【ゲーミングPC】予算30万以下で買えるおすすめモデル3選!

ゲーミングPCを探している人の中には「予算30万円で買えるPCのスペックはどれくらい?」「パーツは何を選べばいい?」という人も少なくないのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、ゲーミングPCは予算が30万あれば、最高なスペックを組むことが出来ます。最高なスペックを組むことが出来たら、少なくとも低スペックで戦っている人よりは有利に立ち回ることが可能になります。

そこで本記事では、ゲーミングPCの予算30万で買えるモデルの性能から、パーツ構成の選び方や、おすすめモデルについて、詳しくお伝えしていきます。

【ゲーミングPC】予算30万で買えるモデルの性能はどのぐらい?

【ゲーミングPC】予算30万で買えるモデルの性能はどのぐらい?

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの性能は、以下の通りです。

  • 「240fps」で快適にプレイできる
  • 「4K・高画質」でも快適にゲームをプレイできる
  • ゲームをプレイしながら快適にライブ配信も可能

冒頭でもお伝えした通り、予算30万から選べば現時点での超高性能なゲーミングPCを揃えることが出来るため、最高のゲーム環境を手にできます。

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの性能について、詳しく解説していきます。

ほとんどのゲームを「240fps」で快適にプレイできる

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの性能の特徴として、1つ目は「ほとんどのゲームを240fpsで快適にプレイできることが挙げられます。

「240fps」とは、1秒間に240枚の描画を切り替えることが出来るため、いわゆる「ヌルヌルした映像」を楽しむことが出来ます。

予算20万円で買えるゲーミングPCでも240fpsでプレイすることは可能ですが、画質設定をかなり下げる必要があります。

しかし、予算30万程度のゲーミングPCであれば、画質を高い水準でキープしたまま、最高のリフレッシュレートでプレイすることが出来ます。

また、ゲームによってはWQHD以上の解像度でも240fpsが可能なので、フルHD以上の144hzモニターを買っても性能をフルに発揮することが可能です。

なので、綺麗な画質にしても240fpsで快適にゲームをプレイしたい人は、ゲーミングPCの中でも予算30万で選ぶことをおすすめします。

「4K・高画質」でも快適にゲームをプレイできる

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの性能の特徴として、2つ目は「4K・高画質でもゲームを快適にプレイできる」ことが挙げられます。

4Kかつ高画質設定でゲームを動かす場合は、かなりハイスペックなモデルが必要ですが、予算30万のゲーミングPCなら余裕で快適にプレイできます。

その為、240fpsといった高いフレームレートよりも、綺麗な映像でゲームを楽しみながら快適にプレイしたい人に最適です。

なので、「240fps」といった高いフレームレートは求めず、4K・高画質という綺麗な映像でゲームを楽しみたい人にも、ゲーミングPCを予算30万で選ぶことをおすすめします。

ゲームをプレイしながら快適にライブ配信も可能

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの性能の特徴として、3つ目は「ゲームをプレイしながら快適にライブ配信もできる」ことが挙げられます。

ゲームをプレイ中にライブ配信をする場合、ゲームのフレームレートが落ちて快適にプレイできない場合があります。

しかし、予算30万のゲーミングPCなら、ライブ配信中でもストレスなく高いフレームレートを維持したままプレイできます。

また、フレームレートを高く維持しておくことで視聴者の人も違和感なく楽しめるため、ライブ配信をする可能性がある人は30万円の予算は必須です。

なので、ライブ配信をやりたいと考えている人は、自分も、見てくれる人にも、快適さを求めるなら予算30万のゲーミングPCを買って間違いないのでおすすめです。

ゲーミングPCが無くてもPCゲームができる話

ゲーミングPCは最低でも10万円以上と値段が高いですが、クラウドゲームの「GeForce NOW」なら無料であなたのスマホやノートパソコンがゲーミングPCに早変わりです。

しかも、無料のフリープランが用意されていて、どれだけ遊んでも0円なので、無料でゲーミングPCが手に入るも同然です!
登録も簡単でクレジットカードは必要ありません。

あなたはゲーミングPCを買いますか?それとも0円の「GeForce NOW」でPCゲームを遊びますか?

\ゲーミングPCは0円の時代です!/

GeForce NOW 広告素材

今すぐ0円のゲーミングPCで遊ぶ!

\登録にクレジットカードは必要ありません!/
無料のフリープランはいつまで登録できるか分からないのでお早めに!

【ゲーミングPC】予算30万で買えるモデルの構成は?選ぶ際のポイント!

【ゲーミングPC】予算30万で買えるモデルの構成は?選ぶ際のポイント!

ここからは、ゲーミングPCの中でも予算30万円で買えるモデルを選ぶ際に指標となるパーツ構成と選ぶ際のポイントについて詳しくお伝えしていきます。

基本的に、ゲーミングPCの性能として重要な部分が「CPU・GPU・メモリ」であり、予算30万のモデルとなると構成の自由度が増すため種類が多くなります。

これらのことを踏まえて、ゲーミングPCの中でも予算30万のモデルの構成は以下の通りです。

パーツ名おすすめ構成備考
CPUCore i9・Ryzen9ハイエンドCPUを搭載。9900Kよりも価格が安い
GPU①RTX3080最強クラスの性能を持つ80番台のハイエンドモデル
②RTX3090最強性能だがゲーム用というよりクリエイター向け
メモリ32GBゲームだけなら16GBあれば十分だが、ライブ配信向けなら「32GB」は必要
SSD512GB余裕があれば1TBを推奨
HDD2TB普通に使う分には十分な容量

上記の表を参考にすることで、ゲーミングPCを予算30万で選ぶときの一つの指標にでき、最適なコスパの高いモデルが見つかるので参考にしてください。

そして、ゲーミングPCを予算30万円で選ぶ際のポイントとして、具体的に以下のことを意識して選ぶことが重要になります。

  • CPUは「Core i9・Ryzen9」
  • グラフィックボードは「RTX3080」
  • ライブ配信するならメモリは「32GB」

ゲーミングPCの予算が30万あれば、プロゲーマーが使用するスペックを組むことが可能です。

自分のプレイスタイルや求めている環境に合わせて選びましょう。

CPUは「Core i9・Ryzen9」が選択できる

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの構成・選び方のポイントとして、1つ目はCPUは「Core i9・Ryzen9」を選ぶことが出来ます。

CPUの中でもハイエンドな「Core i9・Ryzen9」であれば、CPUがボトルネックとなって、高いフレームレートが出ない心配はまずありません。

また、人によっては「Core i7」などのグレードに下げて、グラフィックボードのグレードを上げるという選択も可能です。

上記のことから、ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルを選ぶ際のポイントとして、CPUを「Core i9・Ryzen9」から自分に合わせて自由に選ぶことが出来ます。

グラフィックボードは「RTX3080」以上で選べる

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの構成・選び方のポイントとして、2つ目はグラフィックボードは「RTX3080」以上で選ぶことが出来ます。

「RTX3080」以上のグラフィックボードであれば、ほぼ全てのゲームを240fpsで快適にプレイできます。

また、4K・高画質とかなり高い性能を求められる場合でも、予算30万のゲーミングPCなら余裕で快適にプレイできる高い性能があります。

さらに、CPUに「Core i7」を選択すれば、さらに高性能な「RTX3090」も搭載可能です。

「RTX3090」は、最強の性能を誇るグラフィックボードなので、240fpsで快適にプレイできないゲームの方が少ないほど高い性能があり、4K・高画質での快適なプレイも余裕です。

上記のことから、ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルを選ぶ際は、ゲーム性能に最も重要なグラフィックボードを「RTX3080・RTX3090」で選ぶことが重要です。

ライブ配信するならメモリは「32GB」で選ぶ

ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの構成・選び方のポイントとして、3つ目はライブ配信をするならメモリは「32GB」で選ぶことが重要です。

高性能を活かして、高画質なライブ配信をしていると、メモリが16GBでは圧迫されて快適性が損なわれることがあります。

そのため、ライブ配信をする人は、メモリは「32GB以上」で選ぶことが最適です。

メモリが「32GB」あれば、ライブ配信の他にも動画編集などで容量の大きい素材を使用しても、ほぼストレスなく快適に動かせます。

しかし、「ゲームだけしかしない」という人にメモリは「32GB」も不要です。

購入目的がゲームをするためだけの人は、メモリは「16GB」で十分対応できます。

上記のことから、ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルを選ぶ際は、ライブ配信もしたいと考えている人は「メモリ容量を32GB」で選ぶことが重要です。

【ゲーミングPC】予算30万で買えるおすすめモデル3選!

ここからは、ゲーミングPCの中でも予算30万円で買えるおすすめモデルとして、以下の3つを紹介していきます。

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

値段別のおすすめゲーミングPC

FRGHB550/A

FRGHB550/A

ゲーミングPCの中でも予算30万で買えるおすすめモデルとして、1つ目は「FRGHB550/A」であり、具体的なスペックは以下の通りです。

CPURyzen7 5800X
メモリ16GB
GPURTX3070
ストレージ1TB NVMe SSD
価格税込 249,800円
  • ほとんどのゲームを240fpsで快適にプレイ可能
  • Ryzen7+RTX3070で高性能なのに税込25万円とコスパが高い
  • 高速な1TB NVMe SSD搭載であらゆる動作でストレスが無い
  • 納期に時間が掛かる…
  • 1TBのSSDだけなのでストレージが足りなくなる可能性も

上記の通り「FRGHB550/A」は、ほとんどのゲームを240fpsで快適にプレイできる高いゲーム性能がありながら、価格は「25万円」とコスパが高いです。

240fpsという高いフレームレートで快適にゲームをプレイできれば、対人オンラインゲームでかなり有利になり、勝率が上がるだけでなく、上達スピードも格段に速くなること間違いありません。

また、高いフレームレートで快適にプレイできるだけでなく、4K・高画質の綺麗なグラフィックでゲームを楽しむことができます。

さらに、予算30万円のところ「FRGHB550/A」は「税込25万円」なので、残りの予算5万円で240Hzモニターなどの周辺機器に予算を回すことができ、より快適なゲーム環境を整えることができます

ただ、ストレージの容量が1TBのSSDだけなので、大容量の動画ファイルなどを扱う場合には、容量不足になる心配があるので注意が必要。

\240fpsで快適にプレイできる/

今すぐ「FRGHB550/A」の詳細を見る!

\分割で月々7,800円(1日約260円)から購入可能!/

FRGAH570/B/NTK

FRGAH570/B/NTK

ゲーミングPCの中でも予算30万で買えるおすすめモデルとして、2つ目は「FRGAH570/B/NTK」であり、具体的なスペックは以下の通りです。

CPUCore i9-11900F
メモリ32GB
GPURTX3070
ストレージ1TB NVMe SSD+2TB HDD
価格税込 259,800円
  • ほとんどのゲームを240fpsで快適にプレイ可能
  • 「Core i9」CPU搭載でライブ配信・動画編集にも最適
  • 高速な1TB NVMe SSD搭載であらゆる動作が速く、大容量の2TB HDDで容量不足の心配も無い
  • 納期に時間が掛かる
  • CPUクーラーがショボい

上記の通り「FRGAH570/B/NTK」は、ほとんどのゲームを240fpsで快適にプレイできる高い性能があり、さらに「Core i9」搭載なので動画編集やライブ配信も楽々こなせるコスパの高いモデルです。

240fpsというプロ選手と同じ環境」で快適にゲームをプレイできる最高の環境が手に入るだけでなく、ライブ配信をしても重くならず快適にプレイすることができます。

また、「32GBメモリ」を搭載しているので、動画編集といった重い作業でもメモリ不足で作業効率が落ちることもなく、書き出しも他のゲーミングPCより速いです。

なので、「FRGAH570/B/NTK」は、240fpsで快適にゲームをプレイしたい人だけでなく、ライブ配信・動画編集などのクリエイティブな作業をする人にも最適です。

ただし、高性能な「Core i9」というCPUは、発熱量が多いにも関わらず、CPUクーラーがショボいので数千円プラスして「CPUクーラー」をカスタマイズしましょう。

\ゲームからクリエイティブまで幅広い/

今すぐ「FRGAH570/B/NTK」の詳細を見る!

\分割で月々8,100円(1日約270円)から購入可能!/

Lenovo Legion T750i

Lenovo Legion T750i

ゲーミングPCの中でも予算30万で買えるおすすめモデルとして、3つ目は「Lenovo Legion T750i」であり、具体的なスペックは以下の通りです。

CPUCore i9-10900K
メモリ32GB
GPURTX3080
ストレージ512GB NVMe SSD+2TB HDD
価格税込 268,453円
  • 予算30万円前後の価格帯で最高のコストパフォーマンス
  • ほとんどのゲームを240fpsでプレイでき、4K・高画質でのプレイも余裕
  • 「Core i9」CPU搭載でライブ配信・動画編集にも最適
  • 高速なNVMe SSD搭載であらゆる動作が速く、大容量の2TB HDDで容量不足の心配も無い
  • 納期がかなり掛かる…

上記の通り「Lenovo Legion T750i」は、「予算30万円以下」で最もコスパの高いと言っても過言ではない、30万円前後の価格帯では最高のゲーミングPCです。

他社と比較すると「G-Tune XN-Z」だと、同じようなスペックで「税込296,780円」なので、「Legion T750i」の方が「28,327円」も安く買えます。

2万円近くも安く買うことができて、予算30万円であれば残りのお金で「モニター、マウス、キーボード」などのデバイスにお金を掛けることが可能です。

他にこれほどコスパの良いゲーミングPCは他に無く、他社のゲーミングPCを買うよりも安い価格で「240fpsというプロ選手と同じ環境」で快適にゲームをプレイできる最高の環境が手に入ります。

さらに、「Core i9」CPUを搭載している点や、32GBメモリを搭載している点から、ライブ配信・動画編集などのクリエイティブな作業をする人にも最適です。

「Lenovo Legion T750i」は、240fpsという高いフレームレートや、4K・高画質でプレイできる最高のゲーム環境が欲しい人から、ライブ配信や動画編集もしたい人まで幅広く多くの人に最適なゲーミングPCです。

しかも、48回までの分割手数料が無料なので、予算が足らないという人も分割支払いを利用して、是非最高のゲーム環境を手に入れてください。

\予算30万円以下でコスパ最強モデル/

今すぐ「Lenovo Legion T750i」の詳細を見る!

\分割で月々5,700円(1日約190円)から購入可能!/

まとめ

本記事では、ゲーミングPCを予算30万で買えるモデルの性能から、構成や選ぶ際のポイント、おすすめのモデルについて、お伝えしてきました。

改めて、内容をまとめると以下の通りです。

  • CPUは「Core i9・Ryzen9」
  • グラフィックボードは「RTX3080」
  • ライブ配信するならメモリは「32GB」

予算が30万あれば限界まで高い性能を出すことが出来ますが、「自分が必要としている環境を自由に選べる」ということが、一番のメリットです。おすすめモデルを参考にしつつ、自分に最適なゲーミングPCで楽しくゲームを勝ち抜きましょう!

ゲーミングPCが無くてもPCゲームができる話

ゲーミングPCは最低でも10万円以上と値段が高いですが、クラウドゲームの「GeForce NOW」なら無料であなたのスマホやノートパソコンがゲーミングPCに早変わりです。

しかも、無料のフリープランが用意されていて、どれだけ遊んでも0円なので、無料でゲーミングPCが手に入るも同然です!
登録も簡単でクレジットカードは必要ありません。

あなたはゲーミングPCを買いますか?それとも0円の「GeForce NOW」でPCゲームを遊びますか?

\ゲーミングPCは0円の時代です!/

GeForce NOW 広告素材

今すぐ0円のゲーミングPCで遊ぶ!

\登録にクレジットカードは必要ありません!/
無料のフリープランはいつまで登録できるか分からないのでお早めに!