【ゲーミングチェア】AKRacing・DXRacer・GTRacingの違いは?

ゲーミングチェアにはAKRacing・DXRacer・GTRacingなどの有名なモデルが多くありますが、それぞれに一体どんな違いがあるのか気になりますよね。

本記事では「3社の製品にはそれぞれどんな特徴があるのか」をわかりやすく解説していきたいと思います。

また、ゲーミングチェアを選ぶ際に「どのメーカーが自分に合っているか」と言った比較できる内容もご紹介しています。

それでは、ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の違いについて見ていきましょう。

【ゲーミングチェア】AKRacing・DXRacer・GTRacingの違いは?

【ゲーミングチェア】AKRacing・DXRacer・GTRacingの違いは?

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の製品同士を比較すると、一体どんな特徴の違いがあるのでしょうか?

そこで、参考にしてほしいポイントを以下にまとめてみました。

  • リクライニング角度
  • サイズ
  • 価格
  • 素材

それでは早速、ゲーミングチェアメーカーのAKRacing・DXRacer・GTRacingの違いについて見ていきましょう。

AKRacingとDXRacerの違いは?

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもAKRacingとDXRacerには下記のポイントに違いがあります。

比較するポイントはこちら。

  • リクライニング角度が違う
  • サイズの違い
  • 素材の違い

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもAKRacingとDXRacerの比較について解説したいと思います。

リクライニング角度が違う

AKRacingとDXRacerの違いとして、1つ目は「リクライニング角度の違い」があります。

AKRacingは「180度」までリクライニングが可能となっています。

一方で、DXRacerは「135度」までしかリクライニングできません。

椅子の上で仮眠をとりたい、または、寝たい人と考えている人には「180度リクライニング」ができるAKRacingが快適なのでおすすめです。

「くつろぐ程度で良い」と割り切る人は「135度」までリクライニング可能なDXRacerがおすすめです。

サイズの違い

AKRacingとDXRacerの違いとして、2つ目は「サイズの違い」があります。

AKRacingは、座面が広いので体格が大きい人には最適なサイズ感となっています。

一方で、DXRacerの製品はAKRacingほど座面が広くないので「体格が小さい人に最適」といった特徴があります。

素材の違い

AKRacingとDXRacerの違いとして、3つ目は「素材の違い」があります。

AKRacingは、ファブリック素材のモデルでも、ワンポイントでPUレザーが使用されているので、経年劣化で表面がボロボロと部分的に剥がれてくる心配があります。

一方で、DXRacerはファブリック素材のみを使用しているため、経年劣化による表面のダメージを心配する必要はありません。

AKRacingとGTRacingの違いは?

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもAKRacingとGTRacingには下記のポイントに違いがあります。

比較するポイントはこちら。

  • 価格の違い
  • リクライニング角度の違い

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもAKRacingとGTRacingの比較について解説したいと思います。

価格の違い

AKRacingとGTRacingの違いとして、1つ目は「価格の違い」があります。

AKRacingは最低でも4万円ほどですが、GTRacingなら最低2万円以下で購入することができます。

GTRacingは、AKRacingのほぼ半額の値段で購入できるので、予算を抑えたい人に最適です。

ただし、値段相応の作りになっているので、少しでも品質を求める方はAKRacingがおすすめです。

リクライニング角度の違い

AKRacingとGTRacingの違いとして、2つ目は「リクライニング角度の違い」があります。

AKRacingは「180度」までリクライニングが可能です。

一方で、GTRacingのリクライニング角度は「165度」までとなっていますが、体感の違いはそこまでないので、どちらも仮眠をとるには最適となっています。

DXRacerとGTRacingの違いは?

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもDXRacerとGTRacingには下記のポイントに違いがあります。

比較するポイントはこちら。

  • 価格の違い
  • リクライニング角度の違い

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもDXRacerとGTRacingの比較について解説したいと思います。

価格の違い

DXRacerとGTRacingの違いとして、1つ目は「価格の違い」があります。

DXRacerは最低でも3万円ほどですが、GTRacerなら最低でも2万円以下で購入することができます。

両社を比較すると、GTRacerはDXRacerと比べて約1万円ほど安く買えると言った価格帯に設定されているので、導入費用を抑えたい方におすすめです。

ただ前述の通り、多少作りが雑な印象も見受けられるので神経質な方にはおすすめしにくい印象です。

かと言って「品質が極端に悪い」ということはないので、そこまで気にする必要はなく、十分使えます。

リクライニング角度の違い

DXRacerとGTRacingの違いとして、2つ目は「リクライニング角度の違い」があります。

DXRacerは「135度」までしかリクライニングできません。

一方で、GTRacerなら「165度」までリクライニングを倒せるので、仮眠を取りたいならGTRacerがおすすめです。

また、GTRacerの製品にはオットマン付きのモデルも多く展開されているので、リクライニング機能と併用すれば快適性を更に高めることが可能です。

【ゲーミングチェア】AKRacingの特徴

【ゲーミングチェア】AKRacingの特徴

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもAKRacingの特徴についてまとめてみました。

  • リクライニング角度は「180度」
  • 体格が大きい人にピッタリのサイズ感
  • 価格帯が4万円ほどと高めに設定されている分、品質が高く、多くのプロゲーマーや有名ストリーマーに使用されています。

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」を比較すると、AKRacingはワンランク上のモデルに位置づけされているので、高級志向の方におすすめです。

【ゲーミングチェア】GTRacingの特徴

【ゲーミングチェア】GTRacingの特徴

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもGTRacingの特徴についてまとめてみました。

  • リクライニング角度は「165度」
  • オットマン付きのモデルが多い
  • 「AKRacing・GTRacing」と比べて1万円~半額と安い価格で買える

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」を比較すると、GTRacingが最も安く、機能性も十分なので、コスパと品質の両方を求める方におすすめです。

【ゲーミングチェア】DXRacerの特徴

DXRacerの特徴

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でもDXRacerの特徴についてまとめてみました。

  • リクライニング角度は「135度」
  • 体格が小さい人に最適なピッタリとしたサイズ感
  • AKRacingよりも1万円ほど安く買える

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」を比較すると、DXRacerはお求めやすい価格で機能性も十分なので、コスパを求める方におすすめです。

【ゲーミングチェア】AKRacing・DXRacer・GTRacingのどれが良い?

【ゲーミングチェア】AKRacing・DXRacer・GTRacingのどれが良い?

ゲーミングチェアメーカーのAKRacing・DXRacer・GTRacingの特徴を知った上で「結局どれが自分に最適なのか」と悩みますよね。

そこで、選び方のポイントをまとめてみました。

  • 予算があるならAKRacing
  • 体格が小さくて予算3万円ならDXRacer
  • とにかく費用を抑えたいならGTRacing

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中から選ぶ時に参考してほしいポイントを解説していきたいと思います。

予算があるなら「AKRacing」がおすすめ

AKRACING WOLF

出典:Amazon

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中で、予算を気にせず選ぶならAKRacing一択と言えるでしょう。

予算があるならAKRacingを買っておけば間違いありません。

前述の通り、AKRacingはDXRacerと比べて、座面が広いので体格が大きい人にピッタリです。

また、小さな体格の人でも余裕をもって座ることができるので、座面であぐらをかくなど自由度が高いのも大きな特徴です。

リクライニングが「180度」まで倒せるのはAKRacingだけなので、快適に仮眠を取りたい人には最適です。

上記のことから、ゲーミングチェアに快適性と品質を求めるなら「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でAKRacingが断トツでおすすめです。

体格が小さくて予算3万円の人は「DXRacer」がおすすめ

DXRacer Formula

出典:Amazon

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中で、体格が小さくて予算もそこそこ出せるならDXRacerがおすすめです。

「AKRacing」よりも座面が狭く作られているので、体格の小さい人にフィットするサイズ感となっています。

また、価格帯も「AKRacing」より1万円ほど安く買えるので「予算に4万円だせないけど3万円なら考えてもいい」という方におすすめです。

リクライニング角度は「135度」と、割と浅めに設定されていますが、くつろぐには十分な快適性です。

ただ、仮眠するには、もう少しリクライニング角度が深いと良いので、椅子の上で寝たいという人には向きません。

上記のことから、ゲーミングチェアにフィット感とコスパを求めるなら「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中でDXRacerがおすすめです。

安い価格で買いたい人は「GTRacing」がおすすめ

Gtracing GT901

出典:Amazon

ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中で、なるべく予算を抑えたい方はGTRacingがおすすめです。

AKRacing・DXRacerよりも「1万円~半額」ほど安く買えるので、安くて良いものを求める方におすすめです。

安いからといって、使えないレベルで品質が悪かったり、すぐに壊れてしまうということはないので心配はいりません。

リクライニング角度も「165度」とかなり深いので快適に仮眠を取ることもできます

更に、オットマン付きのモデルを選べば、足も伸ばすことができて快適性も抜群です。

2社に比べて「GTRacing」はオットマン付きのモデルが多く存在するので、豊富なラインナップから選べるのも嬉しいポイントです。

ただ、ゲーミングチェアを品質の観点から見た場合「AKRacing・DXRacer」と比べるとGTRacingは作りの雑さが少々見られるので、神経質な方にはおすすめできない印象です。

まとめ

本記事では、ゲーミングチェアメーカー3社「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の違い、についてお伝えしてきました。

本記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 各社それぞれに違いがある
  • AKRacingはリクライニング角度も広く座面も大きいので快適
  • DXRacerはリクライニング角度が浅めでフィット感がある
  • GTRacingはリクライニング角度も十分で、オットマン付きを選びやすい
  • 予算に余裕があるならAKRacingがおすすめ
  • 体格が小さくて予算もそこそこ抑えるならDXRacerがおすすめ
  • とにかくコスパを求めるならバラエティ豊富なGTRacing

3社それぞれに特徴があるので、本記事を参考に自分に合った1台をお探しください。

とにかく良いものを求めるなら「AKRacing」を選ぶのがおすすめですが、リクライニングはそこまで使わなくてピッタリとしたものが良い場合は「DXRacer」を選びましょう。

ゲーミングチェアメーカー「AKRacing・DXRacer・GTRacing」の中で、とにかくコスパを求めるなら「GTRacing」がおすすめなので、迷った場合はコスパの良いモデルを選びましょう。