記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ゲーミングキーボードは日本語配列と英語配列どっちが良い?違いは何?

ゲーミングキーボードは 日本語配列と英語配列 どっちが良い?違いは何?ゲーミングキーボード

ゲーミングキーボードを買う時に、日本語配列と英語配列どちらを買うか悩んだことはありますか?

実は英語配列は無駄なキーがないため、その分キーストロークが早くなります。

ですが日本語配列に慣れている人は、無理に英語配列に切り替える必要はありません。

本記事の内容
  • 英語配列と日本語配列の違い
  • 英語配列と日本語配列どちらが良いの?
  • 英語配列と日本語配列でおすすめのゲーミングキーボード
  • ゲーミングキーボード配列によくある疑問

是非本記事を参考にして、あなたのお好みの配列でゲーミングキーボードを選んでみてくださいね。

ゲーミングキーボードの日本語配列と英語配列の違いは?

ゲーミングキーボードの日本語配列と英語配列の違いは?

ここではゲーミングキーボードの日本語配列と英語配列の違いを、以下の点を踏まえて解説していきます。

  • 英語配列と日本語配列は一部キーの配列が違う
  • 英語配列と日本語配列は一部キーの大きさが違う

英語配列と日本語配列は一部キーの配列が違う

まず1つ目の英語配列と日本語配列の違いは、「英語配列と日本語配列は一部キーの配列が違う」です。

日本語配列には、「カタカナ/ひらがな、全角/半角、変換or無変換、¥」等のキーがありますが、英語配列には無いです。

もし無いキーを使うには、コマンドを使ったりしないと入力できないので少々面倒です。

また「かな入力」の印字が無いので「かな入力」に慣れている人にとっては不便に感じると思います。

このように、英語配列と日本語配列は、一部のキー配列が違うことです。

英語配列と日本語配列は一部キーの大きさが違う

次に2つ目の英語配列と日本語配列の違いは、「英語配列と日本語配列は一部キーの大きさが違う」です。

英語配列と日本語配列で大きさが違うキーは、「Back spaceキー、Enterキー、スペースキー、Shiftキー」等です。

日本語配列では「Back spaceキー」は小さくて「Enterキー」は大きいのですが、

英語配列では逆で「Back spaceキー」は大きくて「Enterキー」は小さいです。

日本語配列に慣れている人が英語配列に切り替えると、「Back spaceキー」と「Enterキー」を一番誤入力しがちになります。

英語配列と日本語配列でこのように、キーの大きさが違いますが、英語配列に慣れてしまうと無駄なキーが少なく、その分キーストロークも早くなるので、英語配列の方が良いという方も多いです。

ゲーミングキーボードは日本語配列と英語配列どっちが良い?

ゲーミングキーボードは日本語配列と英語配列どっちが良い?

ここではゲーミングキーボードは日本語配列と英語配列、どちらが良いのか以下の点を踏まえて詳しく解説していきます。

  • 日本語配列の方が使い慣れている人が多くキーボードの種類も多いので日本語配列がおすすめ
  • ゲームをする時に配列の違いでメリットは特にない
  • 英語配列に慣れている人は英語配列の方が良い場合もある

日本語配列がおすすめ

ゲーミングキーボードは日本語配列と英語配列どっちが良いのか、結論としては「日本語配列のキーボード」がおすすめです。

理由は、「日本語配列の方が使い慣れている人が多くキーボードの種類も多い」からです。

シンプルに日本では一般的に使われているキーボードは日本語配列なので、おそらく学校や仕事等で使ったことのあるキーボードは日本語配列でしょう。

そのため、多くの人は日本語配列で慣れていると思いますし、多くの人のIMEは日本語なので英語配列にして「キー配置が違う」なんて困ることもなく、普段使いにも最適です。

また店頭で並んでいる、多くのゲーミングキーボードは日本語配列ですから、ゲーミングキーボードを買う際は日本語配列がおすすめです。

ゲームをする時に配列の違いでメリットは特にない

また、ゲーミングキーボードを英語配列か日本語配列どちらか選んでも、ゲームをする時に配列の違いでメリットは特に無いです。

ですから、日本語配列に慣れているからと、慣れていない英語配列に無理に変える必要は無いです。

もしあなたが、英語配列に慣れていなくて、日本語配列に慣れているのであれば、日本語配列を選びましょう

英語配列に慣れている人は英語配列の方が良い場合もある

最後に、英語配列に慣れている人は英語配列のほうが良い場合もあります。

日本語配列に慣れている人が、無理に英語配列に切り替えなくても良いのと同じく、英語配列に慣れているのであれば、英語配列の方が良いでしょう。

このように、英語配列と日本語配列に悩んでいるとしたら、あなたが普段使っている配列に沿って選ぶと良いでしょう。

Amazon新生活応援セール

ゲーミングキーボードの選び方とは?配列以外に何が重要?

ゲーミングキーボードの選び方とは?配列以外に何が重要?

ここでは、日本語配列・英語配列以外に重要なゲーミングキーボードの選び方として以下の3つについて、詳しく解説していきます。

  • キースイッチの種類で選ぶ
  • 有線か無線かで選ぶ
  • テンキーレスとフルサイズで選ぶ

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

キースイッチの種類で選ぶ

キースイッチの種類で選ぶ

日本語配列・英語配列以外に重要なゲーミングキーボードの選び方の1つ目は、「キースイッチの種類で選ぶです。

メカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボードは、一般的なキーボードよりも打鍵感が良く、耐久性が高いため、ゲームプレイに最適です。

また、キースイッチには様々な種類があり、打鍵感や、入力される押し込み具合などが異なるので、自分の好みに合ったものを選ぶことができます。

以下、代表的なキースイッチの種類です。

赤軸茶軸
打鍵音静かめカッチカッチとしっかりめ
打鍵感バネが沈んだ感じコリッとした感じ
特徴最も人気のある軸
とりあえず赤軸にすれば間違いなし
打鍵音が控えめがいいけど、
打鍵が欲しい人は茶軸がおすすめ
青軸銀軸
打鍵音「カチカチ」とかなり大きいとっても静か
打鍵感どの軸よりも重く、
クリック感があるタクタイル軸
打鍵感が無い
特徴静音性は全く無いが
とにかく気持ちの良い打鍵感
とにかく静音性に優れている
軽いタッチでキー入力できる

他にも様々な色の軸がありますが、この4種類が人気の軸となっています。

FPS系のゲーム用のゲーミングキーボードには、静音で反応速度が速い方が良いので、「赤軸・銀軸」がおすすめです。

有線か無線かで選ぶ

有線か無線かで選ぶ

日本語配列・英語配列以外に重要なゲーミングキーボードの選び方の2つ目は、「有線か無線かで選ぶ」です。

有線ゲーミングキーボードのメリット

有線ゲーミングキーボードは、現在でも多くのゲーマーに選ばれており、価格が安くて安定した接続を確保できるので、遅延やバッテリー切れの心配がありません。

無線ゲーミングキーボードのメリット

一方で、無線(ワイヤレス)ゲーミングキーボードは、ケーブルが無いので持ち運びが可能で、使う場所も問わない自由度が大きなメリットです。

また、近年では無線技術の進化によって、有線と変わらないか、有線以上の遅延の無さと反応速度を誇るので、無線ゲーミングキーボードは大きなメリットがあります。

ただし、有線と比べて価格が高いことや、バッテリー切れの心配があることは事実なので、自分の好みにあった選び方をすることが重要です。

個人的には自由度が高く、接続も安定して遅延の無い無線ゲーミングキーボードがおすすめです。

テンキーレスとフルサイズで選ぶ

テンキーレスとフルサイズはどっちが良い?

日本語配列・英語配列以外に重要なゲーミングキーボードの選び方の3つ目は、「テンキーレスとフルサイズで選ぶ」です。

基本的に、ゲーミングキーボードではテンキーレスがおすすめです。

テンキーレスは、サイズ感がコンパクトで、マウスの可動領域が広がるので、マウスがキーボードぶつかる心配が無いです。

一方で、フルサイズのゲーミングキーボードは、テンキーがあるので、数学やエクセルなどの作業をするときに便利で、普段使いには最適です。

しかし、テンキーはゲームでは必要がないため、万が一ゲーム以外の作業でもテンキーが必要になったら別途買い揃えることも可能です。

フルサイズキーボードを買ってから、テンキーが邪魔だと感じても取り外すことは出来ませんから、テンキーレスキーボードを買うのがおすすめです。

テンキーレスよりも、さらにコンパクトなゲーミングキーボードが欲しい人は「60%レイアウト」がおすすめです。

60%キーボードなら、デスクが小さくても、コンパクトでスペースを取らないので、マウスを激しく操作してもキーボードに接触する心配が少なくなります!

日本語配列でおすすめのゲーミングキーボード8選

日本語配列でおすすめのゲーミングキーボード8選

ここでは、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードを、以下の8選を詳しい解説と共にご紹介していきます!

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

Logicool G213r

Logicool G213r

価格5,980円
有線or無線有線
スイッチメンブレン
  • メンブレン方式ですが、打鍵感がメカニカルの様な気持ちの良い打鍵感
  • 防水設計なので万が一の時に飲み物を溢しても安心
  • ロジクールゲーミングソフトウェアでライトのカスタマイズや、キーへの機能割当が可能

まず1つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Logicool G213r」です。

価格はゲーミングキーボードの中でも比較的安く手に入れられる、ゲーミングキーボードです。

テンキー付きのフルサイズキーボードですから、ゲーム意外の作業にもかなり重宝します。

他の、安い価格でコスパの良いゲーミングキーボードについては、

でお伝えしています。

Razer Cynosa V2 JP

Razer Cynosa V2

価格6,480円
有線or無線有線
スイッチメンブレン
  • 防水設計なので万が一の時に飲み物を溢しても安心
  • Razer Synapse 3でキーボードを完全にプログラミング可能なのでマクロなど組みやすい
  • 静音設計なので打鍵音が静か

次に2つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Razer Cynosa V2 JP」です。

こちらのキーボードも、テンキー付きのフルサイズキーボードなので、ゲーム意外の作業でも重宝できます

また、キーボードの裏には溝があるので、「左」「中央」「右」のポジションからケーブルを引き出せますので、設置場所に応じたケーブル配線が可能です。

Razer Cynosa V2 JP ゲーミングキーボード 日本語配列 メンブレン 静音 個別バックライトキー Chroma RGB 防滴設計 【日本正規代理店保証品】 RZ03-03401500-R3J1
Razer(レイザー)
【没入感あふれるゲームライティング体験】 Razer Cynosa V2 の没入感あるライティングでゲームプレイを彩りましょう。すべてのキーのライティングがカスタマイズ可能なため、Chroma 対応ゲームで臨場感あるライティングが体験できます。より充実したゲーミングエクスペリエンスをお楽しみください。

Razer BlackWidow Lite JP Mercury

Razer BlackWidow Lite Mercury White

価格11,500円
有線or無線有線
スイッチメカニカル(オレンジ軸)
  • 有線ですが、ケーブルが取り外せるので持ち運びや収納がしやすい
  • キーストロークが8,000万回と、耐久性が高い
  • バックライトの調光が可能で、必要なければすぐにオフにもできる

次に3つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Razer BlackWidow Lite JP Mercury」です。

このゲーミングキーボードは、白いおしゃれなゲーミングキーボードなので、デスクが映えます。

見た目が良いだけではなく、静音性に優れているので、オレンジ軸だけじゃなく更にo-リングが内蔵しているので二重の消音対策がされています。

他の、白いおしゃれなゲーミングキーボードについては、

でお伝えしています。

Logicool G PRO

Logicool G PRO

価格12,700円
有線or無線有線
スイッチメカニカル(リニア赤軸)
  • 有線ですが、ケーブルが取り外せるので持ち運びや収納がしやすい
  • カスタマイズしたバックライトパターンをキーボードに保存して、いつでもどこでも呼び起こすことができる
  • ゲームのプロも愛用しているキーボード

次に4つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Logicool G PRO」です。

このゲーミングキーボードは、eSport大会で世界中のプロ選手たちと共同開発されたという、ゲームを快適にプレイするのに特化しています。

打鍵感は軽いタッチでも入力されて、更に静音性もあるので、長時間操作していても疲れにくいです。

またキーボード自体がコンパクト設計なので、デスクで場所を占領すること無く設置できて快適です。

【Amazon.co.jp限定】Logicool G PRO ゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LNd 国内正規品 1年間メーカー保証 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできません ※Amazon限定の壁紙ダウンロード付き
Logicool G(ロジクール G)
【テンキーレス設計】大会によってデスクスペースが限られている時もあるためマウスを大きく動かせるためにテンキーレスデザインのキースイッチです。多くのプロ選手に愛用されているデザインです。 ※G-PKB-002専用の別売りのGXスイッチの入れ替えはできません

Razer Huntsman V2 Tenkeyless

Razer Huntsman V2 Tenkeyless

価格16,980円
有線or無線有線
スイッチRazerオプティカルスイッチ
  • Razer独自開発のスイッチで、耐久性がとにかく優れている
  • 設定したキー設定をキーボードに最大5つ保存できる
  • クラウド上にも設定したマクロなどを保存できるのでいつでも呼び起こせる

次に5つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Razer Huntsman V2 Tenkeyless」です。

このゲーミングキーボードのパームレストは、クッション性があるため長時間の作業でも腕の負荷を減らしてくれます。

またこのゲーミングキーボードを愛用している人の声では、静音性に優れていますが、打鍵感は打っていて気持ちが良いとの声が多数でした。

Razer(レイザー) ゲーミングキーボード Huntsman V2 Tenkeyless JP Linear Optical Switch 日本語 JP配列 オプティカルスイッチ リニア触感 テンキーレス ダブルショット PBT キーキャップ リストレスト Chroma RGB 【日本正規代理店保証品】 RZ03-03941000-R3J1 Black
Razer(レイザー)
【無駄なし。完全パフォーマンス。】 比類なき応答性の製品がさらにコンパクトに。Razer Huntsman V2 TKL の登場です。改善されたキーボード音、ゼロに近い入力レイテンシー、コンパクト形状ながらもフルサイズキーボードにもひけをとらない他のハイエンド機能を搭載したテンキーレスオプティカルゲーミングキーボードです。

Logicool G715

Logicool G715

価格23,555円
有線or無線無線
スイッチメカニカル(リニアorタクタイル)
  • 専用のキーキャップを用意することで、更にキーボードの色のカスタマイズ可能
  • コンパクト設計なので、収納や持ち運びがしやすい
  • 同シリーズを揃えれば更におしゃれなデスクになる

次に6つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Logicool G715
」です。

このゲーミングキーボードは、女子におすすめな白くて可愛いデザインです。

更に特徴的なのは雲形のパームレスト付きで、長時間のゲームプレイでも腕の負荷を減らしてくれます。

Logicool G(ロジクール G) オーロラコレクション ゲーミングキーボード テンキーレス G715 ワイヤレス LIGHTSPEED Bluetooth 接続対応 タクタイル メカニカル キーボード 雲 パームレスト 日本語配列 LIGHTSYNC RGB G715WL-TC 国内正規品
Logicool G(ロジクール G)
クラウドソフトコンフォート: G715の夢のような白いデザインと快適な雲形のパームレスト、コンパクトでメカニカルな高さを調節可能なTKLキーボードレイアウトで、1日中ゲームを楽しめます。

他の、かわいい見た目のゲーミングキーボードについては、

で詳しくお伝えしています。

Logicool G913

Logicool G913

価格27,356円
有線or無線無線
スイッチメカニカル
(リニアorタクタイルorクリッキー)
  • LIGHTSPEEDワイヤレス接続が可能なので、eSport大会でも愛用されている
  • 薄型キーボードなのでキーストロークが早くなる
  • 5個の専用Gキーは完全にカスタマイズ可能なのでマクロやプログラミングがしやすい

次に7つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Logicool G913
」です。

このゲーミングキーボードは、薄さが22mmとゲーミングキーボードの中でもとても薄いです。

薄いことから、腕が上に上がらないので、とにかく長時間の作業を疲れづらくしてくれます。

またスイッチ1つで、LIGHTSPEEDワイヤレス接続Bluetooth接続切り替えが即時に可能です。

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード ワイヤレス G913 GLスイッチ リニア メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-LN 国内正規品 【 ファイナルファンタジーXIV 推奨周辺機器 】
Logicool G(ロジクール G)
【Logicool G G913 ハイエンド ワイヤレスゲーミングキーボード】革新的な3種類の薄型GLスイッチを初搭載、LIGHTSPEEDワイヤレスとBluetooth接続両方対応の次世代のゲーミングキーボード。極限の薄さを実現した流線型デザイン、LIGHTSYNC RGB、プログラム可能なGキーをフル装備した最高級モデルです。

Razer DeathStalker V2 Pro Tenkeyless

Razer DeathStalker V2 Pro Tenkeyless

価格32,890円
有線or無線無線
スイッチメカニカル
リニアオプティカルスイッチ
  • 頑丈なアルミニウムボディなので、長く愛用できる
  • 最大3台のデバイスでBluetooth接続が素早く切替可能
  • 多くの人がゲームだけじゃなく仕事用としても愛用されている

最後に8つ目にご紹介する、日本語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Razer DeathStalker V2 Pro Tenkeyless」です。

このゲーミングキーボードは、薄型専用のオプティカルスイッチで、キーが反応されるアクチュエーションポイントは2.8mmと、素早くキー入力ができるようになります。

また1度の充電で、バッテリー駆動時間が最大50時間も持続されるので、かなりバッテリーの持ちも良いです。

Razer(レイザー) DeathStalker V2 Pro Tenkeyless JP Linear Optical Switch テンキーレス ゲーミングキーボード 薄型オプティカルスイッチ ワイヤレス 2.4GHz Bluetooth 有線 Type-C Chroma 日本語配列 デスストーカーブイツープロジェイピー リニアオプティカルスイッチ【日本正規代理店保証品】
Razer(レイザー)
ワイヤレス超薄型オプティカルキーボード Razer DeathStalker V2 Proのテンキーレスタイプ「Razer DeathStalker V2 Pro Tenkeyless」が登場。トップレベルのパフォーマンスと耐久性をかつてないほどコンパクトな形状で実現しています。コンパクトながらも驚くほど頑丈な設計の中に薄型スイッチとRazer HyperSpeed Wirelessを搭載し、非常に応答性に優れたゲームプレイが楽しめます。

英語配列でおすすめのゲーミングキーボード6選!

英語配列でおすすめのゲーミングキーボード6選!

ここでは、英語配列でおすすめのゲーミングキーボードを、以下の6選を詳しい解説と共にご紹介していきます!

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

e元素ゲーミングキーボード Z-88 赤軸

e元素ゲーミングキーボード(赤軸)

価格4,799円
有線or無線有線
スイッチメカニカル(赤軸)
  • 防水設計なので万が一の時に飲み物を溢しても安心
  • コンバーターを用意すればPS4接続可能
  • 有線ですが、ケーブルが取り外せるので持ち運びや収納がしやすい

まず1つ目にご紹介する、英語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「e元素ゲーミングキーボード Z-88 赤軸」です。

このゲーミングキーボードは、白いゲーミングキーボードの中でも5,000円程度で手に入れられるため、とってもお手頃価格です。

赤軸なので打鍵感が軽く打鍵音も静かなのでゲームのボイスチャット時に、音が入り込んで相手に迷惑を掛ける心配がいりません。

e元素ゲーミングキーボード 赤軸81キーアンチゴーストキー メカニカル式ゲーム用キーボード RGB発光LEDバックライト付き USB有線高速反応 防水ゲーム用パソコンキーボード (赤軸,ホワイト) [並行輸入品]
e元素
✔️【81キーロールオーバー・コンパクトなサイズ】▶全81キー無衝突。各キーが独立キースイッチを採用し、1つのキーに対して1つの機械式スイッチと金属製のバネ(スプリング)を組み込む特殊な構造です。81キーを同時に押せても干渉されず、意図通りに入力できます。仮に1つのキースイッチが壊れても交換すれば使い続けられ、キーボードを開いてPCBボードを取り外せ必要はありません。メンブレン式キーボードに比べ、耐久性に優れ、打ち心地が絶品と評判が高いです。キーの感触にこだわりのあるユーザーや着実なキー入力が求められるヘビーゲーマーに最高。テンキーレスの81キー小型モデル、サイズが幅310mmでマウスの動作を邪魔になれず、省スペースで使えるのがメリットです。

他の、かわいい見た目のゲーミングキーボードについては、

で詳しくお伝えしています。

DUCKY One 2 Mini RGB 60%

DUCKY One 2 Mini RGB 60%

価格16,580円
有線or無線有線
スイッチメカニカル(銀軸)
  • シルバー軸なので打鍵感も打鍵音もかなり軽い
  • 多くの口コミでは、操作性も早くてかなりキーストロークしやすいと大好評
  • 反応速度が速いので誤爆に注意

次に2つ目にご紹介する、英語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「DUCKY One 2 Mini RGB 60%」です。

このゲーミングキーボードは、コンパクトでシンプルなデザインですが、ゲームでよくつかうキー色を付け替えることで、自分好みのデザインにすることができます。

また、プロゲーマーも愛用される程、反応速度がとっても速いので、 FPS等の対人戦ゲームなどを極めたい人とっておすすめなキーボードです。

Razer Huntsman Mini Mercury White

Razer Huntsman Mini Mercury White

価格12,580円
有線or無線有線
スイッチメカニカル(赤軸)
  • 有線ですが、ケーブルが取り外せるので持ち運びや収納がしやすい
  • 耐久性に優れたアルミボディ
  • キーが反応するアクチュエーションポイントを極限まで短縮しているため、軽い押し込みで動作して高速なキーストロークを実現してくれる

次に3つ目にご紹介する、英語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Razer Huntsman Mini Mercury White」です。

このゲーミングキーボードはマットタイプの白いおしゃれなゲーミングキーボードで、極限まで無駄なキーを省いたコンパクトな60%レイアウトです。

またLEDライトカスタマイズをしたら、ソフトウェア無しでキーボード本体に最大5つのパターンを保存してくれます。

Razer(レイザー) Huntsman Mini 小型 ゲーミングキーボード Mercury White - Linear Optical Switch 英語 US配列 60%レイアウト 光学スイッチ 超高速1.2mm作動 リニア触感 静音 Chroma RGB 【日本正規代理店保証品】
Razer(レイザー)
最先端の Razer オプティカルスイッチを採用した 60% レイアウトの小型ゲーミングキーボード、Razer Huntsman Mini で新たなパワーを表現しましょう。携帯性に優れ、省スペースのセットアップに最適。コンパクトなフォームファクタながらも光速アクチュエーションを体験できます。

Razer BlackWidow V3 Yellow Switch

Razer BlackWidow V3 Yellow Switch 英語配列

価格11,980円
有線or無線有線
スイッチメカニカル(黄軸)
  • 黄軸のためキーの反応速度も速いため、慣れたらかなり快適なキーストロークができる
  • 長時間ゲームプレイしても疲れないパームレスト付き
  • 頑丈なアルミニウムボディなので、長く愛用できる

次に4つ目にご紹介する、英語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Razer BlackWidow V3 Yellow Switch」です。

このゲーミングキーボードはフルサイズなので、ゲーム意外の作業でも重宝できます。

また、Razer Chroma RGBで、150ものゲームタイトルに合わせて派手にLEDライトが光るため、かなり没入感が味わえます

Razer BlackWidow V3 Yellow Switch ゲーミングキーボード メカニカル イエロー軸 Chroma RGB 英語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-03541900-R3M1
Razer(レイザー)
【違いを感じる】 かつて人気を博していたアイコニックなゲーミングキーボードrazer blackwidowへの回帰を表しています。razer blackwidow v3 は業界初の最も革新的なメカニカルゲーミングキーボードを基盤とする一方で、世界に名を馳せるスイッチなどの新しく改善された機能を備えています。

ROCCAT Pyro

ROCCAT Pyro 英語配列

価格9,509円
有線or無線有線
スイッチメカニカル(リニア赤軸)
  • ワンタッチでゲームモードに切替可能
  • メカニカルかメンブレンを購入時に選択できる
  • 頑丈なアルミニウムボディなので、長く愛用できる

次に5つ目にご紹介する、英語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「ROCCAT Pyro
」です。

このゲーミングキーボードは、取外し可能なパームレスト付きなので、必要に応じて着脱ができます。

またゲームをプレイする人にとっては嬉しいオプションがついているので、快適にゲームをプレイしたいという人にとっておすすめです。

Razer DeathStalker V2 Pro

Razer DeathStalker V2 Pro

価格34,980円
有線or無線無線
スイッチメカニカル
リニアオプティカルスイッチ
  • 1度の充電でバッテリーの駆動時間が40時間と持ちが良い
  • 最大3台のBluetoothデバイスを即時に切り替えできる
  • キーストロークが7,000万回も耐えられるのでかなり頑丈

最後に6つ目にご紹介する、英語配列でおすすめのゲーミングキーボードは「Razer DeathStalker V2 Pro Tenkeyless」です。

このゲーミングキーボードは、日本語配列でおすすめなキーボードでもご紹介させていただきましたが、英語配列も購入時に選択可能なんです。

またテンキーレスのタイプもございますので、必要に応じてフルサイズかテンキーレスかも選択可能です。

Razer DeathStalker V2 Pro Linear Optical Switch ゲーミングキーボード 薄型オプティカルスイッチ ワイヤレス 2.4GHz Bluetooth Type-C 40時間バッテリー持続 超耐久性コーティング加工のABSキーキャップ Chroma RGB 英語配列 デスストーカーブイツープロ リニアオプティカルスイッチ 【日本正規代理店保証品】 Black
Razer(レイザー)
Razer史上初のロープロファイルオプティカルスイッチ搭載で、トップレベルのパフォーマンスと耐久性を実現するワイヤレス薄型オプティカルキーボード「Razer DeathStalker V2 Pro」の登場です。Razer HyperSpeed Wirelessによりクラス最高の接続と、長時間使用できるエルゴノミクス設計により、比類なき超高速のゲーミング体験をお楽しみいただけます。

ゲーミングキーボードの配列によくある疑問

ゲーミングキーボードの配列によくある疑問

ここではゲーミングキーボードの配列によくある疑問を、以下の2点についてお答えしていきます。

  • アットマーク(@)が入力できない
  • 英語配列キーボードで「半角/全角」が無い!日本語が入力できない

アットマーク(@)が入力できない

まず1つ目のゲーミングキーボードの配列によくある疑問で、「アットマーク(@)が入力できない
についてお答えします。

英語配列では「@」キー無いのですが、「Shift」+「2」の同時押しで「@」の入力ができます

また他にも英語配列に無いキーでは、このように何かしらキーを同時押しすることで、入力ができるようになります

英語配列キーボードで「半角/全角」が無い!日本語が入力できない

次に2つ目のゲーミングキーボードの配列によくある疑問で、「英語配列キーボードで「半角/全角」が無い!日本語が入力できない」についてお答えします。

英語配列キーボードでは「半角/全角」の切り替えをするには、「alt」+「`」の同時押しで「半角/全角」の切り替えができます

英語配列だからといって、日本語入力が出来ない訳ではありませんので安心してください。

ゲーミングキーボードに関する関連記事

こちらの記事もおすすめです!

まとめ

本記事では、英語配列と日本語配列のゲーミングキーボードについて、詳しく解説してきました。

改めて、本記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 英語配列と日本語配列では、1部キーの配列が違ったり、大きさも違う。
  • 英語配列もしくは日本語配列どちらかに慣れているのであれば、慣れている配列を選ぶのが良い。
  • 英語配列もしくは日本語配列を選んだからと言って、大きなメリットはない。
  • おすすめの英語配列と日本語配列のゲーミングキーボードをご紹介。

この記事を読んでいるあなたも実際にゲーム意外での作業でも、キーボードを使う機会があると思いますから、日本語配列に慣れているからと無理に英語配列に切り替える必要がありません。

是非本記事を読んで、あなたにぴったりでお気に入りのゲーミングキーボードを見つけてみてくださいね。