設計されるので、古いモデルはどんどん性能が下がっていきます。

特に、安い価格のモデルでは、性能不足を感じるタイミングが早く、買い替えのタイミングも早まるので将来性が低いと言わざるを得ません。

なので、ゲーミングPC初心者の人は安い価格に抑えて購入すると、性能不足を感じるタイミングが早いので将来性が低いというデメリットがあります。

Amazonで「最大2.5%」もお得にお買い物する方法!

普段からAmazonを利用していると「もっとお得にお買い物できれば…」と思う人も多いのではないでしょうか?そんな人に朗報です!

実はAmazonでお買い物をする時に、「最大2.5%もお得にお買い物できる方法」があるんです!

その方法は、以下の支払い方法で「Amazonギフトにチャージ」するだけで、最大2.5%のポイントを獲得できます!

  • コンビニ(現金)
  • ATM
  • ネットバンキング

「Amazonギフト券」といっても自分で利用でき、感覚としては「電子マネーにチャージする感じ」です!

もちろん、プライム会員では無い通常会員様もAmazonギフトチャージによる「ポイント還元」を受けることが可能です!

ただし、今ならプライム会員の人に限り、初回のAmazonギフトチャージで「1,000円分のポイント」を獲得できます!

まとめ

本記事では、ゲーミングPCの購入を考えている初心者の人向けに安い価格に抑えて買う方法と、安い価格で買うデメリットを詳しくお伝えしてきました。

改めて、安い価格に抑えて買う方法をまとめると、

  • 中古ゲーミングPCを購入する
  • ゲーミングPCを自作する
  • BTOメーカーで一番安いゲーミングPCを買う

上記の3つの方法がありますが、一番おすすめはメーカーで一番安いゲーミングPCを買うことでした。

また、安い価格のゲーミングPCを買うデメリットとしては、

  • 144FPSでのプレイは難しい
  • 将来性が低く、すぐに性能不足を感じるかも

ということが挙げられます。

ただ、安いゲーミングPCを買ってはいけない、ということではなく、メリットとデメリットを把握して納得した上で購入することが重要です。

初心者の内は色々と不安な事もあるとは思いますが、情報をしっかり把握して少しでも楽しいゲームライフが過ごせるようにしていきましょう。

コメント