ゲーミングキーボードにテンキーは必要?いらない?【結論:必要ない】

ゲーミングキーボードの購入を考えている人の中には、「テンキは必要なの?いらないの?」と疑問に思っている人も少なくないですよね。

そんな迷っている人の中には、「買った後にテンキーが必要になるかも」と言った心配を抱える方も多くおられると思います。

そこで、本記事ではゲーミングキーボードにテンキーは必要なのか、いらないのかどうかについて詳しくお伝えしていきます。

ゲーミングキーボードにテンキーは必要?いらない?

ゲーミングキーボードにテンキーは必要?いらない?

まず、結論からお伝えすると、「ゲーミングキーボードでテンキーが必要になることは少ないので、いらない」と言えます。

ゲーミングキーボードとして使うならテンキーは必要ありません、少しでも有効なスペースを確保するにはテンキーレスと言う選択が正解です。

また、デスクが広くても机上の可動領域は限られているので、ゲームをプレイする時はキーボードのサイズが小さいほど、マウスの操作範囲が広くなるのでマウス操作がしやすくなります。

なので、ゲーミングキーボードにテンキーは必要ないと言えますが、用途によっては必要になる場面も実はありますので、順番に解説していきたいと思います。

ゲーム用途ならテンキーはいらない

基本的に、「ゲーミングキーボードにテンキーは必要ない」と言え、特にゲーム用途であればいらないことが多いです。

まず、テンキーがあるフルサイズキーボードだとゲームをプレイする時に、「マウスの操作を妨げてしまう」ということが挙げられます。

机の幅にもよりますが、「キーボードを置いただけでマウスを動かせる範囲がかなり狭まってしまった」など必要な領域を圧迫してしまうと言ったことも度々見かけます。

特に、マウス感度が低めな「ローセンシプレイヤー」の場合は、マウスを大きく動かす広いスペースが必要ですが、テンキーがあるとマウスがキーボードの角に当たってしまいマウス操作の妨げになってしまいます。

また、ゲームをプレイしていてテンキーを使う機会はほとんど無いので、基本的にゲーム用途であればテンキーが必要になることの方が少ないと言えます。

なので、ゲーミングキーボードにテンキーは必要ないと言えます。

数値入力作業が多い人はテンキーが必要

前述した通り、ゲーム用途ならゲーミングキーボードにテンキーは必要ないですが、ゲーム以外に仕事で数値入力作業が多い人はテンキーが必要かもしれません。

仕事での数値入力表計算などで、テンキーを使う機会が多い方には、テンキーの無いテンキーレスキーボードは正直おすすめできません。

電卓と同じ操作感覚で入力できるテンキーは、使いなれた方にとって必要不可欠なものと言えるでしょう。

なにより、右手の移動距離が短い距離で済むので扱いやすく、疲れにくいと言ったメリットもあります、上記に当てはまる方はフルキーボードを選んだ方が正解です。

ただほとんどの場合、テンキーが必要になる場面は少ないと思います。

どうしても迷ってしまうなら、外付けでテンキーを設けると言った選択も視野に入れてみると良いかもしれません。

詳細はこの後の「ゲーミングキーボードにテンキーが必要なら外付けという選択もある」で解説していますので是非チェックしてみてください。

ゲーミングキーボードがテンキーレスであるメリット

ゲーミングキーボードがテンキーレスであるメリット

ここまでお伝えした通り、ゲーミングキーボードにテンキーは必要ないと言えますが、テンキーレスであるメリットは一体どんなことがあるのでしょうか?

一線で活躍するプロゲーマーの使用率を見ても、テンキーレスモデルは多くの方から選ばれています。

コンパクトな形状なので、大会や試合の際に持ち運びしやすいと言った機能も人気の1つと言えますが、なにより取り回しの良さが最大の魅力です。

また、ゲームだけでなく動画編集やネットサーフィンでも、テンキーレスは疲れにくいのでおすすめです。

マウス操作においては、ゲーミングキーボードのテンキーが不必要な場面も多いので、テンキーレスモデルのメリットと併せて解説していきたいと思います。

テンキーレスならマウス操作の邪魔にならない

ゲーミングキーボードがテンキーレスであるメリットの1つ目として、「マウス操作の邪魔にならない」ということがあります。

ここで、例を1つ挙げてご紹介してみたいと思います。

  • 大きめのマウスパッド 800mm
  • フルキーボード    450㎜
  • ローセンシの可動範囲 240~300㎜

マウスパッド(800)-キーボード(450)=350㎜がマウスの可動範囲となるので、上記のような環境ではローセンシの可動範囲が最大の場合だと、僅か50㎜(5㎝)の余裕しか残りません

勢い余って強く振り回したときには、マウスがキーボードに接触してへこんだり、キーボードに傷が入るなど、マウスパッドからマウスが飛び出て操作が中断されると言った事にも繋がります。

だったらハイセンシには関係ない」と思われるかもしれませんが、手と手の間隔が狭い程より精密な操作が可能になるので、ハイセンシの方でもゲームをするならテンキーレスがおすすめです。

針に糸を通す作業を想像していただければお判りいただけるかと思いますが、手と手の距離が離れているほど難しくなりますよね。

テンキーレスはフルキーボードのサイズと比べ約80㎜も短いので、マウスの可動域も広がって使い心地も良くなると言ったメリットがあります。

なので、ゲームを快適にプレイしたいならテンキーレスがおすすめであり、結論、ゲーミングキーボードのテンキーは必要はありません。

キーボードからマウスへの距離が近くなる

キーボードからマウスへの距離が近くなる

ゲーミングキーボードがテンキーレスであるメリットの2つ目として、「キーボードからマウスへの距離が近くなる」ということがあります。

フルサイズキーボードの場合、両手でタイピングした後、マウスに右手を戻す際に毎回使わないテンキーを飛び越えないといけないので、反復作業には適していないと言えるでしょう。

そこでテンキーレスモデルうを使えば、キーボードからマウスへの距離が近くなるので手の移動範囲が減って、疲れにくいと言ったメリットがあります。

キーボードとマウス間での手の移動は、気づかない内に疲労の原因になっていることが多いので、テンキーレスへの見直しは充分に価値があると言えます。

なので、ゲーミングキーボードにテンキーは必要なく、疲労を軽減すると言う目的でも迷わずテンキーレスをおすすめします。

テンキーレスなら持ち運びが楽

ゲーミングキーボードがテンキーレスであるメリットの3つ目として、「テンキーレスなら持ち運びが楽」ということがあります。

仕事でもゲームでも両方使いたいなら持ち運べるサイズを選びたいですよね。

テンキーレスは横幅が約370㎜程なので、A3サイズのカバンであれば余裕をもって持ち運べるコンパクトな仕様がメリットです。

また、すっきりとしたコンパクトなデザインは場所を選ばないので、出先や小さな机であっても使いやすいと言った特徴を持っています。

なので、色んな場所でも使える最適な1台がほしいならテンキーレスがおすすめです。

持ち運びもできるように備えておきたいのであれば、ゲーミングキーボードのテンキーは不必要と言えます。

ゲーミングキーボードにテンキーが必要なら外付けという選択もある

ゲーミングキーボードにテンキーが必要なら外付けという選択もある

ゲーム用途では断然テンキーレスを選びたいけど、仕事や作業でテンキーを使う機会もあるからゲーミングキーボードのテンキーは必要と言う方には、外付けと言う解決策がおすすめです。

ゲーム用や作業用にキーボードを新調するのもいいですが、費用やスペースなどの問題もでてきますよね。

私も普段はゲームをメインに使用することが多いので、コンパクトなキーボードを選んでいます。

この記事を書く際にも同じキーボードで打っているのですが、数字の入力は外付けのテンキーを使っています。

ゲーミングキーボードにテンキーが必要なら外付けという選択もある

このように外付けのテンキーは自由に配置できるメリットがあります。

使う際に取り出して使わないときは邪魔にならない所に置いています。

ショートカットや方向キーも外付けにしているので、フルキーボードのように横並びで使用することもできますが、キーボードの上に配置するなどアレンジが効くのでおすすめです。

ゲーミングキーボードは外付けにすることで、テンキーが必要な作業でも問題なく対応できるようになり、普段は快適にゲームを楽しめますので是非参考にしてください。

まとめ

本記事では、ゲーミングキーボードテンキーの必要性についてお伝えしてきました。

改めて、内容をまとめると以下の通りです。

  • ゲーミングキーボードでテンキーが必要になることは少ないので、いらない
  • ゲーム用途でテンキーレスの必要性は高い
  • 作業用途ではフルキーボードのほうがおすすめ
  • 両立させたいなら外付けで対応

ゲーム用途なら圧倒的にテンキーレスがおすすめです。

作業性を求めるならフルキーボードが良いですが、外付けでも対応はできるので自分の環境に合ったものをお選びください。

「ゲーミングキーボードにテンキーは必要?いらない?」、は以上になります。