【ゲーミングPC】Apexで144fps出せるおすすめモデル3選!

【ゲーミングPC】Apexで144fps出せるおすすめモデル3選!ApexLegendsにおすすめ

ゲーミングPCでApexをプレイしたい人の中には「144fpsで遊びたいけど選び方が分からない」という人も少なくないのではないでしょうか?

ゲーミングPCは家庭用ゲーム機と比べて圧倒的な性能差があり、動作が重いゲームをヌルヌル動かすことが出来ます。特にPS4から144fps出せるゲーミングPCに移行した人は、その差に歴然とするはずです。

そこで本記事では、ゲーミングPCの中でもApexを144fpsでプレイするべき理由から、144fps出せるモデルの選び方やおすすめについて、詳しくお伝えしていきます。

【ゲーミングPC】Apexで144fps出せるおすすめモデル

さっそくですが、ゲーミングPCの中でもApexで144fps出せるおすすめモデルとして、以下の3つを紹介していきます。

Apexを144fpsでプレイするべき理由や、具体的な選び方については、この後詳しくお伝えしています。

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

価格を抑えつつ144fpsでプレイしたい人は「FRGXB460/WS8」

FRGXB460/WS8

ゲーミングPCの中でもApexを144fpsで快適にプレイできるおすすめモデルとして、1つ目は「FRGXB460/WS8」であり、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i7-10700F
メモリ16GB
グラフィックボードGTX1660 SUPER
ストレージ容量1TB NVMe SSD+2TB HDD
価格120,780円(税込)
  • 税込12万円前後の安い価格
  • ApexLegendsを144fpsで快適にプレイできる高い性能
  • 大容量のNVMe SSD+大容量HDD搭載とストレージが充実
  • 高画質設定にして144fps安定で快適なプレイは難しい
  • コスパは次に紹介する「Lenovo Legion T550i」に劣る

上記の通り「FRGXB460/WS8」は、Apexを144fpsで快適にプレイできる高い性能がありながら、価格は税込12万円前後とかなり安い価格に抑えられます。

Apex以外の他のゲームでも、設定次第では144fpsで快適にプレイできるので、安い価格に抑えつつ高いフレームレートを出せるゲーム環境が欲しい人に最適です。

また、「1TB」と大容量で超高速なNVMe SSDを搭載している為、PCの起動やゲームの起動など、あらゆる動作でストレスを感じることは無く、耐久性も非常に高いです。

さらに、メモリも「16GB」を搭載しているので、「メモリ不足によって高いフレームレートが出ない」といったボトルネックの心配はありません

上記のことから、「FRGXB460/WS8」はApexを144fpsで快適にプレイする為の条件を満たしており、価格も抑えられます。

\安い価格に抑えつつ144fpsでプレイできる/

今すぐ「FRGXB460/WS8」の詳細を見る!

\分割で月々3,400円(1日約113)で購入可能/

144fps安定でApexがしたい人は「Lenovo Legion T550i(RTX2060)」

Lenovo Legion T550i

ゲーミングPCの中でもApexを144fpsで快適にプレイできるおすすめモデルとして、2つ目は「Legion T550i(RTX2060)」であり、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i7-10700
メモリ16GB
グラフィックボードRTX2060
ストレージ容量2TB HDD+256GB SSD
価格240,680円税込127,560円Eクーポン適用後
  • Apexを高画質にしても144fps安定でプレイできる
  • i7+RTX2060で高性能なのに税込13万円を下回る低価格
  • 2TB HDD+256GB SSDでストレージも充実
  • 納期が1週間と少し時間がかかる

上記の通り「Legion T550i(RTX2060)」は、前述したモデルよりも、更にApexを144fps安定で快適にプレイできる高い性能がある上に、価格は13万円切りと破格の安さを誇ります。

通常「i7+RTX2060」というスペックとなると、価格は「税込15万円以上」がほとんどですが、「Lenovo Legion T550i」の価格は遥かに下回る驚異のコスパです。

また、メモリ容量も「16GB」と十分ですし、ストレージ容量も「2TB HDD+256GB SSD」と充実していて、これほど高性能なゲーミングPCが13万円以下で買えることはありません!

ただ、納期が1週間と少し時間が掛かってしまうことは欠点ですが、このスペックで13万円以下という安い価格で購入できることは、他のゲーミングPCではまずあり得ません

なので、多少納期に時間が掛かっても、絶対に買って後悔はありません。

\安い価格で最高のゲーム環境が手に入る/

今すぐLegion T550i(RTX2060)の詳細を見る!

\分割で月々2,600円(1日約86円)から購入可能!/

高画質で144fps安定させたい人は「Lenovo Legion T550i(RTX3070)」

Lenovo Legion T550i

ゲーミングPCの中でもApexを144fpsで快適にプレイできるおすすめモデルとして、3つ目は「Lenovo Legion T550i(RTX3070)」であり、具体的な構成は以下の通りです。

CPUIntel Core i7-10700
メモリ16GB
グラフィックボードRTX3070
ストレージ容量2TB HDD+512GB SSD
価格317,680円税込174,724円Eクーポン適用後
  • Apexを超高画質設定にしても144fpsで快適にプレイできる
  • 設定次第では240fpsでのプレイも可能
  • i7+RTX3070で高性能なのに税込20万円以下という驚異のコスパ
  • 2TB HDD+512GB SSDと高速で充実したストレージ
  • 残念ながら予算10万円・15万円以下で探している人には向かない

上記の通り「Legion T550i(RTX3070)」は、決して安いとは言えませんが、Apexを超高画質設定にしても144fpsで安定して快適にプレイできる高い性能があります。

さらには、設定次第では、Apexを240fpsで快適にプレイできる性能があり、他のほとんどのゲームでも144fps以上はもちろん240fpsでのプレイが可能です。

これほど高性能なゲーミングPCが税込20万円以下は破格の安さであり、驚異のコスパを誇ります。

通常「i7+RTX3070」というスペックとなると、他社のゲーミングPCでは「税込20万円以上」がほとんどですが、「Legion T550i(RTX3070)」は2万円以上もお得に購入できます。

2万円以上もお得に購入できれば、240Hzモニターなどの周辺機器にお金をかけることが可能であり、より快適なゲーム環境に整えることが可能です。

決して「安い価格」とは言えませんが、これほど高性能でコスパの高いゲーミングPCは他に無いので、買って絶対に後悔しないモデルです。

予算が足りないという人も、分割での購入も可能なので、是非「Legion T550i(RTX3070)」を購入して、最高に快適なゲーム環境を手に入れてください。

\Apexを超高画質設定でも144fpsでプレイできる/

今すぐ「Legion T550i(RTX3070)」の詳細を見る!

\分割で月々3,600円(1日約120円)から購入可能!/

ゲーミングPCが無くてもApexが遊べる話

ゲーミングPCは最低でも10万円以上と値段が高いですが、クラウドゲームの「GeForce NOW」なら無料であなたのスマホやノートパソコンがゲーミングPCに早変わりです。

しかも、無料のフリープランが用意されていて、どれだけ遊んでも0円なので、無料でゲーミングPCが手に入るも同然です!
登録も簡単でクレジットカードは必要ありません。

あなたはゲーミングPCを買いますか?それとも0円の「GeForce NOW」でPCゲームを遊びますか?

\ゲーミングPCは0円の時代です!/

GeForce NOW 広告素材

今すぐ0円のゲーミングPCで遊ぶ!

\登録にクレジットカードは必要ありません!/
無料のフリープランはいつまで登録できるか分からないのでお早めに!

【ゲーミングPC】Apexを144fpsでプレイするべき理由

【ゲーミングPC】Apexを144fpsでプレイするべき理由

ゲーミングPCにおいて、Apexを144fpsでプレイするべき理由は、以下の通りです。

  • フレームレートが低いほど近距離での撃ち合いが不利になる
  • 動きの速い敵を視認しやすくなる
  • 高ランク帯では勝てなくなるから
  • PC版なら60fps以上でプレイしないと勿体ないから

日本で大流行している人気ゲーム「ApexLegend」はゲーム展開も早く、144fps出せないと、かなり苦戦します。

ゲーミングPCの中でも人気なApexを144fpsでプレイするべき理由について、お伝えしていきます。

フレームレートが低いほど近距離での撃ち合いが不利になるから

ゲーミングPCにおいて、Apexを144fpsでプレイするべき理由の1つ目は、「60fps程度だと近距離での撃ち合いが不利になるから」です。

Apexでは、戦闘のほとんどが近距離戦であり、「60fps」などフレームレートが低いと敵を視認しづらく、近距離戦で敵を見失いやすくなります。

また、「ジブラルタル」の戦術アビリティによる「ドームファイト」では、ドームから一瞬だけ出てくる敵に対してダメージを入れる必要がありますが、60fpsだと画面がカクカクして弾を当てることが難しくなります

他にもフレームレートが理由で負けるケースは多いため、「144fpsでプレイしただけで勝率が上がる」ことも少なくありません。

上記のことから、ゲーミングPCでApexを144fpsでプレイするべき理由として、「フレームレートが低いと激しい撃ち合いに撃ち負ける事が多いから」です。

動きの速い敵を視認しやすくなる

ゲーミングPCにおいて、Apexを144fpsでプレイするべき理由の2つ目は、「動きの速い敵を視認しやすくなるから」です。

「144fpsだとヌルヌル動く」という表現を聴いたことがある人は少なくないのではないでしょうか?

実際に、「144fps」などフレームレートが高いほど滑らかに映るので、敵を視認しやすくなり、正確に敵を狙うことができるようになります。

また、Apexは他のFPS系のゲームと比べてキャラクターの動きが速く、敵にエイムを合わせ続けるのが難しいゲームです。

特に、「スライディング」や「ジップライン」を使っている敵に対しては、フレームレートが低いと弾を当てることすら難しいです。

さらに「オクタン」や「バンガロール」などが加われば、エイムを合わせ続けるのは一筋縄ではいきません。

そんな時に、「144fps」などの高いフレームレートでプレイすれば、敵が視認しやすくなり、ティアリングも減るので敵にダメージを与えやすくなります。

上記のことから、ゲーミングPCでApexを144fpsでプレイするべき理由として、Apexはキャラクターの動きが早いため、フレームレートが低いと弾を当て続けることは難しいからです。

高ランク帯では勝てなくなるから

ゲーミングPCにおいて、Apexを144fpsでプレイするべき理由の3つ目は、「高ランク帯では太刀打ちできないから」です。

ゲーム内ランクシステムの「プラチナ」や「ダイヤ」帯以降は、様々なテクニックを使って被弾しないように工夫して戦う人が沢山います。

そのため、フレームレートが低いと画面がカクカクして、敵を追い続けることが難しくなります

また、高ランク帯にいるほとんどの人は、144fps以上出せる環境でプレイしており、PC版のApexで、60fpsなどの低いフレームレートで勝率を上げる事は難しくなります。

上記のことから、ゲーミングPCの中でもApexを144fpsでプレイするべき理由として、高ランク帯はほとんど144fpsが当たり前だからです。

PC版なら60fps以上でプレイしないと勿体ないから

ゲーミングPCにおいて、Apexを144fpsでプレイするべき理由の4つ目は、「PC版の場合60fps以下で戦うのは勿体ないから」です。

ゲーミングPCでゲームをプレイする以上、「60fps以上でプレイできる」というPC版の特権を活かさないと勿体ないです。

せっかくの性能を使用せずに「60fpsでも問題ない」という人は、PS4でプレイした方がコスパは良くなるので、PCでプレイするメリットが少なくなります。

また、60fpsから144fpsに切り替えた時の差は劇的に違うため、一度店頭に足を運んで144fpsを試してみることをおすすめします。

上記のことから、ゲーミングPCでApexを144fpsでプレイするべき理由として、PC版で144fpsプレイしないとメリットが少なくなるからです。

【ゲーミングPC】Apexで144fps出せるモデルの選び方

【ゲーミングPC】Apexで144fps出せるモデルの選び方

ゲーミングPCのApexで144fps出せるモデルの選び方は、以下の通りです。

  • CPUは「Core i5・Ryzen5」搭載モデルで選ぶ
  • グラフィックボードは「GTX1660SUPER」以上で選ぶ
  • メモリ容量は「16GB以上」がおすすめ

Apexをプレイするだけであれば、最低限のモデルを選べば十分です。

ゲーミングPCのApexを144fpsでプレイするべき理由について、詳しくお伝えしていきます。

CPUは「Core i5・Ryzen5」搭載モデルで選ぶ

ゲーミングPCの中でも、Apexで144fps出せるモデルの選び方として、1つ目はCPUは「Core i5・Ryzen5」で選ぶことが挙げられます。

「Core i5・Ryzen5」なら、144fps以上のフレームレートが出せる高い性能がある上に価格も安く抑えられます。

また、144fps出すために必要なグラフィックボードの性能をフルに発揮できるため、ボトルネックになる事もありません。

しかし、240fps以上を考えている場合は、グラフィックボードの性能が高くてもボトルネックとなる可能性があるため、GPU本来の性能を発揮することは出来ません。

なので、ゲーミングPCの中でもApexで144fps出せるモデルの選び方として、CPUは「Core i5・Ryzen5」で選ぶことが重要になります。

グラフィックボードは「GTX1660SUPER」以上で選ぶ

ゲーミングPCの中でも、Apexで144fps出せるモデルの選び方として、2つ目はグラフィックボードは「GTX1660SUPER」以上から選ぶことが挙げられます。

ゲーム性能を決める中でも最も重要なパーツと言えるのがグラフィックボード、通称「グラボ」です。

グラボは「GTX1660SUPER」ならApexを144fpsでプレイできる上に、予算が10万円前後でも十分買えるので、安い価格に抑えたい人にも最適です。

しかし、予算に余裕がある人は「RTX2060」搭載モデルにしておくと、高い画質設定でも144fpsを安定してプレイできるので、予算がある人は「RTX2060」搭載モデルがおすすめです。

なので、ゲーミングPCの中でもApexで144fps出せるモデルの選び方として、グラフィックボードは「GTX1660SUPER」以上で選ぶことが重要になります。

メモリ容量は「16GB」がおすすめ

ゲーミングPCの中でも、Apexで144fps出せるモデルの選び方として、3つ目はメモリ容量は「16GB」以上がおすすめです。

メモリ容量は最低でも「16GB」は無いと、144fps以上のフレームレートを安定して出すことは難しくなります。

また、フレンドとボイスチャットをしながらプレイする場合、メモリが「8GB」だと確実にメモリ不足になります。

そのため、Apexを144fpsで快適にプレイするには、メモリ容量は「16GB」が最適です。

なので、ゲーミングPCの中でもApexで144fps出せるモデルの選び方として、メモリは「16GB」以上で選ぶことが重要になります。

まとめ

本記事では、ゲーミングPCの中も人気ゲーム「Apex」を144fpsでプレイするべき理由から、144fps出せるモデルの選び方やおすすめモデルについて、詳しくお伝えしてきました。

改めて、内容をまとめると以下の通りです。

ゲーミングPC版やPS4で大人気ゲーム「Apex」で勝ち続けるには、ゲーム環境を整える事は必須と言えます。144fps出せるゲーミングPCを使って、快適かつ勝てるゲーム環境を作りましょう!

ゲーミングPCが無くてもApexが遊べる話

ゲーミングPCは最低でも10万円以上と値段が高いですが、クラウドゲームの「GeForce NOW」なら無料であなたのスマホやノートパソコンがゲーミングPCに早変わりです。

しかも、無料のフリープランが用意されていて、どれだけ遊んでも0円なので、無料でゲーミングPCが手に入るも同然です!
登録も簡単でクレジットカードは必要ありません。

あなたはゲーミングPCを買いますか?それとも0円の「GeForce NOW」でPCゲームを遊びますか?

\ゲーミングPCは0円の時代です!/

GeForce NOW 広告素材

今すぐ0円のゲーミングPCで遊ぶ!

\登録にクレジットカードは必要ありません!/
無料のフリープランはいつまで登録できるか分からないのでお早めに!