第五人格のガチャは単発と10連どっちの方がお得でおすすめなの?

第五人格のガチャには、1回ずつ引く「単発」と、連続で10回引く「10連」が存在するので、どっちでガチャを引いた方がお得なのか気になる人も多いのではないでしょうか?

もし、単発と10連どっちで引くかによって、SSRが当たりやすくなるなら使わない手はないですよね。

そこで本記事では、第五人格のガチャにおいては単発と10連どっちの方が良いのか、それぞれのメリットから詳しくお伝えしていきます。

【第五人格】ガチャを単発で引くメリットは?

まずは、第五人格におけるガチャの単発と10連を比較して、「単発で引くメリット」についてお伝えしていきます。

具体的に、ガチャを単発で引くメリットは以下の通りです。

  • 単発なら気軽に引ける
  • 単発なら回数調整に便利

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

単発の方が気軽に引ける

第五人格におけるガチャの単発と10連を比較して、単発で引くメリットの1つ目は「単発の方が気軽にガチャを回せる」ことです。

単発ガチャにかかる霊感の量は96個であり、ガチャを10回連続で引く10連に比べると、コストはかなり少なめです。

霊感の配布量が決して多いとは言えない第五人格では、気軽に集めることは難しいかもしれませんが、少し頑張れば届かなくもない量です。

そのため、すぐに集めてすぐにガチャを引くことができます。

霊感の量が足りなければそもそも引くことができない10連に比べると、格段に引きやすいと言えるでしょう。

単発なら回数調整に便利

第五人格におけるガチャの単発と10連を比較して、単発で引くメリットの2つ目は「確率アップ時などの回数調整に使える」ことです。

第五人格のガチャはガチャ回数に応じて高レアアイテムの当選確率が上昇する仕組みとなっています。

もちろん、確率上昇は一度対象レアリティが当選するとリセットされてしまい、リセットがガチャを10連で引いている最中でも起こり得ると言えるでしょう。

例えば10連ガチャの1連目で目当ての最高レアリティアイテムが排出されてしまった場合、以降の9連は確率が戻った状態になってしまいます。

つまり、残りの9連は最初の1連に比べていわゆるゴミが出やすい状態であるとはっきり断言できるほどであり、本当ならば引きたくもないところです。

そんな無駄なところに霊感を使うくらいならば、最初で止めたいとも思われるかもしれません。

そこで役立つのが単発ガチャであり、確率が上昇した状態でガチャを単発で刻んでいき、最高レアリティが当選した時点でガチャを引くことをストップできます。

「気軽に引けて、好きなときに引くのをやめられる」という、フットワークの軽さこそが単発ガチャの利点であるとも言えるでしょう。

【第五人格】ガチャを10連で引くメリットは?

次に、第五人格のガチャにおける単発と10連を比較して、「10連で引くメリット」についてお伝えしていきます。

具体的に、ガチャを10連で引くメリットは以下の通りです。

  • 10連ならSR以上の確定枠がある
  • 10連の方が時間短縮になる

では、一つずつ詳しくお伝えしていきます。

10連ならSR以上の確定枠がある

第五人格におけるガチャの単発と10連を比較して、10連で引くメリットの1つ目は「10連ならSR以上の確定枠がある」ことです。

どんなにガチャの内容物がゴミだったとしても、確実にSR以上のレアリティのアイテムは貰えるのです。

決してSSRやURより魅力的であるとは言えませんが、そこそこのレアリティのアイテムが当選確定するというのは心の平安に必要不可欠なことですよね。

SRの当選を狙いたい場合も活用できる特典であると言えるでしょう。

10連の方が時間短縮になる

第五人格におけるガチャの単発と10連を比較して、10連で引くメリットの2つ目は「10連の方が時間短縮になる」ことです。

単発ガチャはガチャの画面をいちいち確認し、ボタンを押してゲームを進行する必要があります。

ですが、10連ガチャは一度にガチャを10回引くという仕様なので、ガチャのボタンをポンと一度押すだけで、一気に10回引けます

ガチャの結果も10個全て一度に表示されるので、確認も楽です。

ガチャボタンを10回連打する必要も、10回わざわざ確認することもありません。

僅かな時間と手間ではありますが、プレイヤーの面倒臭いを取り払ってくれる引き方だと言えるでしょう。

【第五人格】ガチャは単発と10連どっちで引くのがおすすめ?

第五人格のガチャにおける単発と10連ですが、結局どっちで引くのがいいのでしょうか。

結論からお伝えすると、ガチャは単発よりも10連で引く方がメリットが大きいのでおすすめです。

単発よりも10連の方がお得でおすすめ

第五人格においてガチャは単発と10連どっちで引くのが良いのか、結論としては「単発よりも10連の方がお得でおすすめ」だと言えます。

その理由は10連で引くと確定するSR枠にあります。

単発の場合はどのレアリティが当たるかわかりませんが、10連の場合は確実にSRが当選されると約束されています。

つまり、どんなにゴミな内容だったとしても、とりあえずそれなりのレアリティのアイテムは確保できると言えるでしょう。

結局単発でも10連でも当選確率は変わらないということがわかっているので、少しでも高いレアリティが保障されている方がお得です。

確実にそれなり以上のガチャ結果が欲しいなら、10連で引く方がいいですね。

単発は調整に使うのが便利

第五人格のガチャにおける単発と10連を比較すると、10連の方がおすすめだと言え、単発で引くメリットが少ないです。

ただ、単発も使い時次第で便利な引き方です。

特に10連ガチャを重ねて高レアの当選確率が上昇しているという場合、10連で引くと高レア当選以降のガチャ枠を無駄にしてしまいます。

そんなときに使えるのが単発ガチャであり、単発で引いて、無駄なく高レア当選を狙うことができます。

幸い、第五人格のガチャは単発10回でも10連でも霊感の消費量は同じなので、値段的にはどちらの方がお得かなどはないので、安心して刻んでいくことができると言えるでしょう。

まとめ

第五人格のガチャには単発と10連という引き方が存在します。

単発ガチャはガチャを一度だけ引くという方法で、必要な霊感数は96。

10連ガチャはガチャを10回連続で引くという方法で、必要な霊感数は960。

10連ガチャの場合、当選枠の一つがSR以上確定という仕様が。

そのため、通常引くという場合は単発よりも10連をおすすめしたく思います。

ですが、第五人格のガチャはガチャを回すたびに高レア景品の当選確率が上昇するという仕様

その仕様を省みると、時には単発でガチャを回した方がお得にガチャを回せるという場合もあるのです。

必要に応じて単発と10連を使い分けましょう。