記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

VALORANT向けのおすすめゲーミングキーボード8選!【プロも使う】

ゲーミングキーボード

あなたがVALORANTをプレイする時、キーボードはどんなのを使っていますか?

実はVALORANTをプレイするのに、ゲーミングキーボードは必需品なんです。

本記事の内容

もし新しくゲーミングキーボードの購入を検討しているのなら、是非本記事を参考にしてあなたにぴったりな、ゲーミングキーボードを見つけてみてくださいね。

VALORANTでゲーミングキーボードを使うべき3つの理由

VALORANTでゲーミングキーボードを使うべき3つの理由

ここでは、VALORANTでゲーミングキーボードを使うべき以下の3つの理由を、詳しく解説していきます。

  • VALORANTはチックレートが128Hzなのでキーボードの反応速度がかなり重要
  • ポーリングレートが普通のキーボードよりも高い
  • プロ選手でゲーミングキーボードを使っていない人はいない

VALORANTはチックレートが128Hzなのでキーボードの反応速度がかなり重要

まず1つ目の、VALORANTでゲーミングキーボードを使うべき理由は、「VALORANTはチックレートが128Hzなのでキーボードの反応速度がかなり重要だから」です。

チックレートというのは、ゲームのサーバー側が1秒間に何回処理されているかを表した数字です。

VALORANTではチックレートが128Hzなので、1秒間に128Hzもの処理がされていることから精度の高い遅延のない試合が楽しめるんです。

ただ、この処理速度にキーボードが追いつかないと、どんなにあなたの指が速く操作しても、結局キーボードはその速さについていけず、結果遅延して勝敗に関わってしまうんです。

なので、自分の入力に無遅延でキーボードが付いてこないと、思い通りのプレイができないことから、ゲーミングキーボードは必要なんです。

ゲーミングキーボードはもちろん、VALORANTにおいてはゲーミングマウスを使うことも重要なので、デバイスは遅延の無いゲーミングデバイスで揃えておきましょう!

ポーリングレートが普通のキーボードよりも高い

次に2つ目の、VALORANTでゲーミングキーボードを使うべき理由は、「ポーリングレートが普通のキーボードよりも高い」です。

ポーリングレートというのは、キーボードが1秒間の間にあなたの動作検知し、パソコンに送信する数を表した数字のことです。

普通のキーボードは、ゲームをプレイするのに想定して作られていないため、ポーリングレートは低いです。

一方、ゲーミングキーボードは、たくさんの動きを精密に検知する必要があることから、ゲーミングキーボードはポーリングレートがかなり高いです。

やはりVALORANTでは、かなり動作が多いですから、ポーリングレートが高いゲーミングキーボードは必要なんです。

ゲーミングキーボードと普通のキーボードの性能の違いについて詳しくは、

でお伝えしています。

プロ選手でゲーミングキーボードを使っていない人はいない

最後に3つ目の、VALORANTでゲーミングキーボードを使うべき理由は、「プロ選手でゲーミングキーボードを使っていない人はいない」です。

VALORANTのプロ選手はやはり、少しもの遅延が命取りですから、ゲーミングキーボードは必需品です。

各個人に合った愛用しているゲーミングキーボードを所持していることから、プロ選手はやはり普通のキーボードは買いません

VALORANTを極めたい人は、普通のキーボードではなく、ゲーミングキーボードは必ず揃えましょう。

VALORANT向けのゲーミングキーボードの選び方

VALORANT向けのゲーミングキーボードの選び方

ここでは、VALORANT向けのゲーミングキーボードの以下の4つの選び方を、詳しく解説していきます。

  • キースイッチの種類で選ぶ
  • 有線か無線かで選ぶ
  • テンキーレスとフルサイズで選ぶ
  • プロが使っているゲーミングキーボードで選ぶ

選び方を間違えると、実際に使ってみたときに「なんか違う」と後悔してしまうので、ポイントを押さえて選ぶことが重要です!

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

キースイッチの種類で選ぶ

キースイッチの種類で選ぶ

まず1つ目に、VALORANT向けのゲーミングキーボードの選び方は、「キースイッチの種類で選ぶです。

キースイッチには様々な打鍵感や打鍵音が異なるスイッチがありますが、今回ご紹介するのは「軸」と呼ばれるメカニカルキースイッチです。

メカニカルスイッチというのは、それぞれキーが独立していて、万が一1つのキーが壊れてしまっても取り替えるだけで良いので、かなり寿命が長いです。

更にメカニカルスイッチの中には、色のついた軸があり、色によって更に打鍵感や打鍵音が違うことから、プロ選手もお好みのスイッチに切り替えたりしています。

赤軸茶軸
打鍵音カチカチと静かめカッチカッチとしっかりめ
打鍵感バネが沈んだ感じコリッとした感じ
特徴最も人気のある軸
とりあえず赤軸にすれば間違いなし
打鍵音が控えめがいいけど、
打鍵が欲しい人は茶軸がおすすめ
黄軸銀軸
打鍵音比較的静かとっても静か
打鍵感打鍵感はあまりないですが、
比較的重め
打鍵感が無い
特徴赤軸でも軽すぎるという方には
黄軸がおすすめ
とにかく静音性に優れている
軽いタッチでキー入力できる

他にも様々な色の軸がありますが、この4種類が人気の軸となっています。

VARORANTでは、静音で反応速度が速い方が良いので、「赤軸・銀軸」がおすすめです。

有線か無線かで選ぶ

有線か無線かで選ぶ

次に2つ目のゲーミングキーボードの選び方は、「有線か無線かで選ぶ」です。

無線はケーブルが無い分、デスク上がケーブルでごちゃごちゃせずにスッキリしますし、使わない時に収納しておいたり、持ち運びに便利です。

また無線の性能は有線と同等以上の遅延の無さにまで進化しているので、有線と変わらず安心してゲームをプレイできます。

ただし無線は高いので、できるだけ安くコスパの良いゲーミングキーボードが欲しい、という場合は有線を選びましょう。

予算に余裕がある人は、ケーブルが無いとかなり自由に動かせて使い勝手が良いので、無線ゲーミングキーボードがおすすめです!

テンキーレスとフルサイズで選ぶ

テンキーレスとフルサイズはどっちが良い?

次に3つ目に、VALORANT向けのゲーミングキーボードの選び方は、「テンキーレスとフルサイズで選ぶ」です。

基本的に、ゲーミングキーボードではテンキーレスがおすすめです。

テンキーレスは、サイズ感がコンパクトで、マウスの可動領域が広がるので、マウスがキーボードぶつかる心配が無いです。

また、テンキーはゲームでは必要がないため、万が一ゲーム意外の作業でもテンキーが必要になったら別でテンキーだけ買うことも可能です。

まずフルサイズを買ってから、テンキーが邪魔だと感じても取り外すことは出来ませんから、テンキーレスキーボードを買うのが良いでしょう。

テンキーレスよりも、さらにコンパクトな「60%キーボード」もあり、デスクの小さい人や、マウス操作できるスペースを大きく確保したい人におすすめです!

ただ、普段使いにはあまり向かないので、注意してください。

プロが使っているゲーミングキーボードで選ぶ

最後に4つ目に、VALORANT向けのゲーミングキーボードの選び方は、「プロが使っているゲーミングキーボードで選ぶ」です。

あなたがもしゲーミングキーボード選びに迷っているときには、プロが愛用しているゲーミングキーボードを選べば間違いないでしょう。

プロが愛用されているとなれば、操作性も機能性も抜群に良いので、プロが愛用しているゲーミングキーボードを買ってみても良いでしょう。

Amazon新生活応援セール

VALORANTのプロが使うゲーミングキーボード

VALORANTのプロが使うゲーミングキーボード

ここではVALORANTのプロが使うゲーミングキーボードを、ランキング形式でご紹介していきます。

  • VALORANTのプロの使用率が高いゲーミングキーボードメーカー
  • VALORANTのプロが使っているゲーミングキーボード

VALORANTのプロの使用率が高いゲーミングキーボードメーカー

まずはじめに、VALORANTのプロの使用率が高いゲーミングキーボードメーカーを、ランキング形式でご紹介していきます。

VALORANTのプロが使っているゲーミングキーボード

次に、VALORANTのプロが使っているゲーミングキーボードを、ランキング形式でご紹介していきます。

VALORANT向けのおすすめゲーミングキーボード

VALORANT向けのおすすめゲーミングキーボード

ここでは、VALORANT向けのおすすめゲーミングキーボードを、以下の8選を詳しい解説と共にご紹介していきます。

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

Logicool G913 TKL

Logicool G913 TKL

価格26,882円
スイッチスイッチ(リニア)
有線or無線無線
英語配列or日本語配列日本語配列
  • キーをワンタッチで、優先より高速な「LIGHTSPEEDワイヤレス」や「Bluetooth接続」に切替可能。
  • アクチュエーションポイントは1.5mmと、従来品より25%短いため、より早いキーストロークができるようになる。
  • コンパクト設計のテンキーレス。

まず1つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「Logicool G913 TKL」です。

こちらのゲーミングキーボードの最大の特徴は「薄型ゲーミングキーボード」であることで、キーストロークが短いことによって、長時間プレイしても疲れづらいです。

また、世界3位にもなった「ZETA DIVISION」「Laz選手、crow選手、TENN選手」が使っているキーボードなので、キーボード選びに迷った場合はこれを選べば間違いなしです。

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL 薄型 GLスイッチ リニア 静音 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-TKL-LNBK 国内正規品
Logicool G(ロジクール G)
【Logicool G G913 テンキーレス ワイヤレスゲーミングキーボード】LIGHTSPEED ワイヤレス、3種のGXスイッチ、LIGHTSYNC RGBなど先端の機能を装備した上級モデルG913はコンパクトサイズのテンキーレス版が登場。

他の薄型ゲーミングキーボードについて詳しくは、

でお伝えしています。

CORSAIR K70 RGB TKL

CORSAIR K70 RGB TKL

価格16,364円
スイッチメカニカル(銀軸)
有線or無線優先
英語配列or日本語配列日本語配列
  • 銀軸なのでとても静音に優れていて打鍵感も軽い。
  • 完全にプログラム可能で、キーごとにバックライトを設定できる。
  • ケーブルは取外し可能なので、収納や持ち運びにも便利。

次に2つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「CORSAIR K70 RGB TKL」です。

こちらのキーボードは、トーナメントスイッチが搭載されているため、スイッチを切り替えるだけでバックライトは一色にし、マクロ機能をオフにしたりと、必要に応じて切り替えができます。

また、ポーリングレート8,000Hzと普通のキーボードより8倍もの速さで、検知したタイピングをパソコンに送信してくれます。

Logicool G PRO

Logicool G PRO

価格12,700円
スイッチメカニカル(赤軸)
有線or無線優先
英語配列or日本語配列日本語配列
  • とてもコンパクトサイズなので、持ち運びに最適。
  • 多くの口コミには、こちらのキーボードに切り替えてみて世界が変わったというお声がたくさん。
  • ケーブルは取外し可能なので、収納や持ち運びにも便利。

次に3つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「Logicool G PRO」です。

こちらのゲーミングキーボードは、世界中のプロ選手たちと共同開発されていて、多くのプロ選手たちが愛用しているキーボードです。

また、オンボードメモリープロフィール搭載なので、カスタマイズしたライトなどをパソコンに保存ができます。

Logicool G(ロジクール G) PROゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LN 国内正規品 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできません
Logicool G(ロジクール G)
【テンキーレス設計】大会によってデスクスペースが限られている時もあるためマウスを大きく動かせるためにテンキーレスデザインのキースイッチです。多くのプロ選手に愛用されているデザインです。

Razer Huntsman V2 Tenkeyless

Razer Huntsman V2 Tenkeyless

価格16,980円
スイッチメカニカル
(オプティカルスイッチ)
有線or無線有線
英語配列or日本語配列日本語配列
  • オンボードメモリプロファイルには、最大5つも登録ができる。
  • クラウドストレージを活用すれば、マクロなどの設定も登録ができるため、どこでも呼び起こすことができる。
  • ケーブルは取外し可能なので、収納や持ち運びにも便利。

次に4つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「Razer Huntsman V2 Tenkeyless」です。

こちらのゲーミングキーボードは、Razer独自開発のオプティカルスイッチで、静音性はもちろん、最大8,000Hzのポーリングレートもあるので、高速なキーストロークができます。

また付属しているクッション性のあるパームレストは、長時間のゲームプレイでも腕への負担を減らしてくれます。

Razer(レイザー) ゲーミングキーボード Huntsman V2 Tenkeyless JP Linear Optical Switch 日本語 JP配列 オプティカルスイッチ リニア触感 テンキーレス ダブルショット PBT キーキャップ リストレスト Chroma RGB 【日本正規代理店保証品】 RZ03-03941000-R3J1 Black
Razer(レイザー)
【無駄なし。完全パフォーマンス。】 比類なき応答性の製品がさらにコンパクトに。Razer Huntsman V2 TKL の登場です。改善されたキーボード音、ゼロに近い入力レイテンシー、コンパクト形状ながらもフルサイズキーボードにもひけをとらない他のハイエンド機能を搭載したテンキーレスオプティカルゲーミングキーボードです。

Ducky One 2 Mini RGB 60% version

DUCKY One 2 Mini RGB 60%

価格16,580円
スイッチメカニカル(銀軸)
有線or無線有線
英語配列or日本語配列英語配列
  • コンパクト設計で置き場所に困らない
  • 銀軸で静音性はありますが、押し心地は抜群
  • 反応も早くプロ選手や有名ストリーマーにも愛用されている

次に5つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「Ducky One 2 Mini RGB 60% version」です。

このゲーミングキーボードは、自由にキーボードのライトをカスタマイズできるだけでなく、手軽によく使うキー等を交換することで、自分好みのデザインにしやすいです。

また、このキーボードを愛用しているプロ選手は、ZETA SugarZ3ro選手、CR Mely選手など、多数のプロ選手が愛用している商品です。

Razer Huntsman Mini JP

Razer Huntsman Mini JP

価格14,980円
スイッチメカニカル(赤軸)
有線or無線有線
英語配列or日本語配列日本語配列
  • ケーブルは取外し可能なので、収納や持ち運びにも便利。
  • Chroma バックライトでは1,680万色の中からライトをカスタマイズできる。
  • オンボードメモリとライティングプリセットをいつでもどこでも呼び起こせます。

次に6つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「Razer Huntsman Mini JP」です。

こちらのゲーミングキーボードは、白いおしゃれなデザインで、デスクが映えます。

また、60%のサイズなので無駄なキーが無く、コンパクトサイズなので、快適なゲームをプレイすることが出来ます。

Razer Huntsman Mini JP 小型 ゲーミングキーボード テンキーレス Linear Optical Switch 日本語 JP配列 60%レイアウト Mercury White 白 光学スイッチ 超高速1.2mm作動 リニア触感 静音 Chroma RGB 【日本正規代理店保証品】 RZ03-03391100-R3J1
Razer(レイザー)
最先端のRazerオプティカルスイッチを採用した60%レイアウトの小型ゲーミングキーボード、Huntsman Miniで新たなパワーを表現しましょう。携帯性に優れ、省スペースのセットアップに最適。コンパクトなフォームファクタながらも光速アクチュエーションを体験できます。

HyperX Alloy Origins Core RGB

HyperX Alloy Origins Core RGB

価格9,991円
スイッチメカニカル(赤軸)
有線or無線有線
英語配列or日本語配列日本語配列
  • ケーブルは取外し可能なので、収納や持ち運びにも便利。
  • 最大3つの設定したバックライトをキーボード本体に保存できる。
  • Nキーロールオーバーで高速に全てのキーの同時押しを検知できます。

次に7つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「HyperX Alloy Origins Core RGB」です。

こちらのゲーミングキーボードは、80%サイズなので、無駄なキーを省いていて、更に方向キーもあるのでVARORANTに限らず様々なゲームにも向いています。

また、HyperX NGENUITYソフトウェアを扱うことで、ゲームモードのカスタマイズができたり、ライティング機能を柔軟にカスタマイズができます。

また自分だけのマクロ設定も組めることから、ゲームをプレイするのに嬉しい機能が豊富です。

SteelSeries Apex Pro TKL

SteelSeries Apex Pro TKL

価格24,980円
スイッチメカニカル(銀軸)
有線or無線有線
英語配列or日本語配列日本語配列
  • 最大5つのプロファイルをキーボード本体に保存できる。
  • 1億回以上のキーストローク耐久がある。
  • マグネット式のリストレスト付き。

次に8つ目にご紹介する、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードは、「SteelSeries Apex Pro TKL」です。

こちらのキーボードは、有機ELといったディスプレイが搭載されているので、Discordやアプリ系の通知がキーボードに映し出されます

アクチュエーションポイントを0.4~3.6mmの間で10段階に調節可能ができることから、自分に適したキーボードにカスタマイズできます。

今後、ソフトウェアのアップデートにより、「Wooting 60HE」のような”ラピッドトリガー機能”が実装される予定です。

実装まで少し時間がかかるかもしれませんが、「Wootingはすぐに届かないからなぁ…」と思っている人に最適なVALORANTで最強になる可能性を秘めたゲーミングキーボードです!

SteelSeries ゲーミングキーボード テンキーレス 有線 日本語配列 OmniPointスイッチ 有機ELディスプレイ搭載 Apex Pro TKL JP 64737
SteelSeries
【コンパクトサイズで高速な動作を実現】テンキーレスモデルで、磁気センサー搭載のスイッチの高速応答速度により、0.4mmまで調整可能なアクチュエーションポイントが、従来のメカニカルキーボードよりも高速な動作を実現。

VALORANTのゲーミングキーボードでよくある疑問

VALORANTのゲーミングキーボードでよくある疑問

ここでは、VALORANTのゲーミングキーボードでよくある疑問を、以下の2点についてお答えしていきます。

  • 無線だとVALORANTで遅延しないの?
  • 英語配列と日本語配列ならどっちが良い?

無線だとVALORANTで遅延しないの?

まず1つ目に、VALORANTのゲーミングキーボードでよくある疑問の、「無線だとVARORANTで遅延しないの?」についてお答えします。

結論から申し上げますと、無線でも遅延しないです。

何故なら昨今の無線の技術はかなり向上していることから、有線と同等もしくはそれ以上の性能がありますので安心してください。

ただし、2.4Ghz無線は遅延しないのですが、Bluetoothだと遅延しますので購入の際には注意しましょう。

英語配列と日本語配列ならどっちが良い?

次に2つ目に、VALORANTのゲーミングキーボードでよくある疑問の、「英語配列と日本語配列ならどっちが良い?」についてお答えします。

結論から申し上げますと、自分が慣れている配列で選びましょう

何故なら、英語配列と日本語配列では、一部のキーが無かったりサイズが違ったりしますので、慣れてない配列を選んでしまうと今後苦労します。

とくに英語配列もしくは日本語配列を選んだからと言って、ゲームが有利になるわけではありません

基本的には日本語配列を主に使っていたのであれば、無理して英語配列を選ぶのではなく日本語配列を選びましょう。

ゲーミングキーボードに関する関連記事

こちらの記事もおすすめです!

まとめ

本記事では、VALORANT向けのおすすめのゲーミングキーボードについて、詳しくお伝えしていきました。

改めて、本記事をまとめると以下のとおりです。

  • VALORANTでゲーミングキーボードを使うべき理由は、ゲームを快適にプレイができ、プロ選手も必ず使うから。
  • VALORANT向けのゲーミングキーボードの選び方は、キースイッチやテンキーで選び、それでも迷った場合はプロが使っているキーボードを選ぶ。
  • VALORANTのプロが使うゲーミングキーボード。
  • VALORANT向けのおすすめゲーミングキーボード
  • VALORANTのゲーミングキーボードで、無線は遅延しないし、配列では自分が慣れている配列を選ぶのが良い。

プロ選手が必ずゲーミングキーボードは使っていることから、やはりVALORANTを楽しくプレイするにはゲーミングキーボードは必需品ですね。

是非本記事を参考にして、プロでも愛用しているようなかっこ良いゲーミングキーボードを選んでみてくださいね。